④トップレス?オシャレ?大理石ゴロゴロ?←イタリア旅行で受けた衝撃

旅行に至った経緯は前記事に書いていますが、超簡単にまとめるとこうなります↓

我々夫婦は、
イタリアで結婚式をするにあたって、
どうしても対面マストの打ち合わせがあったため、
今夏イタリアを訪問した。

以上です(笑)

カルチャーショック ヨーロッパ

その旅行中で発見した数々の衝撃を皆様にお伝えするべく本記事を執筆しています。

さて前記事の最後では、【「食事は残さず食べなさい」それ日本だけかも?】という話をしましたね。

カルチャーショック ヨーロッパ

では早速その続きを始めていきたいと思います。

コミンチャーモ !!( ← Let’s begin.のイタリア語)

Yahooへのアクセス不能

インスタグラムで写真を投稿するたびにカメラロールに投稿写真が複製されていくのがうっとうし過ぎたので、解決策をGoogle校長に質問した時のことです。

するとヤフー知恵袋教頭の回答履歴が見つかったのです!

 

「こりゃ助かったぜ、さっすが教頭!!」と思ってクリックをすると・・・。

 

2022年4月6日(水)より、Yahoo! JAPANは欧州経済領域(EEA)およびイギリスからご利用いただけなくなりました。

なぜかヨーロッパからのアクセスが拒否されていたのです(゚Д゚)ノ

 

ヨーロッパとヤフージャパンとの間になにがあったんだ・・・。

イタリアのビーチには大理石がゴロゴロ

イタリアのビーチには美しい大理石の欠片がゴロゴロ落ちており、非常に感動したのですが・・・。

スミマセン…

写真撮るの忘れてました!!!

一応ビーチで集めた石を撮った写真はあるのでそちらをご覧ください↓

本当に大理石いっぱいだったんですよおぉぉ(ノД`)・゜・。

最終日に初めてビーチに転がる大理石の美しさに気付いたので、帰る間際1時間くらいはずっとビーチに腹這いになって大理石を集めていた筆者でした(笑)

(↓イメージ画像)

↑ほんとにこんな感じでした。

あ、筆者が実際に訪れたのはこちらのビーチでした↓

この手すりの下に隠れたビーチがあります。

ヨーロッパの玄関がオシャレ過ぎる

イタリアとフランスの国境近くの町、"Limonetto"(リモネット)を訪れた時のことです。

丘の上にある非常に小さな町でしたが、「これぞヨーロッパ」と言えるような町並みだったんです。

まず玄関がかわいい↓

カルチャーショック ヨーロッパ

そして階段がかわいい↓

ヨーロッパのベランダもかわいい↓

最後に石造りの町並みがかわいい↓

あ、なんか一般人の家の壁に車輪みたいなんが飾られていました↓

リモネット、かわいい町なので是非訪れてください!!

水資源が豊富な山の町

これは日本の山岳部にもあるんですが、アルプス山脈一帯の町々ではキンキンに冷えた新鮮なろ過水が蛇口から飲み放題なんです↓

↑このように、地元の人は家の水道の蛇口をひねって水を飲むのではなく、広場にある噴水の水をペットボトルやガラス瓶に給水して持ち帰るのが日常です(^ω^)

スイスなんかだと、町中にある噴水は全て飲用可能なので地元民に非常に愛される存在となっています↓

スイス ベルン

遊びや観光の際に喉が乾いたら、まずは近くに噴水がないかを確認するのが地元民の常です(笑)

銃社会?

イタリアのトリノ郊外を散歩していた時のことでした。

とある交通標識を見つけ、なんとなく写真を撮ったんです↓

そのまま歩き去ろうとすると、義兄が急にこんなことを言いました。

「あの赤丸の中の錆びてる部分、点々としてるやろ?あれは昔、半人前の猟師が暇つぶしに射的の練習してた跡なんやで」

今まで世界30ヵ国以上周ってきましたが、銃社会を身近に感じたことは一度もありませんでした。

海外=銃社会

あながち間違いではありませんが、日常生活で実感することはあまり無いようです。

アメリカにも4度行ってますが、大型アウトドア用品店に銃がズラリと並んでいて好きなの選んで試射できるくらいですかね(/・ω・)/

ブログ アイコン
筆者
免許がいるとかお金がかかるとかの理由で筆者は一度も銃を撃ったことはありませんが

その他で言えば、パリのような大都市でテロ警戒時期に武装してうろついてる警察を見たことがあるくらいでしょうか。

フランス パリ

欧米人ずっと議論する説?

