実はおもしろい【ユダヤ教】日本から出る前に知っておくべき知識

ユダヤ教 旧約聖書 歴史

さて、遂にこの単元にやってきたかという感じです。

世界を周るうえで必ず知っておくべき知識の一つ、それは宗教の基礎知識で宗教上のルール違反等を勉強せずに世界を旅することは危ないし勿体ないです。

今まで色んな本とか論文とか読んで自分なりになるべく簡単にまとめたつもりですが、それでも難しかったらすみません。

ユダヤ教・キリスト教・イスラム教

ユダヤ教・キリスト教・イスラム教はそれぞれ同じ神を信仰し同じ聖地を持っています。

これを聞いても「え?(・。・;そうなの?」と思う方はもう少し説明をご覧ください↓

» ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の関係性について

世界の三大宗教と言えば

・キリスト教

・イスラム教

・仏教

になります。

しかし今回のシリーズでお話するのは

・ユダヤ教

・キリスト教

・イスラム教

の3つです。

なぜか。

後で出てきますが、この3つの宗教は同じ神、同じ聖地を持つからです。

ちなみにこの3つは三大一神教と呼ばれています。

※「ヤハウェ(ヘブライ語)」「ゴッド(英語)」「アッラー(アラビア語)」はそれぞれの言葉で「神」を意味するからです。

多くの日本人は「宗教=コワイ」というイメージがあると思います。

賛否両論ありますがぼく的には間違ってはいないと思います。

なぜなら古代から世界の紛争/戦争のほとんどは宗教戦争と言えるからです。

ここまで言うと大げさですが「宗教が関わっていない戦争なんてこの世にあったのでしょうか?」と言えるくらい、宗教と戦争/紛争はセットで考えられます。

» 折りたたむ

という事で、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の大体の関係性をつかめたところで、いざ解説に移りたいと思います!

では始めます(”◇”)ゞ

宗教の元祖『ユダヤ教』

なるべく簡単に流れを説明します。

ストーリーとして大まかに理解されるのが良いと思います。

神が世界を作った

ユダヤ教 旧約聖書 歴史

そう、一番最初はこれです。

神が世界を創造します。

神(=ヤハウェー)はまず初めに「光あれ」と言い、6日間で世界の全てを創造したとされています。

まず一番初めに光と闇を分けました。

「光あれ!!ピッシーーー」

その後6日間の間に空、海、太陽、月、動植物などこの世にある全てを造り、それらを支配(管理)する自分の化身として人間(アダムとエヴァ)を神(=ヤハウェー)の形に似せて造りました。

※「アダムとイブ」とも言いますが、ヘブライ語でイブはエヴァと言います。ただそれだけです。同じ人です。

そして7日目に神は自分の仕事に満足して休みを取り、これが1週間が7日である起源と言われています。

神がアダムとエヴァを楽園から追放する

ユダヤ教 旧約聖書 歴史

恐らく皆さんも耳にしたことがあると思います。

禁断の果実

これは「善悪の知識の木の実」という神が決して食べてはならないと言っていた果実のことで、ずっと自然と共存しながら平和に暮らしていたアダムとエヴァは、ヘビに化けたサタンに騙されてつい食べてしまいました(=神への裏切り)

THE END !!

「善悪の知識の木の実」を食べたアダムとエヴァは、裸でいることが恥ずかしくなってイチジクの葉で股間を隠し始めます。

(/ω\)イヤン

それを見て、禁断の果実を食べたと理解した神(=ヤハウェー)はそんな2人を天上の楽園から追放しました(つまり地上に降ろされた)

この罪深きアダムとエヴァの子孫が我々人類という事になります。

ノアの箱舟で一度人類をリセットする

ユダヤ教 旧約聖書 歴史

アダムとエヴァから始まった人類は、時が経つにつれどんどんと人間臭くなってきました。

人類は嘘もつくし人を陥れ誹謗中傷もするし、殺人もするしと・・・

というか、アダムとエヴァの息子カイン(兄)がアベル(弟)を嫉妬から殺しちゃいます。

いきなりです。さすが人類です。

そしてそのずーーーーっと後(10代後)の子孫である真面目で働き者のノアの元に大天使ガブリエル(基本的に神の言葉を伝えるのがガブリエルの仕事)が舞い降りて言いました。

「神が大洪水を起こすので、ノアは生き残るために今日から箱舟を作りなさい」

嘘をついたり殺し合いを続けるしょーもない人類を一度リセットするために神がノアに箱舟を作らせました。

その間、周りの人間は「洪水なんて来るか!ばーか」と相手にしませんでした。

ノアは神(=ヤハウェー)に命じられて、木材で箱舟を造り、世界中の動物のつがいを一組ずつ乗せて大洪水から守り、箱舟に乗ったもの以外の全ての生き物は死滅しました。

つまり人類の再スタートです!!

バベルの塔がまたしても神の怒りに触れる

ユダヤ教 旧約聖書 歴史

何とか洪水から生き残ったノアが再び清く正しい人類を目指しますが、ノアの5代後の子孫(ペレグ)が再びやっちゃいます。

「おいみんな!神に近づくために塔を建設しようぜヾ(≧▽≦)ノ」

と、バベルの塔の建設を始めます。すると神が

「愚かな人間どもよ、これ以上わしを怒らすでない!ビッシーー」

と塔を破壊し、人類の言語や民族を分裂させました。

言葉や民族が違えばみんなが一致団結できないからです。

アブラハムが神と契約をする(紀元前17世紀くらい)

さて時は経ち、ノアの11代(アダムとエヴァの20代)後の子孫アブラハムは当時遊牧民としてウル(現在のクウェートくらい。諸説あり)にいました。

すると大天使ガブリエルが降臨しこう言いました。

「生まれ故郷を捨てて、カナン(現在のパレスチナ)へ行きなさい」

と。

ユダヤ教 旧約聖書 歴史

迷ったあげくに仕方なく家族を引き連れてカナンの地に向かい、幾多の困難を乗り越えてなんとか無事に到着しました。

ユダヤ教 旧約聖書 歴史

アブラハム「おれ、こっからどうしたらいいの?」

と思っていると再び大天使ガブリエルが降臨します。

「そなたとその子孫に永遠にこのカナン(パレスチナ)の地を与えよう」

と、遊牧民だったアブラハムが神から自分達の居場所を与えられました!!!!

今から4,000年前の話です。

この、アブラハムが神から与えられたカナン(現在のパレスチナ)という地域の中心にある都市がエルサレムです。

↑絶対に覚えておいてください。

つまりこのカナンの地「パレスチナ」が【約束の地】と呼ばれ、パレスチナは神からユダヤ人に与えられた地(←超重要)なのです。

※このお話が現在のイスラエルとアラブ諸国の争いの元になっています(後述します)

ユダヤ教 歴史
最新情報をチェックしよう!