【ヨーロッパ旅行記】ハイジの町マイエンフェルト【17/24】

はじめに

RYOです(”◇”)ゞ

ヨーロッパ独り旅(2017年)の復習として、スイスにあるハイジの町『マイエンフェルト』での滞在を要約して思い出の出来事をつらつら綴りました。

ぼくが初めてヨーロッパを旅したのは2014年1~2月の一ヵ月で、本当に多くの驚きや発見・学びがありました。

今回はそのようなヨーロッパの基礎知識や面白さに絞って、紹介していこうと思います。


» 今回の旅の概要↓(自分語りのどーでもいい内容が大部分です(笑))

ヨーロッパ ブログ
筆者

今回は初テント泊や初レンタカーに加えて、20歳なりたての女子Eと周るヨーロッパ旅やからめっちゃ緊張するわ~

ずっとヨーロッパ行ってみたかったんです!!!

わたしの命、RYOさんに預けます(笑)

2017年は1月23日~3月1日までヨーロッパに行ってきたのですが、今回は東欧のハンガリーやスロヴェニア、バルト三国、アイスランドなど行ったこと無い国を中心に周ってきました(∩´∀`)∩

今回の旅には3つの重要事項がありました↓

➀同伴者

②初レンタカー

③初テント泊

それぞれ説明します↓

» 折りたたむ

» ➀同伴者と共に周ったヨーロッパ

➀同伴者

実は2016年10月終わりに旅好きの可愛らしい女の子(E)と知り合い、お互いに気が合ったのもあってぼくが2017年2月~3月にかけて一カ月ほどヨーロッパに行く予定であるという話をしたところ、

レンタカーとかテント泊とかスゴイ素敵ですね!!!

私も…連いていってもいいやつですか?汗

RYOさんに命預けます(笑)

となり、結局一緒にヨーロッパに行くことになったのです(∩´∀`)∩ウハウハ

キューバ 歴史
筆者
なんかすごいキラキラした目で話とか聞いてくれるし、すごくノリが良く、ぼくもかなりその子の人間性に惹かれていました

しかしこれに対しその子のご両親が大反対!!!

お母様
可愛い娘をヨーロッパなんていう危ない場所に、それに彼氏でもない男と一緒だなんて絶対に有り得ない!!!

となり、結局その子がご両親を説得するという前提で話を進め、ぼくは予定を変えずに一足先にヨーロッパに旅立つことにしました。

そして出国の直前、Eから連絡が入り、

お母さんがRYOさんと会いたいって言ってます。

空港行く前に大阪駅のグランヴィアのカフェでお話してもらえますか?

となったのです(;・∀・) いわゆる、

お母様

うちの娘とヨーロッパに一緒に行く可能性のある男。

大切な娘を預ける男が信頼できる人間かどうかを自分の眼で確認しときたい

ということでした。

ヨーロッパ ブログ
筆者
こういうのって頑固おやじに一方的に罵倒されて終わりのやつやん…

と思いながらも、実際にお母様に会って少しお話し、挨拶してからそのままぼくは一足先にヨーロッパに旅立ったのでした。

確かに日本より安全な国なんてなかなか無いし娘を心配する親の気持ちもひしひしと感じた良い経験でした。

結局、Eがヨーロッパに来れるかどうかはわからないまま、

ヨーロッパ ブログ
筆者

ハンガリーの首都ブダペスト西駅の世界一美しいマクドナルドで○月□日の△△時に集合しよう

もし30分待っても来なかったらご両親から許可が出なかったと認識して一人で出発するから

と言い残して日本を出たのでした。

結局Eとはマクドナルドで会えたのですが、Eのお母様からLINEで、

お母様

父親にだいぶ反対されたようですが、本人の強い希望で娘はヨーロッパに行くことを決心しました。

こうなると、ヨーロッパで頼れるのはRYOさんだけです。

なにとぞ、うちの娘をお願いします!!!

という内容のお言葉を頂き、

ヨーロッパ ブログ
筆者

お任せください!!!

死んでもEのことは守ります!!!

