イスラム教の終末観について~「最後の審判」も解説~

では最後にイスラム教の「終末観」を見てみましょう。

要するに「死後の世界はどうなっているか」という事です。

イスラム教の死後の世界「最後の審判」

世界三大宗教 仏教 キリスト教 イスラム教

イスラム教も基本的にはユダヤ教やキリスト教と同じです。

つまり死後の世界があり、人は死ぬとすぐに天国か地獄に行くのではなく、魂のまま待機します。

アッラーは定めの時を決めて世界を創造したので、その時が来れば世界は終末を迎えます。

終末の日を迎えると、全ての死者が最後の審判を受けるために復活します。

なのでイスラム教では死者は火葬にせず土葬にしなければなりません、帰ってきた時に体が無かったら困りますからね。

審判では、その人が生前に何をしたかが全て記録されており、秤にかけられます。

秤が善行の重みで下がった人は天国に、悪行の重みで下がった人は地獄に送られます。

イスラム教が考える地獄とは

世界三大宗教 仏教 キリスト教 イスラム教

地獄は深い穴の中にあり、まずトゲやカギのある橋を渡らされ、罪人はそれらに引っかかり転落します。

そこには七つの門があって、門番が罪人の罪を問い質し、人間の頭の形をした苦い果実を食べなければなりません。

それを腹いっぱいに詰め込まれて喉が苦しいほどに乾きます。しかし水を飲もうとしてもぐらぐら煮えたぎっているので飲めず、鎖で縛られ炎で焼かれます。

イスラム教徒が火葬を嫌うのは、こういう考えがあるからでもあります。

※近年、チュニジアで独裁政権への抗議として焼身自殺した若者がいましたが、焼身自殺という事はイスラム教徒にとってはトンデモナイ事なんです。復活する望みが無いですからね

イスラム教が考える天国とは

世界三大宗教 仏教 キリスト教 イスラム教

一方の天国は楽園です。自然が豊かで果物が実り、泉からは綺麗な水が湧きだし、美しい川が流れています。

人々はソファに横たわり、穏やかに暮らします。

美少年が差し出す杯には美酒が入っており、それはこの世のものでは無いので飲んでも良いらしいです。

ユダヤ教 旧約聖書 歴史
最新情報をチェックしよう!