【ヨーロッパ旅行記】パリとモンサンミッシェル【10/24】

はじめに

RYOです(”◇”)ゞ

ヨーロッパ独り旅(2017年)の復習として、フランスの首都『パリとモンサンミッシェル』での滞在を要約して思い出の出来事をつらつら綴りました。

ぼくが初めてヨーロッパを旅したのは2014年1~2月の一ヵ月で、本当に多くの驚きや発見・学びがありました。

今回はそのようなヨーロッパの基礎知識や面白さに絞って、紹介していこうと思います。


» 今回の旅の概要↓(自分語りのどーでもいい内容が大部分です(笑))

ヨーロッパ ブログ
筆者

今回は初テント泊や初レンタカーに加えて、20歳なりたての女子Eと周るヨーロッパ旅やからめっちゃ緊張するわ~

ずっとヨーロッパ行ってみたかったんです!!!

わたしの命、RYOさんに預けます(笑)

2017年は1月23日~3月1日までヨーロッパに行ってきたのですが、今回は東欧のハンガリーやスロヴェニア、バルト三国、アイスランドなど行ったこと無い国を中心に周ってきました(∩´∀`)∩

今回の旅には3つの重要事項がありました↓

➀同伴者

②初レンタカー

③初テント泊

それぞれ説明します↓

» 折りたたむ

» ➀同伴者と共に周ったヨーロッパ

➀同伴者

実は2016年10月終わりに旅好きの可愛らしい女の子(E)と知り合い、お互いに気が合ったのもあってぼくが2017年2月~3月にかけて一カ月ほどヨーロッパに行く予定であるという話をしたところ、

レンタカーとかテント泊とかスゴイ素敵ですね!!!

私も…連いていってもいいやつですか?汗

RYOさんに命預けます(笑)

となり、結局一緒にヨーロッパに行くことになったのです(∩´∀`)∩ウハウハ

キューバ 歴史
筆者
なんかすごいキラキラした目で話とか聞いてくれるし、すごくノリが良く、ぼくもかなりその子の人間性に惹かれていました

しかしこれに対しその子のご両親が大反対!!!

お母様
可愛い娘をヨーロッパなんていう危ない場所に、それに彼氏でもない男と一緒だなんて絶対に有り得ない!!!

となり、結局その子がご両親を説得するという前提で話を進め、ぼくは予定を変えずに一足先にヨーロッパに旅立つことにしました。

そして出国の直前、Eから連絡が入り、

お母さんがRYOさんと会いたいって言ってます。

空港行く前に大阪駅のグランヴィアのカフェでお話してもらえますか?

となったのです(;・∀・) いわゆる、

お母様

うちの娘とヨーロッパに一緒に行く可能性のある男。

大切な娘を預ける男が信頼できる人間かどうかを自分の眼で確認しときたい

ということでした。

ヨーロッパ ブログ
筆者
こういうのって頑固おやじに一方的に罵倒されて終わりのやつやん…

と思いながらも、実際にお母様に会って少しお話し、挨拶してからそのままぼくは一足先にヨーロッパに旅立ったのでした。

確かに日本より安全な国なんてなかなか無いし娘を心配する親の気持ちもひしひしと感じた良い経験でした。

結局、Eがヨーロッパに来れるかどうかはわからないまま、

ヨーロッパ ブログ
筆者

ハンガリーの首都ブダペスト西駅の世界一美しいマクドナルドで○月□日の△△時に集合しよう

もし30分待っても来なかったらご両親から許可が出なかったと認識して一人で出発するから

と言い残して日本を出たのでした。

結局Eとはマクドナルドで会えたのですが、Eのお母様からLINEで、

お母様

父親にだいぶ反対されたようですが、本人の強い希望で娘はヨーロッパに行くことを決心しました。

こうなると、ヨーロッパで頼れるのはRYOさんだけです。

なにとぞ、うちの娘をお願いします!!!

という内容のお言葉を頂き、

ヨーロッパ ブログ
筆者

お任せください!!!

死んでもEのことは守ります!!!

