【超わかりやすい】ベルリンの壁の歴史を徹底解説(^◇^)

RYOです

今回のテーマは「ベルリンの壁」です。

何となく聞いたことあると思いますが、詳しくご存知の方は少ないのではないでしょうか?

これを読み終わった頃には、周りの友人たちにベルリンの壁の話をしたくて仕方ないと思います(笑)

なるべく簡単におもしろく説明するので興味があれば読んでください(^◇^)

『ベルリンの壁』建設と崩壊はいつ?

まずは超基本情報からです。

ベルリンの壁が初めて建設されたのは1961年8月、

ベルリンの壁が崩壊したのが1989年11月です。

ヨーロッパ ブログ
筆者
つまり28年もの間、ドイツは東西に分けられていたんですね!!!

それまで同一の民族だったのに、大国のエゴで(後述します)いきなり東西に二分させられたんです。

ベルリンの壁はどこを囲んでいたのか?

これ勘違いしている人が多いです(←以前の筆者

『ベルリンの壁』は東西ドイツを区切っていたのではありません。

東ベルリンと西ベルリンを区切っていたのです!!!

ベルリンの壁 崩壊

詳しくはこちら↓(別タブで開きます)

東西ドイツを区切るとしたら、(google mapで測ったところ)およそ600kmも壁を作らなければなりません(´・ω・`)

※実際の壁の総距離は155km

ベルリンの壁を建造した理由

理由は至ってシンプルです。

東ドイツ市民が西ドイツに逃げようとしたから

です。

ヨーロッパ ブログ
筆者
万里の長城は敵(匈奴≒フン族)の侵入を防ぐために建てられたと言われていますが、ベルリンの壁は違います!!!!

もう少し詳しい内容は後で話しますが、要するに

西ドイツ=自由で豊かな国

東ドイツ=不自由で貧しい国

という状況に失望した東ドイツ市民が西ドイツに逃げ始めました

それを止めようとして東ドイツ政府は西ベルリンを囲む壁を作りました。

つまりベルリンの壁

自国民を他国に脱出させないために造った超不名誉な壁

なんです。

第二次世界大戦終結後

中東戦争 イスラエル アラブ

では『ベルリンの壁』の歴史を順に追っていきましょう!

重要なのは、なぜ壁を作ったのかです。

ヨーロッパ ブログ
筆者
壁自体の詳しい話より歴史的な面を理解する方が遥かに役立ちますよ

ベルリンの壁の物語は大きくここから、第二次世界大戦終結から始まります。

戦勝国と敗戦国

まずはこれからおさらいしましょう。

第二次世界大戦

主な戦勝国(=連合国とも)

アメリカ、イギリス、ソ連

主な敗戦国(=枢軸国とも)

日本、ドイツ、イタリア

最終的に連合国側(アメリカ)が日本の広島と長崎に原子爆弾を投下して日本が降伏↓

ポツダム宣言を受けて世界大戦は終結しました。

キューバ 歴史
筆者
まあここまでは大丈夫ですよね?

では戦後のドイツ分割のお話に入ります。

世界が東側と西側に分かれる

もともとアメリカとソ連は第二次世界大戦で日独伊をやっつけた仲間のはず。

しかし戦後は東西冷戦と呼ばれるほど、お互いを敵視し合います。

それはなぜでしょうか?


ヨーロッパ ブログ
筆者
話は第二次世界大戦中に戻ります

第二次世界大戦中、(イタリアのムッソリーニと)ドイツのヒットラーはヨーロッパ諸国をどんどん占領していきました。

連合国側のヨーロッパ代表イギリスとフランスのうち、フランスまでもがヒットラー率いるナチスドイツに占領されて

ヒットラー「むふふ、残るはイギリス、お前だけだ!!」

という超危機的状況になり、イギリスはアメリカと組んでドイツに宣戦布告し、まずはフランスを取り戻す目的で「ノルマンディー上陸作戦」を行いました↓

上図の海岸から、ドイツに占領されていたフランスを助けるべく、主にイギリスとアメリカ軍がノルマンディー地方に上陸しました↓

ノルマンディー上陸作戦

また、ソ連はソ連で独ソ不可侵条約を破ってドイツに攻め込み、ドイツ&イタリア勢力をソ連&米英が東西から攻め立てました。

つまり挟み撃ちですね↓

(赤色が枢軸国側、青色が米英、黄緑色がソ連)

結果、ドイツ&イタリア勢力を東西からどんどん制圧していき、米英とソ連はドイツのエルベ川で遂に出会いました↓

(出典:産経ニュース

↑アメリカ兵とソ連兵が握手していますね。これが有名な「エルベの誓い」です。

エルベ川

(↑ドイツの地図とエルベ川の位置)

結局、ソ連とアメリカ(&イギリス)がドイツやイタリアなど枢軸国側を追い込み、ヒットラーは拳銃自殺してヨーロッパでの戦争は終わりを告げます。

ヨーロッパ ブログ
筆者
そして日本も降伏し「敵の敵は味方」理論で、ソ連軍と米英軍は仲間として第二次世界大戦を終えて戦勝国となったんですよね

そしてウクライナのヤルタで開かれた「ヤルタ会談」で戦後のヨーロッパ分割を協議します↓

(↑ヤルタ会談の様子)

「敵の敵は味方」理論で、ここまでは東西がギリ仲良し(/・ω・)/
ベルリンの壁 崩壊

では戦後のドイツ分割のけっかはっぴょおおおおぉぉぉぉ(結果発表)!!

下の地図をご覧ください↓

ドイツが、そして首都ベルリンまで赤と青で半分に分けられている!!!

ヨーロッパ ブログ
筆者
戦後処理はこのように決定し、お互いに文句なく丸く治りましたとさ

とはなりませんでした!!

次第に「(東ドイツを含む)ソ連側が占領した地域」↓(地図中オレンジ色)の情報が西側諸国に公開されなくなってきたのです!!!

鉄のカーテン演説

そこでイギリスのチャーチルが演説の中で有名なあのワードを出しました。

ヨーロッパ ブログ
チャーチルの真似

最近になってですが、ソ連が占領した東側諸国の情報が我々西側諸国に全く知らされなくなりました。

今、東側諸国がどんな状況なのかが全くわかりません。

まじヤバいっす。

まるで鉄のカーテンが敷かれているような、そ、そんな感じです!!

的なことを、正式には

「ヨーロッパには、北はバルト海から、南はアドリア海まで、大陸を横断する鉄のカーテンがはりめぐらされている」

と、ソ連の閉鎖性を批判しました。

ベルリンの壁 歴史

(↑赤ラインが鉄のカーテン)

これから米ソが東西に分かれ始めます

東側諸国(地図中オレンジ)はソ連、つまり「ソヴィエト社会主義共和国連邦」の一部ではなく、あくまで大国ソ連と同盟関係の国々でした。

しかし実際の力関係はソ連共産党が支配していたも同然です。

※ジャイアンがのび太に「おれたち親友だよな?親友ならそのおもちゃ、おれにくれるよなぁ?」と言ってる感じですね。
ベルリンの壁 歴史
最新情報をチェックしよう!