【ヨーロッパ旅行記】スロヴェニア旅~前編~

はじめに

RYOです(”◇”)ゞ

ヨーロッパ独り旅(2017年)の復習として、スロヴェニアでの滞在を要約して思い出の出来事をつらつら綴りました。

ぼくが初めてヨーロッパを旅したのは2014年1~2月の一ヵ月で、本当に多くの驚きや発見・学びがありました。

今回はそのようなヨーロッパの基礎知識や面白さに絞って、紹介していこうと思います。


» 今回の旅の概要↓(自分語りのどーでもいい内容が大部分です(笑))

ヨーロッパ ブログ
筆者

今回は初テント泊や初レンタカーに加えて、20歳なりたての女子Eと周るヨーロッパ旅やからめっちゃ緊張するわ~

ずっとヨーロッパ行ってみたかったんです!!!

わたしの命、RYOさんに預けます(笑)

2017年は1月23日~3月1日までヨーロッパに行ってきたのですが、今回は東欧のハンガリーやスロヴェニア、バルト三国、アイスランドなど行ったこと無い国を中心に周ってきました(∩´∀`)∩

今回の旅には3つの重要事項がありました↓

➀同伴者

②初レンタカー

③初テント泊

それぞれ説明します↓

» 折りたたむ

» ➀同伴者と共に周ったヨーロッパ

➀同伴者

実は2016年10月終わりに旅好きの可愛らしい女の子(E)と知り合い、お互いに気が合ったのもあってぼくが2017年2月~3月にかけて一カ月ほどヨーロッパに行く予定であるという話をしたところ、

レンタカーとかテント泊とかスゴイ素敵ですね!!!

私も…連いていってもいいやつですか?汗

RYOさんに命預けます(笑)

となり、結局一緒にヨーロッパに行くことになったのです(∩´∀`)∩ウハウハ

キューバ 歴史
筆者
なんかすごいキラキラした目で話とか聞いてくれるし、すごくノリが良く、ぼくもかなりその子の人間性に惹かれていました

しかしこれに対しその子のご両親が大反対!!!

お母様
可愛い娘をヨーロッパなんていう危ない場所に、それに彼氏でもない男と一緒だなんて絶対に有り得ない!!!

となり、結局その子がご両親を説得するという前提で話を進め、ぼくは予定を変えずに一足先にヨーロッパに旅立つことにしました。

そして出国の直前、Eから連絡が入り、

お母さんがRYOさんと会いたいって言ってます。

空港行く前に大阪駅のグランヴィアのカフェでお話してもらえますか?

となったのです(;・∀・) いわゆる、

お母様

うちの娘とヨーロッパに一緒に行く可能性のある男。

大切な娘を預ける男が信頼できる人間かどうかを自分の眼で確認しときたい

ということでした。

ヨーロッパ ブログ
筆者
こういうのって頑固おやじに一方的に罵倒されて終わりのやつやん…

と思いながらも、実際にお母様に会って少しお話し、挨拶してからそのままぼくは一足先にヨーロッパに旅立ったのでした。

確かに日本より安全な国なんてなかなか無いし娘を心配する親の気持ちもひしひしと感じた良い経験でした。

結局、Eがヨーロッパに来れるかどうかはわからないまま、

ヨーロッパ ブログ
筆者

ハンガリーの首都ブダペスト西駅の世界一美しいマクドナルドで○月□日の△△時に集合しよう

もし30分待っても来なかったらご両親から許可が出なかったと認識して一人で出発するから

と言い残して日本を出たのでした。

結局Eとはマクドナルドで会えたのですが、Eのお母様からLINEで、

お母様

父親にだいぶ反対されたようですが、本人の強い希望で娘はヨーロッパに行くことを決心しました。

こうなると、ヨーロッパで頼れるのはRYOさんだけです。

なにとぞ、うちの娘をお願いします!!!

という内容のお言葉を頂き、

ヨーロッパ ブログ
筆者

お任せください!!!

死んでもEのことは守ります!!!

と、中二病さながらの決意と緊張感をもって旅が始まったのでした(笑)

» 折りたたむ

» ②初めてのレンタカーに大パニック

②初レンタカー

そして次にこれ

ヨーロッパ ブログ
筆者
2011年8月某日、ぼくは合宿教習でMT車の普通免許を取得しました
場所はなんと北海道札幌市

値段は高かったですが、札幌で2週間過ごして色々と美味しい物食べたり北海道大学の構内で毎日ランニングとか筋トレし、その後2週間兄貴と共に北海道を車で周遊したので非常に良い想い出ができました。

ヨーロッパ ブログ
筆者

あれから5年半

ミッション車の運転方法なんて完全に頭から蒸発しきったくらいにヨーロッパで運転?