と、中二病さながらの決意と緊張感をもって旅が始まったのでした(笑)

» 折りたたむ

» ②初めてのレンタカーに大パニック

②初レンタカー

そして次にこれ

ヨーロッパ ブログ
筆者
2011年8月某日、ぼくは合宿教習でMT車の普通免許を取得しました
場所はなんと北海道札幌市

値段は高かったですが、札幌で2週間過ごして色々と美味しい物食べたり北海道大学の構内で毎日ランニングとか筋トレし、その後2週間兄貴と共に北海道を車で周遊したので非常に良い想い出ができました。

ヨーロッパ ブログ
筆者

あれから5年半

ミッション車の運転方法なんて完全に頭から蒸発しきったくらいにヨーロッパで運転?

おれ、大丈夫か…?

いつも何かとお世話になっている空手の先輩おじさまに、

先輩おじさま

RYOくん心配やわー

今度ミッションの軽トラ乗って来るし練習付き合ってあげるわ

と提案して頂き、出発直前に練習。

エンストの嵐!!

ブレーキを踏んだ時に訪れる「ブッブッブッブッブ・・・」という音と振動が、いつ来るかわからないエンストの恐怖を倍増する。

今やその”今”は今の直後に来るハズ!!!

バックパッカー

ヨーロッパのレンタカーはほとんどがミッション車で、オートマもありますが結構高いのです。

ハンガリー編でも書きますが、ほんと初めはエライ目に遭いました…

左ハンドル
右手ギア
左足クラッチ
右足アクセル&ブレーキ
キューバ 歴史
筆者
完全に日本と真逆ってわけじゃないのが余計にパニックになりました(笑)

これらが織りなす地獄のハーモニー。

これについてはまた書きます(;^ω^)

» 折りたたむ

» ③ヨーロッパでのホームレス生活

③初テント泊

そして最後に

テント泊について

ヨーロッパ ブログ
筆者
外国でテント泊なんて頭おかしいと思っていたのが懐かしいです

それもこれもオーストリアのハルシュタットでNinaと出会った事で全てが変わりました↓

関連記事

今回は『世界一美しい湖畔の町』と呼ばれるオーストリアのハルシュタット(世界遺産)でまさに奇跡としか思えない事が連続して起きた話をしようと思います。いつ振り返っても思うのはこれです筆者人と人との出逢いってや[…]

旅行記 ハルシュタット オーストリア

ニーナと会ったことで『外国でテント泊』というのが非常に身近に感じハードルが下がったのは間違いありませんし、ほんまに彼女に出会わなければ未だにテント泊という概念すら持っていなかったかもしれません。

(↓筆者撮影)

ヨーロッパ ブログ

ヨーロッパ ブログ
筆者
やはり美しい景色を見る &撮るためにはテント泊が必須という事もよくわかりましたし、高い所まで登ることも大事だと知りました

という事で、今回は雪山登山装備まで持って旅に出かけたわけです。

ガチな雪山登山靴に始まりテント張るための折り畳み式スコップやらペグやらアイゼンまでフル装備でした。

そんなわけで今回は2つのバックパック(それに雪山装備を引っ掛けてました)の重さが40kgを超えるという過去に例をみないほどの重量となりました。

まあ結果的に重すぎる荷物は後悔しか残らないのですが(笑)

» 折りたたむ


という事で、以上3つの緊張感を背負っていざヨーロッパに入ったのでした。

では、是非お楽しみくださいませ(∩´∀`)∩

パリとモンサンミッシェルを駆け抜けた話

過酷な3日間を過ごしたアイスランドから脱出し、ノルウェーの首都オスロ、デンマークの首都コペンハーゲンを経て、遂に華の都パリに到着しました↓

これからパリとモンサンミッシェルを駆け抜けていきます。

あっという間にフランス編を終わらします(笑)

シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内へ(RER B線)

ようやく着きました。

パリの空港に着いたのは夕方過ぎでした。

シャルル・ド・ゴール空港からまずはパリ市内へ出ましょう↓

なるべく安く行きたい、空港から市内へは結構高いんです。

受付の女性に勧められたのは多少面倒くさいけど安い『RER B線』でした。

ちなみに空港から市内への最安手段は、2€で行ける『Easy Bus』です。

しかし安かろう悪かろうで車内の治安的にも問題ありとのことです。

キューバ 歴史
筆者
ちなみに当時知っていたら僕は使っていたと思います(笑)