以前、知り合いと

「イタリア人てずっと喋ってるよね〜。10分でも30分でも1時間でも真面目な話をずっと熱く語れるのスゴイよね。」

と話してたことがありました。

ブログ アイコン
筆者
そうなんです、イタリア人ってなんか知りませんがずっと議論してるんです(笑)

イタリア人と深く関わるようになってその理由がなんとなく分かりました。

ここからは筆者の仮説です↓

その理由は2つ。

①まずタブーな話題がほぼない。

エロ 豆知識

まあこれはイタリア人に限りませんが、欧米人は基本タブーな話題がありません。

特に驚くのが、男女拘らず性的な話題に非常におおらかなんです。

兄弟姉妹間、異性間でも普通に生理の生々しい話とかセックス関連の話を楽しんでします(;・∀・)

性行為も生理現象も宗教も政治も経済もあらゆる分野でタブーがないので、幅が広いんです。

関連記事

※本記事は、前記事(➁サマータイム?ダンス?ガソリン代?日本料理屋?←イタリア旅行で受けた衝撃)の続きです。旅行に至った経緯は前記事に書いていますが、超簡単にまとめるとこうなります↓我々夫婦は、来年イタリアで結婚式をするにあたっ[…]

カルチャーショック ヨーロッパ

↑こちらの記事で「ノーブラの女性が多い」こととその理由を紹介しましたので、興味があれば是非ご覧ください。

②相手の話を無視して自分の意見を言いたがるから。

ブルガリア 逆 返事

日本人なら、真っ向から相手の意見を目の前で全否定することはあまり多くありませんが、熱弁するイタリア人は相手より更に大きな声を出して自分の主張を押し通します(笑)

A「民主主義が正しいなんてごまかしだ!実際にドイツではヒットラーという…」

B「いや!!!民主主義こそ正義だよ!!独裁国家で急成長している国なんて…

A「いやいやいや!!中国は一党独裁国家やけどめっちゃ発展してるっしょ!!!!」

B「中国の成長は既に鈍化してるじゃねーか!!人数多いからGDP多いだけだろおぉぉ!!」

ってな感じで、相手の意見を真っ向から否定して自分の主張を押し通すのも日本人より激しいです。

言語が聞き取れない我々からすると「ずーーーーっとなにか真剣な話をしている(゚Д゚;)スゲェ」と思いますが、恐らく言葉を理解できたなら「お互い譲らないだけかよ…」って思うのではないでしょうか(^ω^)

※奇跡的に筆者の奥様は、頭ごなしに自分の主張を押し通すことはあまりありません。


この2点の特徴から、イタリア人同士の会話は長く尽きないのだと思われます。

※あくまで仮説です。

また、国際結婚した夫婦の離婚率が高い(筆者調べ)のもそれに起因しているのではと思っています。

要するに欧米人は日本人以上に(平均的に)負けず嫌いなので、意見の衝突を繰り返すうちに関係が冷めきってしまうのだと考察しています(´・ω・`)

【結論】筆者も負けず嫌いなので気を付けなければなりません(笑)

1階は0、2階は1

イギリスでは、1階をGround Floorとして"0"と表し、2階を"1"、3階を"2"と表示するのは有名です。

実はイタリアでもそうでした↓

ホテルのエレベータにて。

"ー1"とはおそらく地下一階を指しているのでしょうが、押してないのでわかりません。

イタリアのビーチにて

カルチャーショック ヨーロッパ

イタリアのビーチで1週間過ごしたので、面白かったことを3点挙げてみました↓

➀クラゲのことをMedusa(メドゥーザ)と言う。

➁年齢問わず上裸(トップレス)の女性が多い。

③浮き輪とかはほぼ使わない。

それぞれ軽く説明します。

➀クラゲのことをMedusa(メドゥーザ)と呼ぶ。

イタリアのビーチにもクラゲが出現するんですが、イタリア語でクラゲのことをメドゥーザと呼ぶらしいのです。

ブログ アイコン
筆者
ギリシャ神話でペルセウスに退治された「メデューサ」とめっちゃ似てますよね、もちろん関係があります。

あ、中田のあっちゃんのギリシャ神話の動画観てない方、2倍速でいいので一度ご覧ください↓

【ギリシャ神話①】古代の神々の物語!

イタリア語よりギリシャ神話の方がはるかに歴史が長いので、ギリシャ神話からメデューサの言葉をもらってイタリア語でクラゲを表す単語にしたそうです。

奥様の親戚の子どもたち3人と海で遊んでいる時に、

うおぉぉ!!!??? メドゥーゼ \(゜ロ\)(/ロ゜)/

と叫んで慌てて逃げるふりしたら、子どもたちがみんなパニックになって一斉に岸に上がろうとする、という遊びをしていました(笑)

※メドゥーザの複数形がメドゥーゼ

➁上裸(トップレス)の女性が!!?

毎日「少し混雑してるかな?」ってくらいの混み具合のビーチに一日中いたんですが、前述のノーブラ女性どころかトップレスの女性もポツリポツリと見かけたのです(゚Д゚;)

毎日数人見かける程度なので「わんさかいましたよ~(∩´∀`)∩」とは言いませんが、それでも十分驚きです。

失礼な話ですが、肥満気味のお年を召された年配女性のトップレスはただ単に「うぉっっ( ゚Д゚)ミタアカン」って感じでした・・・(´・ω・`)スマセン

しかしです!!!