おれ、大丈夫か…?

いつも何かとお世話になっている空手の先輩おじさまに、

先輩おじさま

RYOくん心配やわー

今度ミッションの軽トラ乗って来るし練習付き合ってあげるわ

と提案して頂き、出発直前に練習。

エンストの嵐!!

ブレーキを踏んだ時に訪れる「ブッブッブッブッブ・・・」という音と振動が、いつ来るかわからないエンストの恐怖を倍増する。

今やその”今”は今の直後に来るハズ!!!

バックパッカー

ヨーロッパのレンタカーはほとんどがミッション車で、オートマもありますが結構高いのです。

ハンガリー編でも書きますが、ほんと初めはエライ目に遭いました…

左ハンドル
右手ギア
左足クラッチ
右足アクセル&ブレーキ
キューバ 歴史
筆者
完全に日本と真逆ってわけじゃないのが余計にパニックになりました(笑)

これらが織りなす地獄のハーモニー。

これについてはまた書きます(;^ω^)

» 折りたたむ

» ③ヨーロッパでのホームレス生活

③初テント泊

そして最後に

テント泊について

ヨーロッパ ブログ
筆者
外国でテント泊なんて頭おかしいと思っていたのが懐かしいです

それもこれもオーストリアのハルシュタットでNinaと出会った事で全てが変わりました↓

関連記事

今回は『世界一美しい湖畔の町』と呼ばれるオーストリアのハルシュタット(世界遺産)でまさに奇跡としか思えない事が連続して起きた話をしようと思います。いつ振り返っても思うのはこれです筆者人と人との出逢いってや[…]

旅行記 ハルシュタット オーストリア

ニーナと会ったことで『外国でテント泊』というのが非常に身近に感じハードルが下がったのは間違いありませんし、ほんまに彼女に出会わなければ未だにテント泊という概念すら持っていなかったかもしれません。

(↓筆者撮影)

ヨーロッパ ブログ

ヨーロッパ ブログ
筆者
やはり美しい景色を見る &撮るためにはテント泊が必須という事もよくわかりましたし、高い所まで登ることも大事だと知りました

という事で、今回は雪山登山装備まで持って旅に出かけたわけです。

ガチな雪山登山靴に始まりテント張るための折り畳み式スコップやらペグやらアイゼンまでフル装備でした。

そんなわけで今回は2つのバックパック(それに雪山装備を引っ掛けてました)の重さが40kgを超えるという過去に例をみないほどの重量となりました。

まあ結果的に重すぎる荷物は後悔しか残らないのですが(笑)

» 折りたたむ


という事で、以上3つの緊張感を背負っていざヨーロッパに入ったのでした。

では、是非お楽しみくださいませ(∩´∀`)∩

スロヴェニアの位置

まず、スロヴェニアはイタリアと隣接している小さな国です。

オーストリアの南、クロアチアの北、ハンガリーの西にあります。

スロヴェニアにはヨーロッパアルプスの最東端があり、別名アルプスの瞳と呼ばれるほど美しい景観を誇っているのです(”◇”)ゞ

マリボルへ

ブダペストでレンタカーを借りたのは夜21時でした。

キューバ 歴史
筆者
ここでヨーロッパの日付表記について一つ豆知識をお教えします

ヨーロッパの日付表記

(↑車内の画面)

現在時刻21:24、外気温は-6.5℃

画面一番下の「24.01.2017」は勿論「2017年1月24日」を表し、ほとんどのヨーロッパは日本と逆で「日→月→年」の順に表記します。

中には違う国もあるので注意

これはわかり易い例でしたが、中には「05.01.11」などと書いてある場合があり、

ヨーロッパ ブログ
筆者

これは2011年1月5日か?

ん、2005年1月11日か?

いや、2011年5月1日か?