とにかく、ぼくは10€で市内まで移動できるRER B線を利用しました。

カルトドットという11枚綴り(?)のチケットを買ってそのチケットをバラで使って市内まで行けちゃいます。

詳しいことはまたご自身で調べてください^^;

※追記(2020年7月現在)

Googleで「カルトドット パリ」と調べても検索結果に出ないので、一応わかる範囲で説明します。

カルトドットとは「回数券」のことで、例えば「空港から市内 カルトドット3枚」「市内間バス カルトドット1枚」「市内間地下鉄 カルトドット1枚」という風に、11枚の回数券を利用する交通機関ごとにバラで使っていきます。

パリ市内及び近郊の観光

↑一応こんな記事も見つけましたので参考までに。

RER B線は必ず快速に乗るように、とのことでした。

※各駅停車に乗ると、治安が恐ろしく悪い駅にも停まるので非常に危ないらしいです
ちなみにこんなページも見つけたので、これからパリに行く人は十分に気を付けてください↓

パリ北駅に到着したので、これから地下鉄に乗り換えます。

chartierという超人気レストラン

わーい、Chartier(カルティエ)の最寄り駅に到着しましたーーーー

説明しよう!

Chartier(カルティエ)とは、外食が高いパリにも拘わらずお手頃な価格で、シンブルながらも王道のフレンチが食べられる1896年にオープンした昔ながらの食堂なのである!

き、決まった・・・

人魚姫 コペンハーゲン
筆者
王道のふれん・・・え!!?

※注意

昼過ぎ(12:30以降)からは混雑必至です↑

店の前の列に並ぼうと思ったら、他のお店の行列と思ってたのも全てChartierの客でした。

しかも店の玄関から中へもまだ行列が続いていたので口ぽかーんでした。

何時間待たなあかんの?って感じです

[教訓] 必ず予約してから行きましょう!!!!

Restaurants Bouillon Chartier

Brasseries mythiques à Paris : Montparnasse et Grands Boulev…

ケバブも美味しいよ♡

そう、急遽予定を変更して近くのケバブ屋さんへ。

「フレンチレストラン」→「ケバブ」という少々荒めのハンドルさばきですが、いずれにしろ美味しいからOK

ヨーロッパ ブログ
筆者
フレンチでもケバブでも、美味しい料理はいい料理だ!

(一つでは足りないので2つ頼みました。たぶん15€くらいかな)

余談ですがケバブって実はトルコ発祥じゃない、って知ってました?

関連記事

ケバブの発祥はトルコではなくベルリンだった!!ぼくは大学時代はカヌー部に所属しており、様々な先輩後輩たちに恵まれました。基本みんなとても変わった人間なのですが、その中でも一際変わった後輩がいます。そいつは見た目外[…]

ケバブ トルコ ベルリン

凱旋門は登れます

2年前にも来ましたが、再び凱旋門へ向かいます。

余談ですが、ルーブル美術館から凱旋門へはシャンゼリゼ通りを真っすぐ行けば辿り着けるのです↓

もう一つ言わせてください。

凱旋門はてっぺんまで上ることができます↓

この凱旋門への入り口は意外に見つけにくく、地下鉄の入り口と結構間違えてしまいます。

この↑オッシュ通りとワグラム通りの間の広場に地下に通じる階段があります↓

この通路を進んでいくとチケット売り場があり(=13€)、そこで荷物チェックを受けて凱旋門の下の広場に出れます↓

そして凱旋門内部に上下に伸びている階段を上ります。

そして頂上に着くとそこからは、

シャンゼリゼ通りとエッフェル塔を見ることができます↓

これが結構いいんです!!

↑こちらから、チケットの予約ができます。

※料金はかかりません、チケットを購入する時間を予約するだけです。

チケット代は当日に現場で支払います

予約してから行かないと、大渋滞に巻き込まれる可能性ありです。

エッフェル塔へ

↑凱旋門からエッフェル塔へはゆっくり歩いても20~30分で着きますので、ゆっくり散歩するのがおススメです。

2年前はエッフェル塔にも上りましたが今回は時間が遅すぎました。

↑確かエッフェル塔は夕方18時以降はイルミネーションが点灯します。

(↓イルミネーション前)

フランス、パリ

初めての洗濯 in Paris

宿に着くと疲れていたので即寝ました。

キューバ 歴史
筆者
なんかぼくが若者やからか知りませんが、4階か5階の部屋に案内されることが多いです(笑)
HostelsCentral.com

翌朝、まずは今まで汚れきった服を洗濯するために宿の近くのコインランドリーに向かいます↓

久しぶりの洗濯です。

でも全てフランス語(;・∀・)

ぼ、ぼんじゅーる…..

