ユダヤ人迫害の歴史をわかりやすくまとめてみました

はじめに

RYOです

今回はユダヤ人迫害についての歴史をなるべくわかりやすくまとめてみました。

我々が知っている最も有名なユダヤ人と言えば、物理学者アインシュタインやアンネの日記の作者アンネ・フランクでは無いでしょうか?

ユダヤ人迫害の歴史を振り返ると、西暦132年の「ディアスポラ」以来ずっとユダヤ人は迫害を受けてきたという事になります。

先にこちらの記事↓を読んだ方が断然理解しやすいと思うので、時間があれば読んでください

『ユダヤ教』についてできる限り簡単にまとめました

では始めます。

ユダヤ人の乱離拡散『ディアスポラ』

さて、ユダヤ人迫害の歴史はここから始まると言っても過言ではありません。

ユダヤ教徒の聖典タナハには「ユダヤ人は神から選ばれた民である」と書いてあり、ユダヤ人はモーセが神から与えられたルール(十戒(じっかい))をしっかり守っているユダヤ人のみが救われるという選民思想を持っています。

神と人間

これはユダヤ教の聖書タナハ(キリスト教視点での旧約聖書)に記されているお話で、作り話でも仮の例え話でもありません。

遠い遠い昔、神(ヤハウェー)が「光あれ」と言って世界をつくり、同時にアダムエヴァという人類を作りました。

しかしアダムとエヴァは好奇心から、神から食べるのを禁止されていた禁断の果実(善悪の知識の実)を口にし、神に天上の楽園から追放されました。

我々人類は、その神を裏切ったアダムとエヴァの子孫というわけですね。

神がユダヤ人にパレスチナの地を与える

ノアの箱舟の話や、ヴァヴェルの塔の話、ソドムとゴモラの話などを経た紀元前17世紀頃、神は現在のユダヤ人の先祖アブラハム(アダムとエヴァの子孫)にカナンの地(現在のパレスチナ)を永遠に与えると約束しました。

(アブラハムが神に忠誠心を見せるために息子イサクを神に捧げようとしている場面)

これにより「ユダヤ人の居場所=パレスチナ」となりました。つまりパレスチナは、神が正式にユダヤ人に与えた場所なのです。

ユダヤ人の聖地

紀元前10世紀以降では、ダヴィデ像で知られるダヴィデの子、ユダヤ人のソロモン王が十戒を祀った神殿(ソロモン神殿)をエルサレムに建設しますが当時の大国「新バビロニア」に破壊され、それを受け継いだユダヤ人のヘロデ王が1,000年後に再び大神殿を建設するも当時の大国「古代ローマ帝国」に再び破壊されます。

現在のユダヤ教の聖地として知られる嘆きの壁は、この破壊されたソロモン神殿の一部だと言われています。

紀元前後では、古代ローマ帝国に支配され、二度のユダヤ戦争を起こすも圧倒的な勢力に制圧され、ついにユダヤ人は神との約束の地カナン(現在のパレスチナ)から追放され地中海各地に離散していくことになりました。

このユダヤ人の乱離離散をディアスポラと言います。

このディアスポラ以降、帰る地を失ったユダヤ人の悲しい歴史が始まります。

啓典の民『ユダヤ教&イスラム教』

ディアスポラから時は経ち、7世紀にアラビア半島に興ったイスラム教(開祖ムハンマド)は瞬く間にパレスチナを含む西アジアを支配するようになりました。

そうです。

イスラム教は、ユダヤ教徒やキリスト教徒の聖地(パレスチナ=エルサレム)をも支配するようになったのです

※エルサレムはパレスチナという地域にある一都市

これはユダヤ教徒やキリスト教徒からすれば面白くないですよね。自分らの聖地が後からポッとできた新興宗教に支配されているのですから。でも逆らえません、敗者は。

しかし普通ならイスラム教の支配下に入ったのなら、イスラム教以外の他宗教は迫害を受けてもいい所なのですが、イスラム世界ではユダヤ教徒もキリスト教徒も啓典の民として迫害はありませんでした。