え、どれ?汗

とパニックになることがあります。

が、大抵のヨーロッパ諸国は「日、月、年」の順です。

車中泊

レンタカーを借りたハンガリーの首都ブダペストから、とりあえずNinaが住むマリボルまでは363km↓

約3時間半の旅です。


Nina

スロヴェニア 旅 旅行

前年にオーストリアのハルシュタットで出会ったスロヴェニア人の女性。

歳が一緒で誕生日も近く、一人旅同士すぐに打ち解けました。

Ninaのおかげで翌年にスロヴェニアを旅しようと決めたのでした↓(別タブで開きます)

関連記事

今回は『世界一美しい湖畔の町』と呼ばれるオーストリアのハルシュタット(世界遺産)でまさに奇跡としか思えない事が連続して起きた話をしようと思います。いつ振り返っても思うのはこれです筆者人と人との出逢いってや[…]

旅行記 ハルシュタット オーストリア

そんなNinaとの約束は翌日の正午にマリボル駅の近くのモールで会う手筈になっています。

よし、寝よう!

休み休み走って恐らくこの時すでに夜中の0~1時だったと思われます。

↑適当にPAみたいなところで車を停めて様子をうかがいます。

奥にはトイレがあるがまあ汚い。

別にイキった連中もおらず恐らく車中泊しても問題はないと思われる

ヨーロッパ ブログ
筆者
なんせ初めてのレンタカー、初めての車中泊、初めてのハンガリー・・・

・夜中に誰かが車を襲撃するかもしれない

・パトロール中の警察に注意されるかもしれない

・最悪ヤバいことが起こるかもしれない

不安は尽きません。

とりあえず顔が見えると旅行者丸出しなので危ないと考え、寝袋で顔を隠して車内で就寝zzz

スロヴェニアで高速道路を利用する前に~ビニェッタ~

翌朝起きて顔を洗い音楽をかけながら次の街へ、いつもいつでも上手くいくなんて保証はどこにもないけど・・・

とついポケモンのオープニング曲が頭の中に流れてきます。

しかし実はぼくは焦っていました、それも非常に。

ヨーロッパ ブログ
筆者

なぜなら、

スロヴェニアで高速道路を使用するにはビニェッタという車検ステッカーみたいなのを、

フロントガラスに貼り付けておく必要があるんです!!

↑もしビニェッタ取り締まり所で有効なビニェッタを貼り付けていない場合、

300~800€(48,000~104,000円くらい)の支払い義務があります!!

しかもそのビニェッタはどこで買えるのかというと、国内及び国境付近のガソリンスタンドでです。

あるウェブサイトは語る。

有効なヴィニェッタの貼付がないとして摘発されると、300~800ユーロの罰金が科されます(その場で支払う場合は150ユーロとなります。)。

高額な罰金ですから、必ず購入してから、高速道路を利用して下さい。

※ヴィニェッタを購入していても、摘発にあったら見せればいいや、というのは駄目で、フロントガラスに貼付していないと違反となります。レンタカーを含め、必ず貼付して下さい。

スロベニアで高速道路を利用する方へ(ヴィニェッタの購入について)

ブダペストのレンタカー屋BeeRidesのおじさんもそう言っていた。

でも僕は探しているうちにスロヴェニア国境付近へ来てしまいました(笑)←笑い事じゃない

ヨーロッパの高速道路使用料が安過ぎる!!!

スロヴェニア 旅 旅行

そしてなんとか国境ギリギリでガソリンスタンド横にある売店で一週間のビニェッタを購入できました!!!!

一応高速道路使用料金について言及します。

ヨーロッパの高速道路は日本のように距離単位で高くなるのではなく一定期間のパスを買うとその期間中はどれだけ高速道路使ってもタダ、というシステムが多いんです。

え、でも結構高いんでしょ?

そう思ったあなた、ぼくと一緒です(笑)

もちろん国によって値段は違いますが↓

ハンガリーの高速道路1週間使い放題パスは税金含めて9.99ユーロ(約1,500円弱)

スロヴェニアの高速道路1週間使い放題パスは15ユーロ(約2,500円弱)

スイスは1年有効パスで40CHF(約5,000円)

ドイツはタダ

ヨーロッパ ブログ
筆者
めっちゃくちゃ安くないですか!!???

日本でもこのシステムにして欲しいですね。

逆にフランスは日本と同じで距離によって値段が加算されていくので結構高くつきました。

Ninaとの再会

そして再び走り始め、看板を見るとMaribor(マリボル)まであと74km↓

とりあえずモールに着いたのが午前11時頃で、モール内にはFree Wi-Fiがあったので急いで繋ぎました。

キューバ 歴史
筆者
ぼくはFree Wifiを探して旅をする渡り鳥のようなWiFi難民なのです

前日の朝にブダペストで見つけたFree Wi-FiでNinaと、

12時にマリボル駅前で

という連絡を最後にぼくは音信不通になっています(もちろんポケットWi-Fiなんて持ってないから)

ヨーロッパ ブログ
筆者

きっとNinaも連絡のつかないぼくを心配しているに違いない

わかっているぜNinaよ!