もうヨーロッパに来てから3週間、冬やからあんまり汗はかきませんが、服はずっと洗ってません。

あ、洗濯で思い出しました!

プラハで、一緒にヨーロッパを旅していた友人Eが「私の荷物も重いんですよ~」って言ってきた時に、何入ってるか確認したら1kgくらいの粉末洗剤の箱を持ってました(爆笑)

それは無いやろ!って思えるアイテムですね(゚Д゚;)

洗濯と乾燥合わせて1時間くらいかかるので、近くのパン屋で朝ごはんを調達します。

↑街中の何気ないワンシーンが既にオシャレですね

Restaurant PAUL↓

レストランと言いながら、あなたパン屋でしょ

待ち合わせの約束、は・・・?

洗濯も終わり、ホステルに帰って荷物をパッキングし、これからシャルルドゴール空港に戻ります。

なぜなら、これからレンタカーを借りてモンサンミッシェルまで行ってくるからです↓

フランス、モンサンミッシェル

CDG(シャルルドゴール空港)からモンサンミッシェルは約400kmですね↓

大体四時間半で着くようです。

そういえば忘れていましたね、1週間ぶりに合流する友人Eとの待ち合わせ(笑)

約束では昼の12時にシャルルドゴール空港のターミナル2Fの8番出入り口で集合やったはずです。

という事で、Eとの待ち合わせのために再びシャルルドゴール空港へ向かいました。

こないだ買ったカルトドットが余ってるので、それ使って空港までバスを使いました。

ぼくは11:50くらいに待ち合わせ場所に着きました。

パリのシャルルドゴール空港にはフリーWi-FiがあったのでEとのライン画面を開くと・・・

ヨーロッパ ブログ
筆者

まだ既読付いてへん!!!

え?どーゆーこと?

ライン送ってからもう丸2日以上経ってますけど?

まだ未読?

あと10分で約束の時間やけど?

え、どゆこと・・・

これ、驚きですよね。

あと10分で約束の時間やのに、EとのLINE画面にはまだ既読すら付いてない状況です。

↑集合場所はSortie8(8番出口)

そして時間は経ち、もう12時です。

ヨーロッパ ブログ
筆者

えーっと

12時ジャスト(=正午)

既読はまだ付かない。

あー完全にイギリスで独りの時に何かあったやつちゃん。

どうしよう

Eは当時まだ20歳なりたての女の子だったので、「娘を危険な目に遭わせるわけにはいかない」としてEのヨーロッパ行きに最後まで大反対していたというご両親。

日本語 日本人

結局Eのお母様とお会いし、

「ヨーロッパで頼れるのはRYOさんだけです。なにとぞ!!!うちの娘をお願いします!!!」

といった感じでこんな俺を頼りにして頂いた「Eのお母様に合わせる顔が無い」とまじで絶望状態になりました。

ぼくはEがどこで泊まってるかも誰といるかも知らなかったので、LINEが通じなければ完全に音信不通

こんな状態でできることと言えば、

Eさんと連絡が取れず2日前に送ったLINEにも既読が付きません。

何かEさんから連絡は来ておりますでしょうか?

という、完全にご両親を不安にさせるLINEを送るしかない…

(;゚д゚)ゴクリ…

とりあえず何回LINE電話しても通じないので、

ヨーロッパ ブログ
筆者

とりあえず無事ならすぐに連絡して!

約束の時間やからおれはもう行くけど、また明日の昼にパリに帰ってくるから(そん時に会おう)

と、完全にEを置いていく決心をして空港からレンタカー屋まで行こうとした、その瞬間!

可愛い女性

すみません!!!!

待ってください!

いまタクシーで空港に向かってます!!!!

あと15分くらいで着きます!!!

ほんとすみません!!

