【キリスト教】カトリック/プロテスタント/東方正教会の違い

キリスト教 宗派

宗教は古代から世界中の人々の生活に根ざして信仰されたり利用されたりしてきました。

その中でも現在の世界最大宗教といえばキリスト教です。

キリスト教は主に、

・カトリック

・東方正教会

・プロテスタント

の3種類に分けられます。

※実際の分派はとても多いので大きく分けてこの3つにしました。

今回はその三者の違い及び歴史をお話します。

本記事の構成は以下の通りです↓

➀キリスト教とは
ー㋐カトリックの概要
ー㋑プロテスタントの概要
ー㋒東方正教会の概要

②キリスト教の儀式や行事

③分裂の歴史

では始めます!

キリスト教とは

ユダヤ教 旧約聖書 歴史

キリスト教はもう説明する必要もないくらい有名ですよね。

紀元前7~4年ごろ、ユダヤ教徒の女性マリアが処女なのに懐妊して産まれた子供がイエスです。

なのでイエスもユダヤ教徒でしたが、30歳くらいから「神様を信じればみんな救われるよ~」と説いて徐々に信者を増やし、ユダヤ教と異なる形で形成されていったのがキリスト教です。

ヨーロッパ ブログ
筆者
ユダヤ教の教えでは「神は十戒を素直に守るユダヤ教徒しか救わない。異教徒の人間は神に見捨てられますよ」とされているようです。

話すと長くなるのでだいぶ割愛しますが、要するに「神様を信じる者は全員平等に救われる」と説いて世界中に爆発的に普及したのがキリスト教です。

関連記事

さて、遂にこの単元にやってきたかという感じです。世界を周るうえで必ず知っておくべき知識の一つ、それは宗教の基礎知識で宗教上のルール違反等を勉強せずに世界を旅することは危ないし勿体ないです。筆者今まで色んな[…]

キリスト教 歴史

ではカトリック/東方正教会/プロテスタントの簡単な概要を記します。

カトリックの概要

カトリック教会は「ローマ・カトリック教会」とも「ローマ教会」とも呼ばれ、

ローマ帝国の国教となったキリスト教を管理・運営してきた歴史を持つ教団

です。

カトリックの最大の特徴は、

ローマ教皇を全教会の頂点とした完全なピラミッド型の組織である

という点です↓

ピラミッドの頂点にあたる教皇は、イエスから天国の鍵を授けられた使徒ペテロの後継者で、地上におけるイエスの代理者とされています↓

カトリック ピラミッド

当然、教えの根幹にかかわることに最終的な決定権を持つのもこの教皇です↓

カトリックは儀式や伝統を聖書と同じように重んじるのも特徴です(プロテスタントは聖書の教えだけを信仰のよりどころにします)

ブログ アイコン
筆者
儀式や伝統を重んじるというと聞こえはいいですが、つまりピラミッド構造を崩したくないだけとも言えるわけですね。
※ローマ法王とも言いますが、現在では「法王」より「教皇」と呼ぶ方が一般的です。

プロテスタントの概要

16世紀後半にルターやカルバンの宗教改革に端を発したプロテスタントは、

カトリック特有のピラミッド型組織を批判する形で誕生しました。

16世紀後半に、カトリックが資金集めのために贖宥状(しょくゆうじょう=又は免罪符)を販売して悪質な金儲けをし出したのが全ての始まりでした↓

バロック建築

これに反発したルターやカルバンらによって、新たなプロテスタントという宗派が形成されていったんですね。

プロテスタントでは、神のもとではみな平等という立場から『神と個人は直接関係を持てる』とされています。

カトリックは儀式や伝統を聖書と同じように重んじているのに対し、プロテスタントは聖書の教えだけを信仰のよりどころにします。

なので教会もかなりシンプルで「わお大聖堂!!!」って感じの金ぴかはありません。

中田敦彦の動画でも言ってましたが、「豪華な装飾が施されている教会」は大抵カトリックです↓

ヨーロッパ ブログ
筆者

内装にお金かけて信者を集めるなんて外道、という感じですよね

どうせその内装工事のお金も信者たちから集めた寄付とか税金やし…

バロック建築編でも書きましたが、このように信者がプロテスタントに流れるのを阻止するためにバロック建築は超豪華になったのです↓

バロック建築 豪華

東方正教会の概要

東方正教会(とうほうせいきょうかい)は、

11世紀半ば、ローマ大司教が法王になることに反対したコンスタンティノープル大司教がつくった教団

です。

1054年にローマ・カトリック教会から正式に分離しました。

ブログ アイコン
筆者
現在はロシア正教、ギリシア正教、ルーマニア正教、セルビア正教、アルメニア正教など数多くの正教会が存在します。

上記のように、各国あるいは民族ごとに正教会が形成され、「主教」のもと、それぞれ独自に活動を行っています。

カトリックと違い、全体的な首長を戴いたり、ピラミッド型組織を持つことを認めていません。

東方正教会はキリスト教派の中でも最も伝統を忠実に重んじる教会だと言われています。

東方正教会の特徴は、

古カトリック教会の伝統に忠実で、政教一致、聖俗一致、霊肉一致を主張している

ところです。

正直、

ブログ アイコン
筆者
はぁ?

って感じなので、もう少し詳しく説明しました↓

政教一致:宗教と政治が一体化している統治システム

聖俗一致:聖職者と俗人を区別しない考え

霊肉一致:霊魂も肉体も共に大切だとする思想

こう聞いてもまだ

男の子 イラスト
読者
まだわかりにくいねん、一回キレよか?

ってなると怖いのでもう少しだけ詳しく説明します↓

ぼくも深く理解していないので間違っていたらごめんなさい、その場合は是非コメントで教えてください。

政教一致

正教会 キリスト教

政治と宗教が切り離されていないので、「神はこうおっしゃってます」的な基準で政治も進めていきます。

例えばイスラム教国家では、クルアーン(=コーラン)があってその下に「イスラム法」という法律があるので、これは完全に政教一致してますね。

聖典クルアーンの内容は変更できないので、イスラム教国家では永遠にクルアーンの教えの通りに生きる必要があります。

聖俗一致

正教会 キリスト教

聖俗が一致しているので、カトリックのように「おれは大司教だ、ひれ伏せ‼」のように聖職者と一般ピーポーを区別しません。

まさにカトリックとは正反対の方針ですね。

霊肉一致

正教会 キリスト教

これが日本人にはわかりにくいんですが、本来キリスト教では肉体は罪悪の根源であり、天国は精神の中にだけあると考えているようです。

【聖書の人間観】人間=肉体+魂(霊)

なぜなら我々人類は、神との約束を破って善悪を知る木の実を食べて楽園から追放されたアダムとイブの子孫だからです。

そして、キリスト教の世界では人類滅亡の日(最後の審判)が来ると、イエスが神として再び現れ、全ての人間(の魂)を「天国行きと地獄行き」とに分ける裁きがあるとされています。

こういったことから、

肉体=罪深い

魂=救済がある

と考えられてきたのです。

しかし東方正教会ではそんな肉体も魂もどっちも大切にしようって事なんですね、たぶん(笑)

カトリック 東方正教会 プロテスタント
最新情報をチェックしよう!