建築様式 西洋建築

【西洋建築】建築様式の種類と風土による建築様式の違い

はじめに

RYOです

今回は西洋建築を学ぶ上での基本、建築には直接関係なさそうな基礎知識を先に書いておきます。

単にギリシア建築、ローマ建築、ゴシック建築などを学ぶよりも建築様式の種類や風土を頭に入れている方が理解しやすいと思います。

建築様式の種類

そもそも建築様式とはどういうものなのか?

一言で言うと「特徴」です。

難しく言えば「特定の作品や作品群に固有の芸術表現上の特徴」とも言えます。

例えば「あーこれはギリシアっぽいな」とか「お、これはロココやな」とかを決定付けるヒントです。

今回紹介するのは主に8種類です

成立した順に列記していくと

ギリシア→ローマ→ロマネスク→ゴシック→ルネサンス→バロック→ロココ→新古典主義→ネオシリーズ

です。そしてネオシリーズの次に「近代建築」が続きます。

一般的に

古典建築:ギリシア建築とローマ建築

中世建築:ロマネスク建築とゴシック建築

近世建築:ルネサンス建築からネオシリーズ建築まで

と分類されます。今回はゆるふわ歴史なので大きくまとめています。

各建築様式の詳しい説明は別記事で書きます。

風土による建築様式の違い

西洋建築

著書『西洋建築の歴史』の筆者は「その土地の風土が建築様式に大きな影響を与える」と考えています。一見すると難しいですが、まあ当たり前のことです。

雨が多い日本、雨の降らない砂漠地域、平均気温の高い赤道直下、平均気温の低い北極圏。
同じ建築様式なはずがありません!

これが大前提です。

その上で、主に西洋建築は

「地中海世界に起源をもつ古典建築の系統」

「アルプス以北に起源をもつ中世建築の系統」

に分けることができます。

つまりヨーロッパのアルプス山脈以南以北↓で建築様式を大別できます。
※上の地中海世界とはアルプス以南と一緒だとお考え下さい

つまり西洋建築の舞台はアルプス以南の地中海世界アルプス以北とに分けて考える必要がある、という事です。

地中海世界の風土

西洋建築

地中海世界(アルプス山脈以南)の風土の特徴を羅列します。

地中海世界の風土の特徴

※早い話、地中海世界がどれだけ過ごしやすく気持ちの良い地域なのかを説明しています(笑)

・年平均気温は東京より4度高い

・年降水量は東京の四分の一

・アテネ(ギリシャの首都)の年日照時間は東京よりも800時間多い

・一年のうち237日が日の出から日没まで雲一つない快晴に相当(笑)

・アテネの年間晴天日数は年300日を下らない

・ギリシャは温暖で太陽の光にきわめて恵まれた地域

・湿度も少なく、大地は乾燥し、大きな森林は育ちにくい代わりに雑草が繁茂せず害虫が発生しにくい

まあ一言で言うと「とっても過ごしやすい風土」という事です。

陽光は物体の表面に光と影という強い対比を生じさせ立体感を際立たせ、また地中海世界では空気が乾燥しているので、遠くからでもモノの形がはっきり見えます。

なので単純な建築物ほど存在感が増します

西洋建築

西洋建築

西洋建築

アルプス以北の風土

※地中海世界とは真逆です・・・

西洋建築

アルプス以北世界の風土の特徴を羅列します。
※これらは何度もヨーロッパに行った僕も納得です

アルプス以北世界の風土の特徴

※早い話、アルプス以北の世界がどれだけ鬱になりそうな、テンションが上がらない地域なのかを説明しています(笑)

・アルプス以北の風土は陰鬱

・6月から9月までが夏で快適、一部曇り

・冬は長く、非常に寒く、風が強く、ほぼ曇り

・10月も半ばを過ぎる頃から鉛色の雲が重く垂れこめる

・10月のパリの平均気温は東京より6度低いので、すでに冬間近

・12月のパリの月平均日照時間は東京の四分の一

・朝は9時頃から明るみ、夕方の16時ごろには暗くなり始める

・太陽の高度が低いので、たまに陽が差しても弱々しい

などなど、一言で言うと「テンションが全く上がらない風土」です。

陽が差しても弱々しいので、冬のヨーロッパの薄暗がりの中ではものの輪郭がはっきりせず、個々のものそれ自身の性格や立体性が不明瞭になり色彩は鈍り全てが抽象化されます。

また、当時のアルプス以北のヨーロッパの大地の大半は森で(今では想像できませんが・・・)、森は獣や盗賊、妖精など得体の知れない魔物が潜み、一度迷い込んだら二度と生きて帰れないと考えられていた恐ろしい空間でした。

また、森は湿気を蓄えるので頻繁に霧を発生させ見通しを一層悪くします。

アルプス山脈以南の建築に比べて、外見の存在感よりは、建物の中に入ってからの見た目を重視しなければならなかった。

なのでアルプス以北の建築は、抽象性と内向性、神秘性が表現されています。

西洋建築

西洋建築

おわりに

まずは基本情報として、建築様式の種類と風土による建築様式の違いを述べました。

ギリシア建築やゴシック建築など、これらの風土の違いを知っていればより理解が深まると思います。

上記の内容は「西洋建築の歴史」からの抜粋ですが、もう一つの参考書である「西洋建築様式史」に書かれてあった前提概念も共に理解して頂ければ、さらに理解が深まると思います。

ですので合わせてこちらもお読みください↓(タイトルは難しそうですが、書いてあることは非常に単純です)

西洋建築を理解するための前提概念

建築様式 西洋建築
最新情報をチェックしよう!