アフリカ史上最悪の虐殺!「フツ族」と「ツチ族」の争いとは? in ルワンダ

RYOです。

最近「教科書には載せられない黒歴史」という表紙からして真っ黒の何やら恐ろしい本を買いました。

別に中身は特にSFめいた感じでは無く、まあ「目を背けたくなる事実」くらいですがなかなか興味深かったので、自分でも調べたのちに紹介していこうと思います。

ルワンダの大虐殺

ルワンダは中東アフリカにある国です↓

ツチ族&フツ族って何となく耳にした事あると思います。

ルワンダでは1994年にこのフツ族とツチ族が争い、フツ族がツチ族を100万人近く虐殺しました(=ルワンダ内戦

それまでのルワンダの歴史

超ざっくり言いますね(笑)

もともとルワンダには農耕民族のフツ族が暮らしていましたが、15世紀頃に北方から牛牧民のツチ族が移住して先住民を支配してルワンダ王国を作りました。

人口的には15%のツチ族が85%のフツ族を(平和的に共存しながらも)支配してきたのです!!

暴力

そしてツチ族がフツ族を支配するのが当たり前になり、反乱なども減り、またフツ族とツチ族同士も結婚したりある程度上手くやっていました。

時は経ち、第一次世界大戦後にルワンダはベルギーの委任統治領となり、ベルギーはどうすれば上手くルワンダを統治できるかを考えました。

ベルギー「あ!ツチ族とフツ族を再び人種的に区別して、少数派のツチ族を優遇したら「フツ族VSツチ族」になるから、国として統治しやすいかも!」

※これはよくある話ですが、一国に民族を多数作って対立させれば、片方が独立しようとしてももう片方がそれに反発していつまでも国家として独立できないという事態になる(支配側としては内乱も放っておけばいいので楽!「植民地状態からみんなで力を合わせて独立しよーぜ」という流れが最もキツい)

一国に民族が一つだけで対立が無いなら「もう支配されるのはうんざりだ!我々のための国を作ろう」と独立運動に発展する可能性が高いので、ベルギーは

人種&宗教&言語も同じツチ族とフツ族を外見の微妙な違いだけで区別しました。

少数派のツチ族を優遇し、人種が記されたIDカードを発行し、小学生にまで人種差別の思想を植え付けてフツ族を支配させました。

兵隊

1959年、当時のツチ族国王(支配側)が急死したのをきっかけにフツ族(被支配側)が反乱を起こしてツチ族政権を倒し、王政を廃止して共和国を作りました。今まで偉そうにしていた少数派のツチ族は隣国のウガンダに逃げて武装組織(RPF)を結成したり、ルワンダに残った者は大人しくフツ族の言いなりになったりしていました。

フツ族「よくも今まで支配してきてくれたなぁ。少数民族のくせに」

ツチ族「いつか再びフツ族をぶっ潰して王制を復活させてやる」

しかしその後もツチ族の王政復活を狙ってなかなか政情は安定しませんでした。そんな時にあるとんでもない事件が起きてしまいます。

フツ族の大統領専用機がミサイルで撃墜される

メーデー フランス語

1994年4月6日、フツ族の大統領が乗る大統領専用機が何者かの地対空ミサイル攻撃を受けて撃墜し、大統領が爆死しました。

これを受けて事態は急展開!!

フツ族はこれをツチ族(RPF)の仕業と断定しラジオで連日「ツチ族を殺すか、自分が殺されるかだ」と放送し、フツ族のツチ族虐殺が始まりました。

斧やナタを用いて約3カ月で100万人を超えるツチ族が殺されました。

RPFが全土を完全制圧し戦争終結

Embed from Getty Images

100万人のツチ族の死者を出したルワンダ内戦でしたが、結局隣国ウガンダに亡命していたRPF(ルワンダ愛国戦線)がウガンダ政府の支援を受けて近代的な武装でフツ族を制圧し、戦争が終結しました。

近代兵器 VS 斧やナタ

勝負にならない…それに伴い、逆にフツ族が隣国コンゴ民主主義人民共和国に逃亡し、フツ族政権復活の再起を図ります。

現在のルワンダ

ピンクローズ

現在ルワンダは、RPFでルワンダ内戦をツチ族の勝利に導いたポール・カガメ大統領が就任し、2000年、2003年、2010年、2017年と立て続けに大統領選挙で当選し、その支持率は90%を超えているらしいです(笑)

現在は2034年まで大統領に選出されるように憲法を改正し、典型的な独裁政権を強いています。過去の独裁者「ヒトラー」や「スターリン」と違う点は、カガメ大統領は開発独裁↓という独裁体制をとっていることです。

開発独裁

「貧困から脱却するためには工業化が必要である!!!内戦したり数年ごとに大統領が変わるようでは工業化は一生実現しない!なので私が独裁者として君臨しこの国を成功に導いてみせる!!!」という感じの、(少なくとも外見上は)何か上手くいきそうな独裁体制をとっている。

過去の開発独裁の例

最後に、過去に開発独裁を行った権力者がどうなったのかをみてみましょう。

開発による国民生活の向上を訴える
→圧倒的な民衆の支持を得る
→開発政策は一部の親族企業や外国資本と癒着する
→大部分の国民には利益は還元されない
→逆に生活環境の悪化をもたらす

韓国の李承晩、フィリピンのマルコス、インドネシアのスハルト、イランのパフレヴィー政権などがその典型例とされています。

カガメ大統領率いるルワンダ・・・ほんとに大丈夫か?

おわりに

今回はルワンダでの「フツ族」と「ツチ族」の内戦に注目しました。

1994年と言ったらまだ25年前の話であり、そこらの大人にとっては歴史というよりは思い出くらいのイメージだと思います。

将来ルワンダに行かれる方はくれぐれもお気をつけください(←ぼくです

ルワンダ
最新情報をチェックしよう!