とパニック気味なLINEが返ってきたのです。

良かった、無事で・・・ε-(´∀`*)ホッ

モンサンミッシェルへ

とにかく、無事にEに会ってレンタカー屋に向かってレンタカーを借りました。

ルートは地図の一番上を通るルートでした。

ヨーロッパ ブログ
筆者

400kmを4時間半って

平均時速・・・(笑)

※後述しますが、フランスの法定速度は神でした(゚Д゚;)

とりあえずお腹が減ったのでスーパーマーケットでクロワッサンや牛乳、コーンフレークを大量に買っていざモンサンミッシェルへ!

※欧米では基本的に「ミッション車」が超メジャーです。

しかも左ハンドル右ミッションなので日本のミッション車とは逆です。

レンタカーを借りる際にはご注意ください。

ヨーロッパのバレンタインは日本と違う!?

本日2月14日

いま思うとこの日はバレンタインデーでした。

Eからチョコでももらえるのかと思っていたら、「ヨーロッパのバレンタインデーは日本とは違うんですよ?」という初耳学を頂きました。

キューバ 歴史
筆者
まあ逆にねだられたんですが(笑)

詳細は記事を見てください↓

関連記事

ヨーロッパのバレンタインデーは男性から女性にチョコと花を渡す2月14日といえば?そう、バレンタインデーです。そもそもバレンタインデーの由来を知っていますか?西暦1207年2月14日、結婚を禁じたローマ皇帝に逆[…]

ヨーロッパ バレンタインデー

ついでにホワイトデーの豆知識はこちら↓

関連記事

ホワイトデーの「ホワイト」はマシュマロが語源日本ではバレンタインデーの返礼の日として、3月14日がホワイトデーと認識されています。しかし、よく考えると「バレンタインデー」のお返しが「ホワイトデー」ってちょっと釣り合ってま[…]

ホワイトデー マシュマロ

確かによく考えたら、バレンタインデーのお返しとしてホワイトデーって釣り合ってないですよね~

フランスの法定速度が神

英語 ナンパ hookup

Google Mapでは400kmの道のりを4時間半で着くと計算しましたが、それもそのはず。

フランスの法定速度がだったんです↓

一般道(狭くて危険と思われる場所)70km/h

一般道(広くて危険が無いと思われる場所)90km/h

高速道路 130km/h

※特に危険な場所は標識にて速度制限

です。

一般道でも割と広い道は法定速度が90km/hですよ?

筆者 アイコン
筆者

もう最高でした

日本に帰れません、ほんとに。

モンサンミッシェルの夜景

ブーーーーーン・・・

ブーーーーーン・・・

5時間後・・・

ヨーロッパ ブログ
筆者

超手抜きですみません

運転していたので写真が0なんです(笑)

パリ モンサンミッシェル

↑着くともう夜の19時か20時くらいでした。

夜のモンサンミッシェル到着♪

さすがにEもめっちゃ興奮していた、ように見えました。

ディズニー映画の塔の上のラプンツェルが好きという事もお互いの共通点だったので、モンサンミッシェル到着寸前にテーマソング「I see the light」をかけるという演出♡

(ぼくはこの映画観て泣きました)

And at last I see the light, and it’s like the fog has lifted ~~♬

そして、作中のライダーとラプンツェルがそうしたように、見つめ合うふたりはモンサンミッシェルの前で熱いキスを交わし・・・

キューバ 歴史
筆者

とならないのが現実です(笑)

モンサンミッシェルのふわふわオムレツ

駐車場に車を停めて、モンサンミッシェルの島まで約700mの橋を歩いて渡る必要があります↓

フランス、モンサンミッシェル

2年前に食べた「モンサンミッシェルのふわふわオムレツ」が美味し過ぎてその感動を道中ずっとEに話していました。

ヨーロッパ ブログ
筆者

いや、ほんまにあれは別次元のうまさ

絶対に食べるべき!

まあ俺に任せい

と、意気込んでモンサンミッシェル島内に乗り込みましたが、以前行ったことのある「LA MERE POULARD(ラ・メール・プラール)」というお店が開いてなかったので、急遽違うお店に変更しました↓

久々のふんわりオムレツ!!!!

これが食べたくてモンサンミッシェルに来たと言っても過言ではない!!

Eにもこのふわふわオムレツを食べて欲しかったので、一口大に切ったオムレツの一口目をEにあげました。

驚く様子を楽しみにしていました。すると

可愛い女性

え、これですか?

ふわふわオムレツって…

おっ?どゆこと?(。´・ω・)?