スタイル抜群で超美形のティーンモデルのようなブロンド女性でもそんな感じだったので、30代ギリ手前の一般の日本人男性としては、もう…

見たくて見たくて仕方ありませんでした!!!(笑)

もう正直に言いました、はい。

ご気分を害された方にはお詫び申し上げますm(__)m

③浮き輪とかはほぼ使わない。

筆者は”3coins “のセールで購入した110円の巨大浮き輪を使ってプカプカ浮いていたのですが、奥様のお母様から

義母「そんな浮き輪使うのは2歳児くらいよ。泳げるのに浮き輪使うってのはちょっとね~」

と言われました。

筆者は「はあぁ?( ゚Д゚)どーゆーことですかあぁ?」と内心思いましたが、なるほど。

周りを見ると確かに丸い浮き輪を使っているのは筆者だけでした、気のせいか周りの人からも半笑いで見られている気もしてきます(´・ω・`)

筆者はそんな言葉を気にせずに一週間使い続けていましたが、確かに浮き輪を使っている大人は一度も見ていないかもしれません。

とは言え、"海の上で寝れるベッド"とか"巨大シャチの浮き具"とかは普通にみんな使っていたので「差はなんですかあぁぁ!!!???(; ・`д・´)」と訊きたかったです(笑)

女性が強い

※本項目は筆者の過大な偏見により構成されています、予めご了承ください。

筆者は常々「国際カップルはなぜ生まれるのだろう?」と考えていた時期があります。

「日本人女性は主張が強くなく、小柄で可愛い」のが欧米人男性に好かれる理由だと一般的に言われます。

その逆で「日本人男性は主張が強くわがままで、背も低いし頼りがいが無い」という理由で欧米人女性は日本人男性に魅力を感じないとも一般的に言われます。

↑これは単なる一般論であり、もちろん一概にそうとは言えません。

» 続きを読む

とても相手を思いやれる優しい日本人男性もいれば、わがままで主張が強い日本人女性もいるからです。

しかしことルックスに関して言えば(ここから筆者の私見100%です)、

白人女性はふっつーの一般人であってもスーパーモデル級の可愛すぎるルックスを持ってる人が多く、白人男性はハリウッドスター並みの高身長のイケメン揃いなのです。

そうです、謎はここから生まれました↓

なぜ、欧米人男性スーパーモデル級の欧米人女性を選ばずに日本人女性を選ぶのか。

なぜ、欧米人女性はハリウッドスター並みの欧米人男性を選ばずにアジア人男性を選ぶのか。

ほんとに謎でした。

しかし欧米人の友人が増えるにつれ、欧米人男性が柔和で従順なパートナーを求める意味に関しては少なからずわかりました。

なぜなら欧米人女性は非常に気が強いからです。


イタリア滞在中、ある男女混合グループと遊ぶ機会がありました。

その中で、一人のヤンキーっぽい18歳の女性がタバコを吸っていたのが気になった隣の席の年上男性(26)が

「ちょっと!タバコは体に悪いしそもそも臭いからみんなの前では吸わんといてくれる?」

と言ったのです(=もちろん2人は知り合い)

ブログ アイコン
筆者

(おぉ!!よくぞ言ってくれた!
おれは初見の女の子やからそんなん言えへんかったけど、ずっと息苦しかったねん!!)

するとすると、その女性がその男性の顔に向かってタバコの白い煙をフーーーーッと吹きかけながら(映画で見るやつ!!!( ゚Д゚))、

ん?わたしが自分のお金で買ったタバコをどこで吸おうがあんたには関係ないやろ?ww

と半笑いで答えたのです。

 

筆者「(うぎゃあぁぁぁ!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/ガクガクブルブル)」

 

確かにヨーロッパは日本よりもはるかに個の権利を重視する社会、「空気を読む」なんてしません。

禁煙場所であれば事情は違っていたでしょうが、自身の権利は最大限優先されるのです。

日本人女性とは別格の、欧米人女性の気の強さは今までも見たことありましたが、これは過去イチで凄かったです(笑)

日本社会で蔓延している同調圧力「周りがやってるからやる」という意味での「空気を読む」ことはしませんが、「誰かに迷惑になる」という理由で「じゃあやめておこう」という感覚は(至極当然ですが)欧米にもあります。

(平均的には)日本人女性よりも欧米人女性が頑固で気が強いのは間違いないので、日本人女性の柔和な性格に心惹かれる欧米人男性が多いのは間違いないでしょう。

» 折りたたむ

この話題に関してはもっともっと言いたいこともありますが、今回はこれくらいにしておきます(笑)

おわりに

さて、第4部が終わりました。

今回は10個の紹介に留まりました(/・ω・)/

「トップレスの女性が~」とか「タブーな話題が~」とか「欧米人女性の気が強くて~」とかはやはり力が入ってしまいました(・ω・)ノ

ここまでお読み下さりありがとうございました(”ω”)ノ

次の記事をアップ次第、こちらに貼らせて頂きます!

関連記事

※本記事は、前記事(④トップレス?オシャレ?大理石ゴロゴロ?←イタリア旅行で受けた衝撃)の続きです。旅行に至った経緯は前記事に書いていますが、超簡単にまとめるとこうなります↓我々夫婦は、イタリアで結婚式をするにあたって、どう[…]

カルチャーショック ヨーロッパ
カルチャーショック ヨーロッパ
最新情報をチェックしよう!