と、中二病さながらの決意と緊張感をもって旅が始まったのでした(笑)

» 折りたたむ

» ②初めてのレンタカーに大パニック

②初レンタカー

そして次にこれ

ヨーロッパ ブログ
筆者
2011年8月某日、ぼくは合宿教習でMT車の普通免許を取得しました
場所はなんと北海道札幌市

値段は高かったですが、札幌で2週間過ごして色々と美味しい物食べたり北海道大学の構内で毎日ランニングとか筋トレし、その後2週間兄貴と共に北海道を車で周遊したので非常に良い想い出ができました。

ヨーロッパ ブログ
筆者

あれから5年半

ミッション車の運転方法なんて完全に頭から蒸発しきったくらいにヨーロッパで運転?

おれ、大丈夫か…?

いつも何かとお世話になっている空手の先輩おじさまに、

先輩おじさま

RYOくん心配やわー

今度ミッションの軽トラ乗って来るし練習付き合ってあげるわ

と提案して頂き、出発直前に練習。

エンストの嵐!!

ブレーキを踏んだ時に訪れる「ブッブッブッブッブ・・・」という音と振動が、いつ来るかわからないエンストの恐怖を倍増する。

今やその”今”は今の直後に来るハズ!!!

バックパッカー

ヨーロッパのレンタカーはほとんどがミッション車で、オートマもありますが結構高いのです。

ハンガリー編でも書きますが、ほんと初めはエライ目に遭いました…

左ハンドル
右手ギア
左足クラッチ
右足アクセル&ブレーキ
キューバ 歴史
筆者
完全に日本と真逆ってわけじゃないのが余計にパニックになりました(笑)

これらが織りなす地獄のハーモニー。

これについてはまた書きます(;^ω^)

» 折りたたむ

» ③ヨーロッパでのホームレス生活

③初テント泊

そして最後に

テント泊について

ヨーロッパ ブログ
筆者
外国でテント泊なんて頭おかしいと思っていたのが懐かしいです

それもこれもオーストリアのハルシュタットでNinaと出会った事で全てが変わりました↓

関連記事

今回は『世界一美しい湖畔の町』と呼ばれるオーストリアのハルシュタット(世界遺産)でまさに奇跡としか思えない事が連続して起きた話をしようと思います。いつ振り返っても思うのはこれです筆者人と人との出逢いってや[…]

旅行記 ハルシュタット オーストリア

ニーナと会ったことで『外国でテント泊』というのが非常に身近に感じハードルが下がったのは間違いありませんし、ほんまに彼女に出会わなければ未だにテント泊という概念すら持っていなかったかもしれません。

(↓筆者撮影)

ヨーロッパ ブログ

ヨーロッパ ブログ
筆者
やはり美しい景色を見る &撮るためにはテント泊が必須という事もよくわかりましたし、高い所まで登ることも大事だと知りました

という事で、今回は雪山登山装備まで持って旅に出かけたわけです。

ガチな雪山登山靴に始まりテント張るための折り畳み式スコップやらペグやらアイゼンまでフル装備でした。

そんなわけで今回は2つのバックパック(それに雪山装備を引っ掛けてました)の重さが40kgを超えるという過去に例をみないほどの重量となりました。

まあ結果的に重すぎる荷物は後悔しか残らないのですが(笑)

» 折りたたむ


という事で、以上3つの緊張感を背負っていざヨーロッパに入ったのでした。

では、是非お楽しみくださいませ(∩´∀`)∩

ハイジの家の前でキャンプ

ではツェルマットを出発し、ハイジの町で有名な「マイエンフェルト」へ向かいます。

ここで問題です。

さて、下の写真でぼくのレンタカーはどれでしょう?

