社会主義?共産主義?資本主義?わかりやすく解説します!

RYOです

今回はなかなか理解しにくい「社会主義」と「共産主義」の違い、そして「資本主義」について説明し、またよく混同される「民主主義」についても少し言及したいと思います。

日本は資本主義ですが、ロシアや中国は社会主義国ですよね~

ちなみに共産主義国はこの世に存在しません!!!!

今回はそんなお話です(^ω^)

社会主義/共産主義/資本主義

なるべく簡単な構図で説明しますと、

【資本主義⇔社会主義→→→→→共産主義】

です。この図の意味は

資本主義と社会主義は正反対、そして社会主義が行き着くと超理想的な共産主義になる

という事です。

余計パニックになりました?すみません

つまりまず考えることは「社会主義と資本主義」だけでいいんです。

まず「資本主義」から説明します。

一番最後に例も用意しているので、そちらも確認してください。

資本主義とは

現在の日本は資本主義国家で、いわゆる

雇い主+労働者

という関係が成立している国家です。

給料を払う社長がいて、働いて給料をもらう社員がいる。

これはもう完全に資本主義です。

また、自由に商売ができるというのも資本主義の大きな特徴です。

能力のある人はお金持ちになれるし、逆に能力の乏しい人間は一生貧乏のままかもしれません。

メリット(利点)

資本主義のメリットはだいたい以下の2点です↓

・ライバルと争ってより良い商品を開発しようとする

⇒ライバル社がいる場合、質の低い商品は売れないので他社よりもより良いサービスを試行錯誤する。

・価格は需要と供給の関係で決まる。

⇒儲けばかりを考えて極端に売値を高くしても売れないので、市場で自動的に価格が調整される。

デメリット(欠点)

資本主義のデメリットは以下の2点です。

・雇い主は労働者を安くこき使いたい

⇒会社が儲けを出すためには労働者(社員)をなるべく安くなるべく長時間働かせたがる。

・貧富の差の拡大

⇒雇い主は搾取しまくり、労働者は搾取されまくることで貧富の差が拡大する可能性がある。

さて、なんとなくわかりましたか?

まあ、普段の僕らの生活そのものなので、「あー、つまり今の日本ね…」と思って頂いて構いません。

では次に社会主義の説明です↓

社会主義とは

何となく「資本主義」を理解できたところで、「社会主義」の説明をします。

現在のロシアや中国は社会主義国家で、いわゆる

みんなが平等に満足

(※ただし性悪説をもとに考えられている)

を目指している国家です。

「性悪説」と聞いて諦めた人はストップ!説明します。

性悪説とは人間の本性は産まれた時から悪であり、善くなるには努力する必要があるとする学説です。

その逆が「性善説」で共産主義の説明で出てきます。

マルクス主義

社会主義の話でセットで出てくるのが「マルクス主義」です。

経済学者マルクスは、資本主義のデメリットで述べたように「雇い主+労働者」の社会は

(利益を最大限出すために)雇い主は労働者をなるべく安く、そしてなるべく長時間働かせたがる。よって貧富の差は拡大するばかりである

と考え、資本主義を否定し社会主義を推奨しました。

この考え方を「マルクス主義」と呼び、このマルクス主義に賛同する国家が社会主義国家ということです。

ここで注意したいのは、マルクスは「資本主義はダメ、社会主義はいい」と述べただけで具体的な社会主義の運営方法は記していないのです。

つまり資本主義のデメリットだけ抜き出して社会主義を推奨したのです。


なので社会主義は

個人には自由に商売をさせない。

国が全て計画した通りに物を作って売ってその利益を国民全体に平等に分配する。

しかし、ズルする奴もいるだろうから誰かが統率者として独裁的に国家を管理しなければいけない(性悪説)

と考えています。

人間の本性は元々欲深いので、平等に分けると言っても誰かがワントップで仕切らなければ絶対にズルする奴がいる‼︎‼︎

という大前提があります。

その「ズルする奴」が一国民ではなく、国を仕切る側の場合、悲惨以外の何者でもありません(笑)

これが性悪説と言った意味です。

メリット(利点)

社会主義のメリットは以下の1点です↓

・貧富の差がない

⇒嫌いな社長にペコペコ頭下げて給料をもらう必要がない(笑)

別にクビも失職も心配しなくて良い、しかも全員同じ給料

デメリット(欠点)

社会主義のデメリットは以下の3点です↓

・独裁国家が生まれやすい

⇒平等に分配する役目のリーダーに権力が集中しやすい

・国の経済が発展しづらい

⇒どれだけ働いても給料は一緒なので怠け者が続出し、国が決めた通りの計画生産なので資本主義のように他社と競い合ってより良い商品が出てくる可能性がほぼない

・大規模な食糧不足やモノ不足に陥る

⇒国が初めに決めた通りの量しか生産しないので、予期せぬ自然災害などが起きると一気に国全体が食糧不足に陥る。

実際にこのせいで旧ソ連時代にはウクライナで700~1000万人規模の餓死者が出ています(=ホロドモール)(↓別タブで開きます)

関連記事

さて、今回はソ連の指導者スターリンが行った重工業化達成の裏で犠牲になったウクライナ国民の大量虐殺「ホロドモール」について解説致します。(ほんっとに、スターリンめちゃくちゃやっとんな)少なくとも700万人が餓死したウクライ[…]

ウクライナ ホロドモール

共産主義とは

さあ、段々と分かりにくくなってきたところで「共産主義」の説明です。

共産主義はいわゆる

(指導者がいなくても)みんなが平等に満足

(※ただし性善説をもとに考えられている)

目指す考えです。

私有財産は一切認めません。

社会主義との違い

競争社会を認めない、国が管理する

これは社会主義と一緒です。

では何が違うのか?

