【おもしろい豆知識】これからヨーロッパで運転しようと思ってる人必見

ヨーロッパは日本と違い、追い越し車線をずっと走る車は皆無!

さて、先日大学時代の部活仲間で富士山へ行きました。

キューバ 歴史
筆者
何と言ったって8月11日は山の日ですから!

京都から静岡県まで高速道路を走行中、ふと右側車線を走る遅---い車たちを見てふと思い出しました。

それはヨーロッパの高速道路事情です。

ぼくは過去にヨーロッパ7ヵ国(フランス/スイス/ドイツ/リヒテンシュタイン/スロヴェニア/ハンガリー/アイスランド/ルクセンブルク)を計3,000km以上運転し、ヨーロッパの運転マナーが日本と違うことに驚きました。

こちらの記事でも書きましたが(↓別タブで開きます)

関連記事

ヨーロッパ諸国では自転車は車のすぐ横を走る現在ぼくは京都市内に住んでいます。職場は京都で最もにぎやかな交差点にあるので毎日自宅から四条河原町まで車で30分弱の道のりを走っています。すると、たまにですが道路のど真ん[…]

自転車 白人 マナー

ヨーロッパは権利大国です。

(歩道と自転車道が区別されている場合)歩道を自転車が走るとトンデモナイ顰蹙を買います。

恐怖を感じるほど「自転車は自転車道を走れ」という圧力を感じます。

ヨーロッパ ブログ
筆者
そういう当然の権利を守るという意識は高速道路上でも発揮されます(笑)

つまり、ヨーロッパの高速道路では(渋滞時を除いて)左の追い越し車線をずーーっと走る車はほぼいませんでした。

ぼくは日本の高速道路の感覚で、

ヨーロッパ ブログ
筆者
別に誰にも追い抜かれへんくらいのスピードで飛ばしてたらずっと追い越し車線走っててもいいやん?

という感じで走っていましたが、まあパッシングされるされる・・・

基本的にヨーロッパの高速道路では

追い越し車線は走らない、もし追い越してもすぐに走行車線に戻る

という暗黙のルールがあるように感じました。

交通ルール厳守

ヨーロッパ 運転マナー

例えば、ぼくがスイスの高速道路を150km/hで走っていたとします。

正直ぼくより速い車はいないのでずっと追い越し車線を走っていても何も問題はありません。

しかしずっと追い越し車線を走っていると、それを見兼ねた親切運転手がわざわざスピードを上げてぼくの車の後ろにつき、パッシングをして走行車線に戻るように指示します。

人魚姫 コペンハーゲン
筆者

あおり運転け!!?

上等じゃ、やったろやないけー!

面見せんかいぃぃぃ

と一度走行車線に戻ると、それを見て安心したかのようにその車もスピードを落として再び走行車線に戻って安全運転を始めます。

(。´・ω・)ん? 何がしたかったの?

ここでも感じました。

ヨーロッパ ブログ
筆者

そうか、ヨーロッパは権利大国!

そういうルールはしっかり守る国民性なのだと。

なので日本人の高速道路マナーはヨーロッパ人から見たら最低です。

・なぜスピードが上がらないトラックが追い越し車線を走るのか?

・なぜ追い越し車線を走ってるくせに90km/hくらいの速度なのか?

・なぜずっと追い越し車線を走るのか?

・追い越し車線は「追い越すための車線」であって「追い抜くための車線」ではないはずでしょ?

となります。

ヨーロッパ ブログ
筆者
日本人もこういうルールはしっかり守って欲しいですね

高速道路上での日本人の運転マナーはかなり低いのが現状です。

※追記

最近日本の運転免許を取得したイタリア人彼女が一般道を運転中、ちょっと混んでるレーンに車線変更してもスッと入れてくれる日本人のマナーに驚いていました。

白人女性
イタリア人彼女

イタリアでは絶対にこんな簡単に入れてくれないよ。

みんなクラクション鳴らしてなるべく車間距離詰めて詰めて詰めまくるよ。

日本人はなんて優しいの!

と言っていました(笑)

しかし高速道路のマナーは最低です(;^ω^)

ヨーロッパの高速道路マナーは日本と比べて非常に良いです。

追い越し車線をずっと走る車はいません。

しかし一般道のマナーは日本の方が良いようです。

不思議!

おまけ ~フランスの制限速度がやばかった~

おまけとして書いときます。

フランスでは、人通りの多い一般道の制限速度は時速70キロ、人通りの少ない一般道の制限速度は時速90キロ、そして高速道路の制限速度は時速130キロです(^ω^)

キューバ 歴史
筆者
もちろん速度制限標識がある場合はそれに従いますが、田舎道などの人通りが少ない一般道なら時速90キロまで出しても大丈夫です。

高速道路も入り口や本線合流手前までは時速40キロや60キロの標識がありますが、本線合流後は時速130キロまで合法です!!!!!

正直めっちゃ気持ち良かったです。

ヨーロッパ 運転 気を付けること
最新情報をチェックしよう!