あと一時間、もうわくわくが止まらない、9カ月ぶりにNinaに会える!

Wi-Fiが繋がると同時に音が鳴る。

ピーン♬

綺麗な音だ、FBのメッセンジャーに通知がある時になるこの音にこれだけ感動したのは初めてである。

そして高鳴る鼓動を抑えて午前8:26に送られていたそのメッセージを開く。

その時歴史が動いた

(↓実際の文)

we can stay a day in mb. and start really early tomorrow to go to lj. because my friend she is graduated from uni and she invited me to be there for her:)

» 続きを読む

and unfortunatly im really busy with paching and movieng so you will have to discover a little bit of maribor on your own and i in afternoon i can show you my favourite spots?

im really sorry but is many things on my mind i can do it faster.. im really sorry my dear friend

» 折りたたむ

卒業式をひかえた友達が自分にも出席して欲しいと言ってるの。

» 続きを読む

だから今すぐ用意して明日の朝一でリュブリャナ(首都)へ行かなくちゃいけないの…

だからまずは自分で色々と散策してもらって、、、午後からとっておきの場所を案内できると思うわ。

本当にごめんなさい。

» 折りたたむ

ふう、焦らしやがって。

ヨーロッパ ブログ
筆者

別に時間が遅れるくらい何てことないさ

時間は無限にあるようなものだからな!

とりあえず会えるのか、良かった。

20kgのバナナたち

じっとしてもいられないのでまずはモール内の食料品売り場へ行き、残り6日間の食事をどうするかのインスピレーションを得ます。

何と言ってもエネルギー面と栄養面においてとても優秀なバナナ君を召喚する事にしました↓

その重さ何と20kg

グレートオーシャンロード
筆者

これマジです

バナナ20kg買いました

まあ今の時期なら腐らへんしカビひんやろくらいの気持ちでで6日分の非常食、バナナ20kg。

重さも秤で測ってるから間違いない。

ビニール袋が破けそうになりながらも一旦車へ帰って放置。

まあ1月下旬のスロヴェニアでは車内が自然の冷蔵庫みたいなもんやから(自然の冷凍庫でした

何と言ってもNinaと会えるのだ、バナナで腹を満たしている場合ではない。

20kgのバナナの未来はどうなったのか、気になる人はまた後編をお読みください。

9か月学んだスロヴェニア語を実践

何はともあれ、Ninaからの何時に会えるのかの返信を待ちながら、WiFiが切れるのでモールを出ることもできずにぶらつきます。

ここで調味料やら食材やらを大量に購入し車に備蓄します。

そう、ぼくのレンタカーはもはやハウルの動く城のようなものなのです。

寝れる、食事ができる、移動できる、何が違うのか?いや、なにも違わない。

ここで人生で初めてスロヴェニア語を地元店員に試す時が来ました。

この時は胡椒を探していたので"Where is a Pepper?"のスロヴェニア語バージョンを近くを通りかかった女性従業員に言ってみました。

ヨーロッパ ブログ
筆者

きゅえ いぇ ぽぺーる?

(Kje je poper ?)

こうやって字面でみるとアホみたいですがぼくはかなり真剣な表情で、なんやったらスロヴェニア語ぺらぺらの外国人、くらいの気持ちで真顔で訊きました。

その時の彼女の顔・・・

は、おちょくってんのか?(; ・`д・´)

と言わんばかりのほんまにキレそうな顔でした。

もしぼくがユーチューバーで「本場スロヴェニアでスロヴェニア語を使ってみた」という動画投稿したらかなりの再生回数いってると思う、あの顔はあかんて、一応お客さんやねんから。

ヨーロッパ人は客に対しても気分が悪ければ舌打ちするし、睨むし、めっちゃだるそうに動きます

すぐに"Where is pepper?"と言い直すと、無言で連いて来い的なジェスチャーと共に歩き出しました。

すぐ隣の通路やってんけどこの時にだいぶスロヴェニア語使う勇気が無くなったのでした。

↑日本のごま油発見

その後Ninaと何ラリーかメッセージを交わすと、どうやらPohorje(ポホーリェ)というスキー場というか山?が美しい、そしてSarajevo(サライェボ)というお店のBUREK(ブレック)というスロヴェニア料理がおすすめとの事です。

とりあえず行ってきます。

ラウンドアバウト

とりあえずモールを出て、ヨーロッパでは超ポピュラーなラウンドアバウト(円形交差点)をいくつも超えPohorjeに迫ります↓

そう、ラウンドアバウト(円形交差点)とは信号を必要としない交差点のことで日本でも稀に見かけることができます。

ヨーロッパ ブログ
筆者
円形交差点、ぼくはめっちゃ好きでした!