ヨーロッパ ブログ
筆者
社会主義との違いは「リーダーが必要か(性悪説)、リーダーが不要か(性善説)」です。

性善説とは性悪説の反対で「人間の本性は産まれた時から善であり、生きていく中で悪になる者もいる」とする学説です。

下の例でも示しましたが共産主義とは、超豊かなユートピアでのみ起こり得る、リーダーがいなくてもみんなが平等に満足するというリーダー無しの(無政府)状態が大前提の考えです。

誰かに命令されなくても、自分の仕事はきっちりこなす人間の集まりでないと成り立ちません。

社会主義を突き詰めていくと「国民全体が平等を基本とし、管理者の必要の無い」共産主義になりますが、これはあくまで理想なので国家として共産主義を実践できることはまずありません。

メリット(利点)

共産主義のメリットは以下の1点です↓

・国民全体が最大級のハッピー状態

⇒誰もが平等の精神を持っており、リーダーがいなくてもズルする人間がおらずみんなが平等に満足できます(性善説)

デメリット(欠点)

もし共産主義が実践できるなら、デメリットはありません!!!

しかし共産主義を実践できる国なんてまず存在しない。以上

例「エデンの園ゲーム」

赤リンゴ

それでは簡単な例を使ってより理解を深めてみましょう。

キューバ 歴史
筆者
僕は長い間この社会主義や共産主義をどう例えるのが一番かを考えていましたが、ついに見つけました!!

それが「ライアーゲーム」の真実の赤リンゴの話です。

ルールを知らない方はここで終わってください。

どうもありがとうございましたm(__)m

最後にもう一度、各主義について確認したい方はこちらをクリック↓

» まとめ再確認

・資本主義は「競争社会」を認めており、勝者がいれば敗者もいる。競争社会なので質の良い製品などが生まれやすく、価格も自動的に調整される。

・社会主義は「競争社会」を認めておらず、ワントップリーダーの下で全員が平等に幸福になれるように運営される。実現できれば素晴らしいが、権力がリーダーに一極集中する可能性が高い。

・共産主義は社会主義と同様に「競争社会」を認めておらず、リーダーがいなくても全員が平等に幸福になれることを理想とする。しかし実現できるわけがない。

» 折りたたむ

では赤リンゴの話を例に各主義の特徴をおさらいしましょう!

資本主義

ヨーロッパ ブログ
筆者
このフィールドが資本主義の場合、互いに仲間を作ったり心理戦を駆使して多数派を狙います

まあ、普通のゲームです。

当然、大損する者もいれば大儲けする者もいます。

社会主義

ヨーロッパ ブログ
筆者
このフィールドが社会主義の場合、選ばれたリーダーが全員の名前をそれぞれの赤リンゴに焼き付けて代表で投票し、全員一億円をもらえます

ここで、本当に全員のことを考えているリーダーなら、全員分真実の赤リンゴを投票して全員が13億円手に入れて勝者となります。

社会主義完成です!

旧ソ連のスターリンや中国の毛沢東がこのゲームに参加した場合、リーダーになったのを良いことに、自分のリンゴだけゴールドを入れて自分だけ特別ボーナス2億円を13回連続で獲得しようとしたでしょうね。

独裁、まさにそんな感じです。

共産主義

人魚姫 コペンハーゲン
筆者
このフィールドが共産主義の場合、「みんなで赤リンゴ入れて、みんなで勝ち抜けましょう」という神崎直が11人いる感じです

みんなが「自分だけの利益」を考える事はせず、リーダーがいなくても当たり前のように赤リンゴが11個そろうという社会です。

なんせ性善説ですので「みんなの善意を信じて!」という希望的観測のみです。

この状況で真実の赤リンゴが11個揃うこと、そしてそれが13回連続で続くこと、あり得ると思いますか?笑

おまけ~民主主義ってなに?~

一応「主義」つながりなので説明します。

「資本主義/社会主義/共産主義」と「民主主義」は全く質が違います。

漢字見てもらったらわかります。

民を主とする主義

です。

つまり封建制や絶対王政などのワントップ体制の真逆です。

ヨーロッパ ブログ
筆者
かつてのヨーロッパの国々では「王族」という「生まれながらにして決定している未来の国王」がいました

つまり「民がどれだけ頑張っても国のトップにはなれない社会」ですね。

逆に民主主義は「能力のある民が国のトップまで上り詰めることのできる社会」とも言えます。

つまり資本主義でも社会主義でも共産主義でも民主主義になり得るのです。

※なので北朝鮮などはどれだけ能力があってもキム家に生まれなければ総書記になれないので民主主義ではありません。

おわりに

資本主義 社会主義 共産主義

という事で、ある程度「資本主義/社会主義/共産主義」の違いをお分かり頂けましたか?

もう一度言いますが社会主義と共産主義の違いは「性善説か性悪説か」です。

今思うと、たぶん稲作やってた弥生時代は共産主義やったんじゃないですか?

上下関係なくみんなで稲を育てて大量に米を得て、それを高床式倉庫に保存して全員一致で必要な時に平等に分配してみんなが食べる。

別にリーダーもいらない。

そして徐々にどの家庭にどう分配するかを仕切るリーダーが現れて社会主義に。

「ちゃんと平等に分けよーや」的な?

そして他の村の侵略を受けて、負けた方は少し奴隷的に扱われ、全員平等が崩れる資本主義時代的な?

ちょっとわかりにくかったかもしれませんが、いくつかページを渡っているともっと理解できると思います(ちょっと逃げのコメント(笑))

人にわかりやすく伝えるのって本当に難しいです・・・

スターリン 農業の集団化
最新情報をチェックしよう!