【おもしろい豆知識】音楽の都『ウィーン』は英語ではありません

ウィーンはドイツ語、英語では"Vienna"と呼ぶ

ウィーン オーストリア

ウィーンと言えば「ウィーン少年合唱団」などでも知られる音楽の都ですよね!!?

ウィーンにはモーツァルトが実際に住んでいたアパートなどもあり、そこではモーツァルトが実際に書いた楽譜などを見ることができます。

ヨーロッパ ブログ
筆者
しかし、あまり知られていないのが「ウィーン」はドイツ語だという事です!!!

ドイツ語なので、もちろん英語圏の人には通じません。

I’d like to go to ウィーン.と言っても英語圏の人には通じません。

既に経験済みです(笑)

では何と言えばいいのか、ずばり"Vienna"(ヴィエナ)です。

ウィーン オーストリア

昔、チェコの宿で一緒の部屋になった中国人女性と一緒に食事に行って「次はどこに行くの?」と訊かれて、当たり前の顔で

ヨーロッパ ブログ
筆者
I’ll visit ウィーン tomorrow !!

と言いました。すると

女性「え、ウィーン?ヴィエナのこと?」

と訊かれ

ヨーロッパ ブログ
筆者

ヴィエナ?そんな場所知らんで。

ウィーン、ウィーーーーン!!!

どこと間違ってんのかな(笑)

と自信満々に言って何となくその場は収まりました。

後で調べて顔が真っ赤です。

これと同じ例で「ミュンヘン」もドイツ語で、英語では"Munich"(ミュニッヒ)です。

間違えないようにしましょう(笑)

ウィーン 英語 ドイツ語
最新情報をチェックしよう!