啓典の民

同じ神から啓示を受けた仲間

ユダヤ教もキリスト教もイスラム教も呼び方は違えど、信仰している神は同じ神です。ユダヤ教は神をヤハウェーと呼び、キリスト教はゴッドと呼び、イスラム教ではアッラーと呼ぶだけです。

ユダヤ教ではモーセが、キリスト教ではイエスが、イスラム教ではムハンマドが同じ神からそれぞれ啓示を受けただけなので、これら3宗教は兄弟みたいなものだと思っています。

「異教徒の場合、多少の税金はプラスでもらうけど、基本的に仲間とは争わないよ」というスタンスです。

※しかし中世ヨーロッパのキリスト教世界では異教徒としてユダヤ教・イスラム教を厳しく弾圧し迫害します

やりたい放題の十字軍遠征『キリスト教 VS イスラム教』

この十字軍がほんと無茶苦茶で、大規模なユダヤ人迫害が始まったのは十字軍遠征以来とも言えます。

十字軍遠征を一言で言うと

「聖地奪還」という大義名分を持ったキリスト教勢力が200年に渡って7回もイスラム教圏に侵略し大虐殺を行った事件

で、合わせて「カノッサの屈辱」についても記しておきます↓

「カノッサの屈辱」って知ってる?

話は十字軍遠征に戻り、当時イスラム教圏が勢力を伸ばしており、その勢力に脅かされていたキリスト教国「東ローマ帝国」がキリスト教のトップであるローマ教皇に援軍を要請します。

東ローマ帝国「イスラム教圏が攻めてきやがった!!教皇様、援軍をお願いします」

教皇「我々の聖地エルサレムをイスラム教圏から奪還するのだーーー(俺の権力を知らしめるいい機会だ、むふふ)」 

聖地奪還という大義名分を打ち立てて、胸に十字が書かれた兵士(=十字軍)を編成します。

結局200年に渡って7回も遠征(1096年~1270年)していたので、兵士の士気は最低、規律もほとんどなく第4回目以降は好き放題するだけのただの強盗集団のようになっていきました。

第一回目の遠征だけ試しに見てみましょう↓

 

【第一回遠征】1096年

フランス/ドイツ/南イタリア諸侯を含めた十字軍

十字軍、エルサレム奪還成功!

(え、いきなり!?(;・∀・))

第一回目の遠征で当初の目標達成です。

このエルサレム奪還の際に、十字軍によるエルサレムでの大虐殺が起きました。

十字軍兵士は当時エルサレムにいたイスラム教・ユダヤ教の非戦闘員も含めて7万人以上を大虐殺し略奪しまくりました。その中には外見がヨーロッパ人と違うというだけで異教徒とみなされて殺されたキリスト教徒も大勢いました。

 

もはや啓典の民とか言っている場合ではありません。

結局、十字軍遠征は大失敗に終わり十字軍遠征を指揮した教皇の権威が失墜し、フランス国王に逮捕され獄中で憤死します。

この十字軍遠征が現在も続くキリスト教徒 VS イスラム教徒という構図の元になっていきます。

イスラム教徒からすれば十字軍遠征でキリスト教徒がやった数々の悪行を忘れることなんてできないんです。

そしてイエスを救世主として認めないことから、十字軍時代以降ユダヤ人が主にキリスト教徒に迫害され始めます。

お金持ちだったユダヤ人

ユダヤ人 歴史 迫害

基本的にユダヤ人はディアスポラ以降、裕福な民族でした。

それはなぜか?

ユダヤ人ばかりが金融業を営んでいたから

です。ではなぜユダヤ人だけなのか?理由は主に2つあります。

1. キリスト教もイスラム教も金貸しは汚い仕事として(戒律として)禁止されているから

2. 差別の対象であるユダヤ人は他に就ける仕事が無かったから 

です。という事で、金融業は忌み嫌われていたので基本的に金貸しはみんなユダヤ人でした。

ピンチをチャンスに変えたユダヤ人だけが金融業を営み私腹を肥やしていき、貧しいキリスト教徒などの憎しみを買っていくことになりました。

黒死病『ペスト』とユダヤ人迫害

ユダヤ人 歴史 迫害

1346年から1347年にかけてヨーロッパでは黒死病(ペスト)という恐ろしい病気が地中海各地に広がり、マルセイユやヴェネツィア、フィレンツェ、ロンドン、北欧、ポーランドなど恐ろしい伝染力で一気にヨーロッパに広がりました。