(Tasch駅にある駐車場)

全て黒い車、自分の車のナンバーも覚えていなかったので、一瞬「おれのレンタカーどれ?( ̄◇ ̄;)」となりましたが、すぐ後にどれが自分の車かはっきりわかりました。

答えは、一つだけバック駐車してある奥の黒い車です↓(^ω^)

アメリカだけでなくヨーロッパでもバック駐車はあまり見かけません。

広い駐車場で自分のレンタカー見失っても、大抵バックで停めてある車は一台しかないのですぐにわかります(笑)

では遂にカートレインという車ごと乗車する列車に乗ってハイジの町「マイエンフェルト」に向かいました。

カートレイン

ツェルマットからマイエンフェルトへはおよそ4時間のドライブ

マイエンフェルト ハイジの町

(↑Taschの駐車場を出てすぐの写真)

めっちゃ美しい道を延々とドライブ♪

目の前に広がる山の景観が美し過ぎる。

Enyaの歌声が妙に心に染み入ります。

マイエンフェルトに行くにはフルカ峠と呼ばれる峠を越えなければならないのですが…

山道へ入ろうとするとKEEP OUT(通行止め)の文字が。

ヨーロッパ ブログ
筆者

あ!

冬は山道が凍ってて通行禁止なんか!

え、でもこの道通らな他に道ないよ?

と少しパニック。

近くの民家とか何かの施設見つけたので「どうやってこの山を越えるんですか?」と、聞き込み調査開始。

すると一緒に旅をしていた友人Eが、

可愛い女性

あれRYOさん

あれ見てください!

何か車があそこに集まってますよ!!!

と教えてくれました。

マイエンフェルト ハイジの町

そう、これこそが名高いカートレイン 

この峠を越えるには通行料(いくらか忘れた、確か40CHF=5,000円くらい?)を払って車ごと列車に乗る必要があるのです!!!!

マイエンフェルト ハイジの町

出発時間は午後4時、結構遅い。

今日中にマイエンフェルト着いて用意して登山してテント張って寝れるのか?

ふと心配になる・・・

マイエンフェルト ハイジの町

来た来た!あの赤い列車に乗ります!!!

と思ったらあの赤いのはまた別物です。確かにあんな列車に車が入るわけがない

めっちゃ感動です、カートレイン。

これはまだ自分で運転してますが、途中でエンジン停めて後は勝手に運んでくれます↓(音量注意!)

たぶん15分くらい乗りました。

マイエンフェルト ハイジの町

いま調べたところ、6/1~9/30の夏季期間は27CHF(≓3,300円くらい)で、10/1~5/31の冬期期間は33CHF(≓4,000円くらい)とのことです↓

旅 ブログ ヨーロッパ
筆者

峠を通行止めしてる冬期の方が高い!!!!!

普通逆だろおぉぉぉ

Timetable of the car transport Furka from Oberwald to Realp …

欧米人は前進駐車

さて、運転中になぜかグーグルマップが上手く作動せず、道がわからなくなったので一度パーキングエリアっぽい所に寄って地図を買うことにしました(笑)

さて、わたくしのレンタカーはどれでしょう?

マイエンフェルト ハイジの町

はい、答えは手前から2台目の黒いやつです。

なぜならバック駐車しているのが僕のだけだからです(笑)

筆者 アイコン
筆者

なぜみんな前進駐車がそんなに好きなのか?

理解できません

アメリカ行ってもほとんどみんな前進駐車です。

僕のイタリア人彼女も前進駐車しかしないので、バック駐車教えてもかなり難しそうでなかなか習得してくれません(笑)

ハイジヒュッテへ

さて、遂に4時間の運転を経てマイエンフェルトに到着しました↓

さて本日は「ホテルレストラン ハイジホフ」さんにお伺いしました↓

Hotel Restaurant Heidihof - Maienfeld - Switzerland

Welcome ! Set amidst the pleasant climate of the Bündner  He…

と言いながら勝手に駐車場に駐車するという↓

決して褒められた行為ではありませんが…すみません(-_-メ)

マイエンフェルト ハイジの町

ヨーロッパ ブログ
筆者

到着時点でこの暗さよ

いまから登山とかだっる~

ここからハイジヒュッテと呼ばれる、いわゆるハイジの家の行ってきます。

"Heidi dorf"と"Heidi hutte"は全く違います!!!

前者は町中にあり一瞬で着きますが、後者はハイキングが必要です。

これから用意して2時間くらいの登山を開始します↓

ここでもツェルマットと同じく一緒に旅をしている友人Eは少しお疲れの様子、まあ当然です。

キューバ 歴史
筆者
しかしマイエンフェルトは思ったよりも雪が積もっていないので、ぼく的には割と楽な登山でした

無事に登山でき、真っ暗な中テントを張り、軽く晩ご飯を食べて寝ます。

ハイジヒュッテ

おはようございます。

だいぶ栄養バランスが偏ってきましたが、朝からパスタとラーメンを合わせたハイカロリー炭水化物ブレクファーストです↓

マイエンフェルト ハイジの町

マイエンフェルト ハイジの町

そして更にパン!!