実際に食べてみると全然ふわふわではありませんでした!!!

すみません!!!

当時は記録していなかったので、その美味しくなかったオムレツの店がどの店なのか、特定できません…

例えるなら普通のオムレツよりちょっとふわふわくらい、2年前に食べたものとは全く異なるΣ(゚Д゚)

~2年前~

フランス、モンサンミッシェル

フランス、モンサンミッシェル

このオムレツは超ふわふわでめちゃくちゃ美味しかったです。

値段高かったけど、お金ない親友置いて一人で翌日もう一度食べに行ったくらいです(笑)

超おすすめです↑↑

ふわふわオムレツには少しがっかりもしましたが、とりあえず夕食も終えて島内はすっかりおやすみモードです!

島内も結構歩き回ったし、そろそろ駐車場に帰ろう。

さらばモンサンミッシェル

今日は駐車場の空いているスペースでテント泊

旅 ブログ ヨーロッパ
筆者
この日がEと同じテントで寝る初めての日でした

ベネルクス三国へ

たった数時間のために片道5時間かけてモンサンミッシェルを往復した我々・・・

しかもふわふわオムレツも感動しなかった。

旅 ブログ ヨーロッパ
筆者
何も残らなかった!!!!!

翌朝、モンサンミッシェルからパリまで運転したのですが、やはり日本とは道路標識とか交通ルールが違うので結構小さなミスが多いです。

レンタカー返却時間は余裕をもって設定しましょう、マジで!笑

ぼくは知らぬ間に世界一複雑で難しいと言われる(円形)交差点、凱旋門ロータリーに迷い込み、ビビり過ぎてわけがわからない通りに右折して逃げました(↓参考に)

ヨーロッパ ブログ
筆者
↑この円形交差点、ヤバいっしょ!!!!!(笑)

 

さて、ベネルクス三国へ向かいます。

ベネルクス三国ってどこか?

ヨーロッパ ブログ
筆者
ベルギー、オランダ、ルクセンブルクです

さて、ここからどうやってベルギーまで行くのか・・・

でもその前に昨日泊まっていたホステルに戻らなければならない大事な用事があったのです!

ユーレイルパスを日本から送ってもらった

モニター募集 当選

実はぼくは3日くらいに前に「ベネルクスパス」というベネルクス三国をお得に旅できるパスを日本に置きっ放しにして来たことを思い出したんです(゚Д゚;)

あれが無いと恐らく予算オーバー。

ヨーロッパ ブログ
筆者

せっかく、出国前にベネルクスパスを手に入れていたのに…

家に置き忘れるなんて・・・。

という事で、3日前に親にLINE電話してぼくの部屋にあるベネルクスパスを、フランスのパリのぼくが泊まる予定やったホステルに送ってもらうよう依頼していたんです!!!!

両親は、

「え、フランスの宿に荷物を送る?(ヾノ・∀・`)ムリムリ」

と言っていましたが、息子のために頑張ってくれたようです(笑)

ホステルを出る時はホステルスタッフに「そんなもの届いて無い」と言われましたが、郵便局の追跡番号的には「到着済み」という表示だったので、モンサンミッシェルから帰って来たタイミングで再びパスを取りにホステルに戻らなければならなかったのです(笑)

ベルギーの首都ブリュッセルへ

Eには詳しい事情を説明せず、ベルギー行きのバスの時間と場所を教えてそれまでは別行動しようと言い、別れました。

なのでEはこの記事を読んで初めてそれを知ることになる・・・

結果ホステルには届いていました!!!ふう(-.-)

そして約束の時間に着く前に腹ごしらえ、ケバブagainです↓

筆者 アイコン
筆者

ケバブめっちゃうめー

(ほんっとにおススメです)

無事にEとも会い、OUiバスでこれからベルギーのブリュッセルへ向かいます。

ベルギーでは公園でテント泊する予定でしたが、疲れがたまり過ぎて結局グランプラスというトンデモナイ観光地の広場でテント泊しました↓

関連記事

はじめにRYOです(''◇'')ゞヨーロッパ独り旅(2017年)の復習として、ベルギーの首都『ブリュッセルとブリュージュ』での滞在を要約して思い出の出来事をつらつら綴りました。ぼくが初めてヨーロッパを旅したのは201[…]

最新情報をチェックしよう!