ウクライナ 国旗で知る世界の国々

【超わかりやすい】チェルノブイリ原子力発電所事故の一部始終

今回はヨーロッパのウクライナやベラルーシを周るうえで必ず知っておいて欲しい知識、チェルノブイリ原発事故について簡単にまとめました。

突然ですが皆さんは「史上最悪規模の原発事故」と聞いて、どの原発事故を思い浮かべるでしょうか?

原発事故自体が規模に拘らず最悪の事態ではありますが、日本では2011年3月11日に発生した東日本大震災、そしてそれに伴う福島第一原子力発電所の事故で大きな被害が出ましたよね。

そして世界中のメディア(特にヨーロッパ、フランスとかドイツとか)が

「日本にいると危ない、今すぐ脱出しなければ((((;゚Д゚)))))))」

と、過剰とまでいえる反応を示しました。当時のぼくは

「なんで東北で起きた原発事故で、関西から九州地方まで危ないって思われてるん??」

と思っていました

しかし調べていくうちに、それは1986年4月26日にウクライナで起きたチェルノブイリ原発事故の恐怖・トラウマがそうさせたのだとわかりました。

チェルノブイリってどこ?

まずはチェルノブイリの場所です↓

チェルノブイリという町はウクライナ共和国にあり首都キエフから北へ100kmほどの町ですが、位置的には

ウクライナとベラルーシのほぼ国境くらい(←重要)

にあります。

いつ起きたのか

事故が起きたのは1986年4月26日です。

しかし「世界に公表されたのは2日後の28日」でした。

それはなぜか?

当時のウクライナ共和国はまだソヴィエト連邦の一部で、情報公開されなかったからです。

「チェルノブイリで原発事故発生!近隣住民の皆さんはすぐに50km圏外まで逃げてください!!!」

なんて言えるわけもなく、何とか秘密裏に事を済まそうと思っていたのです。
放射線が目に見えないのをいいことに・・・

当時のソ連ではゴルバチョフ書記長が指導者になり、それまでの秘密主義から一転して情報公開政策を行っていたばかりだったので、旧態依然として末端の人間は秘密主義でした。

初めにチェルノブイリ原発事故を察知したのはスウェーデン?

これまたおかしい話ですが、世界で初めて(現場以外で)チェルノブイリ原発事故を察知したのはスウェーデンです。

正確に言えばスウェーデン南部にあるフォルスマルク原子力発電所です↓

その距離なんと、直線距離で1,280kmです。

スウェーデンが一番最初に原発事故に気付いた理由

以下は京都大学学術情報リポジトリに公開された論文の一部をわかりやすく要約したものです。

チェルノブイリ原発で事故が起き、放射性物質を含むキノコ雲が上空2,000mまで舞い上がった。

上空1,500m付近には北西の風が吹いていたので、必然的に放射性物質がバルト海を超えてスカンジナビア半島(ノルウェーとスウェーデンが大部分を占める半島)へ飛散した。

放射性物質を感知したスウェーデンのフォルスマルク原発は「事故発生!!!!」と大騒ぎしたが、どこをどう調べても異常は無い。

その放射性物質を感知した気象台が風向きから計算し

「たぶんソ連領内から飛んできたやつや!!おいソ連どーゆーことや!?何が起きてんねん!!ちゃんと情報公開せーよ!」

と圧力をかけたので、しぶしぶソ連はチェルノブイリの原発事故を認めた。

というのです。

» しかも恐ろしいのがチェルノブイリの人たちの反応↓

プリピャチ市(人口5万人)の住民のほとんどは、その日のうちに原発で事故が起きたことを知ったが、多くの人はふだん通りの土曜日を過ごした。

店には買い物客がいっぱいで、ホールでは結婚式が行われ、なかには煙を吐く4号炉を眺めながらアパートの屋上で日光浴を決め込んだ人もいた(いつになく日焼けしたらしい)。

被曝をおそれて、窓を閉めて家にこもったのは一部の人だけだった。

(チェルノブイリ原発事故の実相解明への多角的アプローチ–20 年を機会とする事故被害のまとめ– 今中哲二 http://hdl.handle.net/2433/227260

» 折りたたむ

原発の仕組み

ではここで軽く原発の仕組みを説明します。

下図のように、ポンプによって冷却水が原子炉に送られ、高音を発する燃料棒と接した水が蒸気となり、タービンを回して電気を発電するのが一般的に知られている原子力発電の仕組みです↓

原子炉の説明

Q. もし電気が止まったらどうなるの?

A. ポンプが止まると水が送られない→そのうち水が全て蒸発して燃料棒がむき出しになる→どんどん核分裂が起こり高温のために原子炉を溶かして大事故になる

チェルノブイリ原発はいわゆる黒鉛型

何となくチェルノブイリ原発事故の基本情報が分かったところで、チェルノブイリ原発について簡単に見ていきたいと思います

チェルノブイリ原発4号炉ではウランの燃料棒を1661本も同時に運用していたらしく、黒鉛型と呼ばれるのは、核分裂を制御する制御棒が黒鉛でできているからです↓

核兵器を作るには、ウラン235を核分裂させてできる副生成物プルトニウムが必要なので、早い話チェルノブイリ原発は、

ソ連製原爆用プルトニウム大量生産型

と言えるのです。

黒鉛型の利点(ハイリターン)

