⑥【図解多め】住宅業界ド素人の筆者が教える"耐震等級3"のスゴさ

こんにちは、RYOです。

ブログ アイコン
筆者
筆者は最近マイホーム購入について考え始めた30歳なりたての住宅ド素人です

まず本記事では「耐震等級3のスゴさ」について書いていきたいと思います。

初めに言っておきますと本記事は「耐震等級」に関する知識を幅広くまとめているのでとにかく長いです、が最後まで読み切って頂いた方は耐震等級素人を卒業できることを誓います。

一緒に頑張りましょう٩( ”ω” )و

「耐震等級3の家に住みましょう」という話をひたすら書いていくので、ウザイと思ったら遠慮なくページから離脱してください(;^ω^)

耐震等級3の重要性

耐震等級3 必要

結論から先に言っちゃうと、まずは構造計算による耐震等級3を絶対にクリアしときましょう。

「高気密高断熱」とか「全熱交換型第一種換気の導入」とか「パッシブデザイン」とか「回遊動線」とか、そんなこと考える前にまずは大地震が来ても安心できる家を建てるのが大前提です。

耐震等級3 必要

それを踏まえまして、Youtubeで耐震と言えば構造塾の佐藤 実(さとうみのる)先生です。

ブログ アイコン
筆者
この方、構造の初心者でもわかるように耐震等級3の必要性を何度も何度もしつこ過ぎるくらい訴えている構造の専門家なんです。

下にYoutubeチャンネルのURLを貼っておきます↓

「構造塾」木造住宅の耐震性能を本気で考える!

是非観たってください(←え、何様(;゚Д゚)ゴメン

おほん、えー佐藤先生、いつも勉強させて頂いています。

耐震等級3必要論は、震度7の地震が2度立て続けに起きた熊本地震(2016年4月)から一気に活発化されました。

熊本地震とは

熊本地震についてはまだ記憶に新しい人も多いのではないでしょうか?

改めて写真で見ると恐ろし過ぎます↓

(出典:熊本地震から5年 消えた「余震に注意」という表現

熊本地震の恐ろしさを一文でまとめました↓

震度7の地震が2日間にわたって2回発生し、その後も震度6強の地震が2回、震度6弱の地震が3回、熊本県と大分県を襲った。

ちょっと読点が多くてすみません、一応1文でまとめました(笑)

震度7が2回、震度6強が2回、震度6弱が3回・・・。

本当に少しの揺れでも当時の恐怖がフラッシュバックするPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患った人も多くいたようで、地震発生から3週間後の調査では実に13.9%の被災者がPTSDの疑いがあった、とのことです。

ほんと恐ろしいです(´・ω・`)

気象庁が定める最大震度は7

 

ちなみに余談ですが、気象庁が定める震度の最大は7なので、「震度8とか震度10」ってのはありません。

 

以前、マイホーム購入のために京都の福○不動産△京店を訪れ、営業マンに勧められて建売住宅を数件内覧していた時のことです。

筆者が、

ブログ アイコン
筆者
僕にとって耐震等級3は必須なんですよね~
だからこんなゴミ物件紹介されても時間の無駄なんです

と言ったところ、

悪い人間
不動産営業マン

いや~正直な話、耐震等級1で十分ですよ。

耐震等級3でも震度10が来たら崩れるので一緒じゃないですか(笑)

と言われたことがあります。

耐震等級1のゴミみたいな建売を売りたいがための営業トークでしたが、その営業マンの知識の浅さが露呈した瞬間でした(笑)

その言葉を聞いた瞬間に「この営業マンは信用してはならない」という気持ちになりました。

そんなこと言いだしたらですよ・・・・?

「ダンプと正面衝突したらどうせ死ぬんだから、エアバッグなんて要らないですよ~」

って言っているのと全く同じじゃないですか?ね?

あの営業マン思い出すだけでも腹立つわ~(笑)

熊本地震が起きた時の筆者

これまためっちゃ余談なので興味ない方はすっ飛ばして下さい(笑)

最大震度7が立て続けに起きた2016年4月14&16日、筆者は当時卒業旅行と称してヨーロッパを旅(=バックパッカー)していました。

オーストリア ハルシュタット

» 続きを読む

オーストリアのハルシュタットと呼ばれる風光明媚な世界遺産の町にいたのですが、あの時のことはよく覚えています。

ブログ アイコン
筆者
事態は全くわからへんけど、日本中のニュースが熊本で起きた地震のことを連日報道している。

詳しいことはわかりませんでしたが、スマホに頻繁に通知が届いたのでした。

 

ピンポーン♪、ピンポーン♪、、、ピンポピンポーン・・・

 

すぐさまサイレントにしたのを覚えています。

ちょうど筆者はその当時、緑の瞳を持つ小柄なスロヴェニア人 NINA(ニーナ)と知り合い、お友達の範囲を超えずに素敵な時間を過ごしていたのでした↓

スロヴェニア 旅 旅行

関連記事

今回は『世界一美しい湖畔の町』と呼ばれるオーストリアのハルシュタット(世界遺産)でまさに奇跡としか思えない事が連続して起きた話をしようと思います。いつ振り返っても思うのはこれです筆者人と人との出逢いってや[…]

旅行記 ハルシュタット オーストリア
なんか知らんけど、トンデモナイことが熊本地方で起こってるっぽい(゚Д゚;)

そう思ったのを思えています。

» 折りたたむ

さて、話を耐震等級に戻しまして、次は現在の耐震基準より古い旧耐震基準についても少し触れたいと思います!

耐震等級3 構造計算
最新情報をチェックしよう!