大流行は1370年頃まで25年ほど続き、ヨーロッパ全体での犠牲者は総人口の1/4~1/3と言われています。

当時の人々は大流行の原因が分からず、一部では

「ユダヤ人が井戸に毒をまいたからだ!!!」

と、当時キリスト教世界で偏見を持たれていたユダヤ人を根も葉もない噂で犯人扱いし、その勢いでユダヤ人を虐殺しました。

それでなくともユダヤ人に対する迫害が激しくなっており、1287年にはイギリスのエドワード1世は国内のユダヤ人を全て捕らえ、身代金を払わせた上で国外追放したりもしていました。黒死病が流行すると、ドイツ・スイス・フランス・スペインなど各地でユダヤ人が捕らえられ、私刑に遭って殺害されたりもしました。

スペインでのユダヤ教徒追放令

ユダヤ人 歴史 迫害

十字軍から時代は少し遡ります。

8世紀からイスラム教徒は徐々に勢力圏を拡大していき、それはスペインのイベリア半島にまで及びました。

スペインのイベリア半島も元々はイスラム教圏に支配されており、ジズヤ(税)を負担させながらもユダヤ教徒・キリスト教徒とイスラム教徒がある程度平和に共存していました。

しかしレコンキスタ(国土回復運動)と呼ばれるイスラム教徒に対するキリスト教徒の反撃運動が起きました。レコンキスタとはスペイン語で「再征服」の意味で、一度奪われた土地(イベリア半島)を再びイスラム教から取り返そうという運動です。

激しいレコンキスタにより、イスラム教徒はどんどん領地を失っていきました。

1492年(コロンブスが大西洋横断に成功した年)、遂にレコンキスタが完成しスペインからイスラム教徒が完全に追い出されようとしました。。

しかし!!

「我々イスラム教徒は、政治権力は引き渡してもイスラム教を守り、また衣装/習俗/言語など自分たちの伝統を守って今まで通りイベリア半島に居住する!」

という超寛大な条件を勝ち取ったのです。

つまり割と平和的解決で落ち着いたのです。喧嘩はしても同じ屋根の下で暮らし続けれます、イスラム教徒は!

しかしユダヤ教徒に対しては、イスラム教徒よりも遥かに厳しく扱いました。

レコンキスタが完成すると同時に、一方ではイスラム教徒に居住権を認めながらもユダヤ教徒に対しては追放令を出して完全に国外へ追放しました。

キリスト教に改宗して残るかイベリア半島を離れるか

を迫られ、大多数はイベリア半島を離れました。

よほど金貸しのユダヤ人に対して嫉妬や恨みつらみがあったのでしょう。

フランス革命で一時的にユダヤ人の人権が認められるが・・・

1789年に起きたフランス革命で、ようやく市民が絶対王政のブルボン朝を倒し、フランス人権宣言を発表しました。これはアメリカ独立宣言やルソーの啓蒙思想(キリスト教世界観や封建的思想を批判し、人間性の解放を目指す思想)があったおかげです。

「朕は国家なり」で有名なルイ14世もさぞ驚きでしょう。

人権宣言というくらいなので、十字軍遠征当初(11世紀中ごろ)から700年もの間キリスト教世界に迫害され続けてきたユダヤ人に対する感情も治まりつつありました。

ここで一度基本に立ち返りましょう。そもそもユダヤ人の概念がとても曖昧なんです。

ユダヤ人

ユダヤ人とは「ユダヤ教を信仰する人」を指すので、ディアスポラ以来世界各地に離散したユダヤ人は特定の地域に住んでいる人とか特定の外見的特徴のある人とかでは区別できないようになりました。 

なので「ユダヤ人」という概念自体もあやふやで、「私はユダヤ人です」と宣言しなければ、もはや誰がユダヤ人で誰がキリスト教徒かも分からなくなってきていました。

自ら「ユダヤ人」だと宣言した人の中には、金融業で成功し現在も世界に強い影響力を持つ「ロスチャイルド家」や科学者の「アインシュタイン」、思想家の「マルクス」などがいます。