運転しながら(※運転を停めることなく)燃料棒を引き上げ、プルトニウムを取り出せる

(燃料棒の数が多いので)大量のエネルギーを取り出すことができる

黒鉛型の問題点(ハイリスク)

制御が複雑(1661本もあるから)

少しのミスが大規模な暴走に至る(1661本もあるから)

事故に至った経緯がヤバい

チェルノブイリ原発が大暴走した原因を超簡単にまとめます(諸説あります)

この日、チェルノブイリ4号炉は点検修理のために運転開始以来初めて原子炉停止作業に入った。

(運転)班長「よーし、どうせ原子炉停めるんやしそれに合わせて色々実験やろっかー」

作業員「え、何するんですか?」

班長「もし原子炉内部で事故が起こっても大事には至らないよ、という事を確かめるんだ!」

当時の班長は

「もし事故が起こって原発内の電気が止まった場合、非常用発電装置が動き出すまでにタービンの慣性回転で電気は起こせるのか?

電気が止まれば水が循環せず、燃料棒を冷やすことができない。むき出しの燃料棒は超高温になり大事故を誘発する。

主電源が落ちてから非常用発電装置が動き出すまでの間も安全なのかを確かめよう

と考えたのです。

作業員「どうせ点検修理で停めるんやし・・・やりましょう!」

班長「緊急炉心冷却装置(いわゆる急ブレーキ)が働いたら実験にならへんし、解除で!」

作業員「ダーーーー」(←たぶんソ連の返事)

実験開始

作業員「わわわ班長!出力低下しています!!!発電装置が機能しません!!!このままでは原子炉が停止し、実験になりません!」

班長「ばかもの!それならば、制御棒を引き上げてウランの核分裂を促進させればよいのだ!!制御棒が無ければ、文字通り核分裂を制御する障害は無くなり、奴らは無限に核分裂を起こすはずだ!!それで大量に電気を発電すればよいだけだ!」

作業員「出力安定、事故の兆候なし!さすが班長です」

班長「よしそろそろお開きにしよう。さっき引き上げた制御棒を下ろして再び核分裂を抑えて出力を低下させよう・・・」

そして班長が制御棒一斉挿入ボタン(AZ-5)を押した瞬間、出力急上昇警報と出力大警報が発生。ポンプ停止。水の循環ストップ

※制御棒の一斉挿入は逆に大事故になる危険性があると後にわかった

数秒後、出力が規格の100倍以上に達し溶けたウラン燃料が冷却水に接し、水蒸気爆発を起こした。

様々な論文や事故報告書を読んで出た答えがこれです。

専門用語で説明すると「ポジティブスクラム」と「プラスのボイド反応度係数」が事故の直接の原因と言えるようです。(ぼくは全くわかりません)

つまり

現場レベルの判断で原子炉を用いて安全テストを行った

ことで、史上最悪のチェルノブイリ原発事故が起きたと言えます。

水素爆発と水蒸気爆発の違い

ここで水素爆発水蒸気爆発の違いを確認しておこうと思います。

片方は小規模で片方は大規模な爆発なんですがわかりますか?

フクシマ原発事故は水素爆発

水素爆発とは、水素が空気中の酸素と反応して起こる爆発です。

H2+O2→2H2O+Q(エネルギー)

爆発のエネルギーとは、このQ↑のことでしょう・・・多分。

水素吸蔵合金を用いた水素エンジン搭載の車の話がありましたが、あれも「水素爆発したら?」という懸念がありますよね。

チェルノブイリ原発事故は水蒸気爆発

水蒸気爆発とは、水が気化するときに起こる爆発です。

早い話、火山の噴火も間欠泉が噴き上がるのも水蒸気爆発です。

火山の地下から上がってきたマグマが地下水と接して気化したときに爆発します↓

アイスランド 情報

水素爆発とは威力がけた違いです。

水は気化するときに体積がおよそ1,700倍になります。

炉内の水がどんどん水蒸気になっていくと原子炉内の圧力はぐんぐん高くなっていき、ある時どかーーーんといっちゃいます。

(圧力鍋を使用中に蓋のロックを急に外したようなものです。恐らく蓋は天高く舞い上がり天井を破壊するでしょう)

つまりヨーロッパのメディアたちは、フクシマ原発事故の水素爆発がチェルノブイリ原発事故の水蒸気爆発と重なって実際の被害以上に大騒ぎしたんですね。

被曝範囲はヨーロッパのみならず

チェルノブイリ原発事故での被曝範囲をおさらいします。

実に北半球のほとんどを汚染しました。

もちろん日本もです!!!

事故後1週間が経ったくらいに大阪上空で約20種類の放射性物質を検知したらしいです。

さすがに被曝量自体は大した量では無かったのかもしれませんが、とても驚きですよね。

さいごに

以上のようにチェルノブイリ原発事故は史上最悪の原発事故と呼ばれており現在でも苦しんでいる被曝者は大勢います。

ぼくら一般市民が原発についての理解をもっと深めて、今後のことを考えなければならないと思いました。

ぼくはオーストラリアに行っている間もこの本を持ち歩いて読んでいましたよ!笑

当時のソ連が生物濃縮された牛乳やチーズを、もったいないからとシベリアなどの情報の届いていないであろう遠い地域に輸出していたことも知っておくべきだと思います。

また皆さんも興味があれば是非読んでみてください

ウクライナ 国旗で知る世界の国々
最新情報をチェックしよう!