少なくとも700万人が餓死した、ウクライナ大飢饉「ホロドモール」とは?

さて、今回はソ連の指導者スターリンが行った重工業化達成の裏で犠牲になったウクライナ国民の大量虐殺「ホロドモール」について解説致します。

(ほんっとに、スターリンめちゃくちゃやっとんな)

少なくとも700万人が餓死したウクライナ大飢饉「ホロドモール」

ホロドモール

1932-33年にかけて、旧ソ連政権下のウクライナ↓で大飢饉が起きました。

このときの餓死者は少なく見積もっても700万人と言われており、ヒットラー率いるナチスドイツが行ったホロコーストでのユダヤ人600万人の大虐殺と勝るとも劣らない数となっています。

20世紀最大の悲劇の一つと言われています。

では軽く内容を見ていきましょう↓

「ヨーロッパのパンかご」から搾れるだけ搾り取ったソ連

ソ連 歴史

当時(1932-33年)のウクライナは旧ソ連の一員であり、↑独裁者スターリンが農業の集団化をはじめ様々な政策でソ連を工業的に世界の大国に押し上げようとしている時期でした。

ウクライナは豊かな穀倉地帯を有しており、「ヨーロッパのパンかご」と呼ばれるくらい小麦などの生産量が多かったのです。

それに目を付けたスターリンは、

ソ連 歴史
Stalin

おいウクライナ国民ども

もっともっと農産物を生産しろ

お前らの収穫物を売って外貨を獲得し、そのお金を我がソ連の工業発展に使うのだ!

という政策をしていました。

スターリンが行った「農業の集団化」はソ連領内でもとんでもない餓死者を出したのですが、特にウクライナでは人口の20%(国民の5人に1人)が餓死しました。

集団化への抵抗や天候不順により収穫量はどんどん減っていったにも拘わらず、スターリンは法外な量の農作物を納めるように要求しました。

その要求に応えられなかった者は、当然自分たちの食糧も奪われ、食糧を隠したり人から盗んだものは容赦なく射殺されました。

ウクライナ国民は売れるものは全て売り払い、樹皮やネズミなどの小動物、果ては長靴の革まで煮込んで食べて飢えをしのいでいました。

さらに家族を殺してその人肉を食べたという話も数多く伝えられています。

スターリン恐ろしい!!

長い間、ソ連はこのウクライナ大飢饉を否定していました。

しかし最近では事実を明らかにしようという動きが増え、ウクライナ議会は2006年に「ソ連によるウクライナ人民へのジェノサイドだ」と、認定する法案を可決しています。

ホロドモールを招いた「農業の集団化」に関する記事はこちら↓

関連記事

RYOです本投稿ではスターリンが行った五ヵ年計画のうち「農業の集団化」の内容を軽く説明しています。スターリンはソ連の農業生産の爆発的な増加を望んでおり、五ヵ年計画によって農業の集団化を始めました。クラーク絶滅計画[…]

スターリン 農業の集団化
ウクライナ ホロドモール
最新情報をチェックしよう!