人権宣言で一時的にはユダヤ人の人権も認めようという動きが見られましたが、事実は小説よりも奇なりです。

ヨーロッパ各国が「もっと植民地を増やそう」とか「もっと大きくて豊かな国にしよう」とか「もっと領土を拡げよう」という動き(=帝国主義)に傾き、その恰好の攻撃目標とされたのがユダヤ人でした。

つまり

「○○国にはユダヤ人が多く、奴らは金貸しで汚い連中だーー奴らを制圧するのが我々の使命だーー」

とか

「我が国の民衆は苦しい生活を強いられているのに、ユダヤ人だけがお金を儲けてやがる。みんな、ユダヤ人どもは世界の害虫なんだ!!」

などの反ユダヤ主義が再び高まってきました。この攻撃目標にされたのはユダヤ人に限らず黄色人種やロマなどの少数民族にも当てはまります。

しかし一番大事なことは、これらの反ユダヤ主義は

政府への国民の不満を逸らす目的だったり他国に侵略する口実に使われた

という事です。いわゆるスケープゴート的な存在で「とりあえずユダヤ人叩いてたら上手くいく」的な感じです。

ポグロムとドレフュス事件

そして遂に時代は19世紀後半~20世紀前半になります。

ロシアでも上で述べたように、国内の不満を逸らす目的でユダヤ人に対する集団暴力・集団虐殺が始まります。これをポグロムと呼び、ロシア語で「略奪・破壊・虐殺」を指します。

しかも日露戦争に敗北してからは「愛国的ポグロム」もなされ、この言葉は後のナチスドイツのホロコーストにも用いられるようになりました。

また1894年のフランスではユダヤ系のドレフュス大尉が(彼がユダヤ系という理由だけで)ドイツのスパイ容疑をかけられ、大尉は強く無罪を訴えましたが軍法会議で有罪となる事件がありました(=ドレフュス事件

さすがにこの判決には「ユダヤ人に対する差別がある」として、再審に次ぐ再審で有罪→無罪→有罪→・・・を繰り返し結局、大尉は12年後に無罪が確定しました。

数あるヨーロッパ諸国の中でも、特にフランスは根強いカトリック教国で、「ユダヤ人=イエスを裏切ったユダの子孫」という単純な憎悪があったのですね。

このドレフュス事件を経て、当時ジャーナリストとしてパリにいたユダヤ人ヘルツルは

「ユダヤ人にとって、やはりヨーロッパも安住の地ではない。我々の故郷であるパレスチナ(神がユダヤ人に与えた地「カナン」)に還ろう」

という運動を始めました(=シオニズム運動

イギリスの三枚舌外交【WW1】-バルフォア宣言-

とうとう聞いたことのあるワードがちょいちょい出てくるようになりました(笑)

バルフォア宣言。まさかこんなヒドイものだったとは・・・

まず「バルフォア宣言」を一言で言うと

イギリスがユダヤ人の金銭的支援を目的に、戦後はパレスチナの地をユダヤ人に与えると約束した宣言

です。ではイギリスの三枚舌外交の中身を軽く見てみましょう

まず登場人物は「ユダヤ人・アラブ人・フランス・イギリス」の4者で時は第一次世界大戦中です。

第一次世界大戦の強国と言えばイギリスで、そのイギリスは現在の中東~トルコ辺りを支配していた昔のローマ帝国並みに強かったオスマン帝国打倒を夢見ており、ユダヤ人・アラブ人・フランス人の3者とそれぞれ矛盾する約束を交わします。

※かのパレスチナもオスマン帝国領です。

ユダヤ人には

ディアスポラ以来、自分たちの国をもたないが故に迫害されていたユダヤ人の心情を逆手に

「いやーユダヤ人さん、もしお金を援助してくれたら第一次世界大戦後にはパレスチナの地にユダヤ人の国家を建設します!元はあなた達の土地ですもんねーーーだからお金ちょうだい。ね?ね、ね、ね?」

→ユダヤ人からの金銭援助狙い(バルフォア宣言)