しかもチョコを乗せて。これでデブにならんかったらおかしい(笑)

パスタ+ラーメン+パン+チョコ=デブの4乗

マイエンフェルト ハイジの町

いやー、デンマークの首都コペンハーゲンで食べたチュロスも↓

デンマーク コペンハーゲン 人魚姫

油で揚げたチュロス+たっぷり砂糖+たっぷりアイスクリーム+たっぷりチョコレート=デブの4乗

でしたが、やはりこういう食事は年一回でも多いくらいです(笑)

あ、ちなみに下の青いテントが僕のテントです↓

マイエンフェルト ハイジの町

男性 アイコン
他人の敷地に勝手にテント張ってる!!!!!

と思うでしょうが、これは私有地ではないはずです(笑)

あくまで観光地ですので。

そして後ろに立っている小屋が「ハイジの夏の小屋」です↓

マイエンフェルト ハイジの町

考えれば考えるほど、無理矢理ドライブ付き合わされて2日連続で雪山登山させられてテント泊付き合わなあかんかったEには悪い事しました(;^ω^)

マイエンフェルト ハイジの町

ではハイジヒュッテを出発します。

マイエンフェルト ハイジの町

さらば、ハイジヒュッテ

ハイジの町の隠れキャラ

マイエンフェルト ハイジの町

マイエンフェルトからハイジヒュッテへの道なりには少し隠された、いわゆる隠れキャラクターが存在します↓

マイエンフェルト ハイジの町

(↑ロッテンマイヤー女史)

マイエンフェルト ハイジの町

(↑左からアルムおんじ、ハイジ、ペーター)

ハイジ、よく見たらめっちゃおばあちゃんです↓

マイエンフェルト ハイジの町

リヒテンシュタイン公国へ

マイエンフェルト ハイジの町

下山途中、昨日登っていた時には何ともなかった道が工事で通行止めになっていますΣ(゚Д゚)

ぼくらの姿を見て、現場作業員が道を作ってくれました。

まあぶっちゃけ「いや乗り越えるからどいて」って感じでしたが(笑)

10分くらい待って「オッケー通れるようにしたから通って」と言われて通過。

マイエンフェルト ハイジの町

(↑途中にある泉)

これ、飲めます。当然ですが

マイエンフェルト ハイジの町

マイエンフェルト ハイジの町

ここまで来たらもう町はすぐです。

マイエンフェルト ハイジの町

↑の道、去年来た時はここに牛とか山羊がいました↓↓

ハイジ マイエンフェルト

ハイジ マイエンフェルト

さて、これ↓が一応ゴールの証です。

マイエンフェルト ハイジの町

これからドイツのノイシュバンシュタイン城まで行くので結構駆け足で降りてきました。

例の「ホテルレストラン ハイジホフ」さんの駐車場で靴を脱ぎ、サンダルに履き替えていると「あ、トイレ行きたい」と急に思いました。

まあ丸一日くらいトイレ行ってなかったので、二人とも。

という事で、再び「ホテルレストラン ハイジホフ」さんにお邪魔しました。

キューバ 歴史
筆者
Can I use a toilet?

と言ったら快くオッケーしてくれました!!

ではこれからリヒテンシュタイン公国に向かいます。

ヨーロッパ ブログ
筆者
なんとリヒテンシュタイン公国の首都ファドゥーツでは同国を取材中の池上彰と会いました(笑)
関連記事

はじめにRYOです(''◇'')ゞヨーロッパ独り旅(2017年)の復習として、リヒテンシュタイン公国の首都『ファドゥーツ』での滞在を要約して思い出の出来事をつらつら綴りました。ぼくが初めてヨーロッパを旅したのは201[…]

リヒテンシュタイン ファドゥーツ
マイエンフェルト ハイジの町
最新情報をチェックしよう!