アラブ人には

自分たちの国がオスマン帝国の支配を受けていたアラブ人の心情を逆手に

「いやーアラブ人さん大変ですね。今はオスマン帝国領になってますけど、本当は自分たちの国が欲しいでしょう?こんなオスマンなんかに任せてていいんすか?もし内紛を起こしてくれたら、オスマン打倒後にはパレスチナに自分たちの国を作っていいですよ。だから内紛起こして。ね?ね、ね、ね?」

→アラブ人の反乱狙い(フセイン=マクマホン協定)

フランスには(当時は同盟国)

同盟国のフランスに対しても

「おれらが第一次世界大戦で勝ったら領地は山分けっしょ!当然」

→同盟国としての協力/援軍狙い(サイクス=ピコ協定)


これが現在のパレスチナ問題の原因にもなっています。結果、第一時世界大戦後はイギリスがパレスチナを統治しました。

つまりアラブ人もユダヤ人も自分たちの国家を建設したがっていたので、それをエサにイギリスに協力させたわけなんです。

これによりアラブ人とユダヤ人の深刻な殺戮劇場の幕が上がりました。

お互いが、パレスチナは自分たちの土地だと思っているからです。

ナチス・ドイツによるユダヤ人大虐殺【WW2】

そして皆さんご存知、ナチスのホロコースト(大虐殺)が始まります。

1930年代のドイツに登場したヒトラーのナチ党によって、超組織的かつ強圧的なユダヤ人迫害が始まり、第一次世界大戦で敗北したドイツの民衆の不満の矛先を全てユダヤ人に向けさせました。

これ以上↓はあまり詳しく語りませんが

1.ユダヤ人は悪魔の子
2. 世界恐慌以来ドイツ経済が窮乏しているのはユダヤ人のせい
3. ユダヤ人が持つ資本で世界征服を企んでいる
4. ドイツ人の優秀な血をユダヤ人どもから守らねばならない
5. ユダヤ人は共産主義的思想を持っている
6. ユダヤ人はテロに走りやすい

など、科学的根拠の全くない強烈な反ユダヤ主義を展開しました。ナチスはこのユダヤ人迫害を

ユダヤ人問題の最終的解決

と呼んでいました。つまり「ユダヤ人は存在しているだけで既に問題である」という意識をナチス党は持っていたのです。

第二次世界大戦が始まるとユダヤ人を収容する強制収容所を国内に数多く造り、中でもアウシュビッツ絶滅収容所やベルゲン・ベルゼン収容所でガス室に送られたり病死したり、衰弱死したりして約600万人のユダヤ人が犠牲になったと言われています。

ある善良なキリスト教徒が、人間の皮を被った悪魔と恐れられていたアドルフ・アイヒマン(ユダヤ人大虐殺の責任者)に

「なぜユダヤ人を殺すのか!彼らは何も悪くないじゃないか」

と詰め寄ったところ

「君はキリスト教徒だろう?それならば君たちの神イエスを裏切ったユダヤ人を殺すのになぜ反対するのか?ユダヤ人を排除している我々こそが正義だろう?ニヤッ」

と言った、と言われています。 

イスラエル建国と中東戦争『ユダヤ人 VS アラブ人』

しかし、ユダヤ人は数えきれない迫害の歴史を乗り越えて遂に独立します。

それが1948年に建国した現在のイスラエルという国です。イスラエルという国家は、ユダヤ人にとって長い間求めてきた『帰る家』なんです。

イスラエル建国以降世界中のユダヤ人がイスラエルに戻り、それによりユダヤ人迫害も減少傾向にあり、現在では逆にパレスチナの領有権を巡ってアラブ人VSユダヤ人の戦争が始まりました。これが中東戦争です。

アラブ諸国とイスラエルの対立は周辺の国々や世界の大国も巻き込んで現在も続いています。

おわりに

一応これで「ユダヤ人迫害の歴史」とさせて頂きました。

実際にはもっともっと数えきれないくらいのユダヤ人迫害に関する事件がありましたが、その中でも特に知っておいてもらいたい部分のみを抜粋して「わかりやすくまとめてみました」としました。

火のない所に煙は立たぬと言いますが、ユダヤ人が100%被害者とは言えませんが99%は被害者であるとの持論は持っています。

特に大虐殺はキリスト教徒によって行われ、そのキリスト教徒たちが最後の審判で天国に行くのかと不思議な気持ちです。