ほとんど渋滞が起こらへんし無駄に信号を待つ必要が無い、左から車が来なければいつでも行けるという便利さ。

日本にももっと円形交差点を!!!!

以下はスイスの首都ベルンで撮ったラウンドアバウトの動画です↓

ルールさえ守れば事故もほとんどなく、信号を待つストレスも無し。

最高です

欧米では縦列駐車が普通

Pohorjeに到着

うん綺麗、スロヴェニアの山!!!最高

そしてSarajevoというお店に到着↓

このお店の前の通りには多くの車が路駐してあるので、空いているスペースを見つけ縦列駐車をします。

教習所以来6年ぶりのミッション車、初めての左ハンドル、教習所以来の縦列駐車、スロヴェニアでの運転・・・

(↑縦列駐車の参考画像)

一つ忘れていました。

ヨーロッパ ブログ
筆者
欧米では縦列駐車がめちゃくちゃ普通

ぼくが縦列駐車にトライしている間、後ろの車は待ってくれています。

一度前に出る、バック、うーんフロント部分が当たりそう。

もう一度前に出る、バック、ピーピーピー、お、上手くいきそう、あかんあかんあかん!

後ろ当たりそう、あー見えへん!!!!

よし、もう一回前に出てーの…徐々に距離を測りーの…

ぶぅぅぅーーぶっぶっぶうううぅぅぅぅーーーーーー

後ろの車に結構派手に鳴らされました(;・∀・)

とりあえず操作を一時中断して行ってもらいます。

どんな顔してんねん、あんな鳴らし方したやつと思って顔見たら超美人のブロンドさん

ヨーロッパ ブログ
筆者
やっぱり欧米の女性は気が強いというか何というか

SARAJEVOのBUREK

まあとにもかくにも駐車できました!

店内に入ると地元の人が飲んだり食べたりしています。

入店するとガラスのショーケースの中に色々な料理があってとりあえずBUREKをもらう。

ヨーロッパ ブログ
筆者
わずか数時間の滞在で気付いたけど、スロヴェニア人は基本旅行者には冷たい

と言うより1992年にユーゴスラビア連邦から独立したばっかりなので仲間意識が強くてスロヴェニア語を話せない人間には心をあまり開かへんのやと思います。

若い人で世界に興味のある人は違うけど、生まれてから死ぬまでスロヴェニアから出ないような人(中高年以上)は特にそうでした!

(↑BUREK↓)

何とも言えない美味しさ、いや美味しい!

お肉のジューシーな感じと中に入ってる野菜のザクザクした食感がたまらない。

いわばスロベニア風餃子

(一つ言うなら脂っぽい)

世界最古のぶどうの木

とにもかくにも、世界最古といわれるブドウの木を見に行きましょう。

ヨーロッパ ブログ
筆者
実はマリボルには世界最古のブドウの木があるのです!

↓ご覧の通り、川は凍っている(笑)

(↑写真奥に見える建物がEuro ParkというモールでフリーWi-Fiがある。あそこを拠点としてNinaと連絡していた)

天気は終日悪かったけど、まあしゃーないですね↓

キューバ 歴史
筆者

あ!

天気悪いで思い出しましたが、ヨーロッパ行く際には絶対に西洋建築(ヨーロッパ建築)の勉強をして行きましょう!!!

ゴシックとかバロックとかアイツらです。

ヨーロッパを100倍楽しめますよ!

関連記事

西洋建築を勉強したらヨーロッパを100倍楽しめるこれはぼくの持論です。「せいようけんちく・・・(。´・ω・)?はい無理」と頭を抱える人もおられるでしょう。「そもそも西洋建築ってなに?」「バ[…]

ヨーロッパ建築 わかりやすく

少し歩いて、

世界最古のブドウの木へ。

出ました、世界最古のぶどうの木です↓

スロヴェニア

スロヴェニア

スロヴェニア

Stara Trta(スタラ・トルタ)とはOld vine tree、つまり葡萄の老木です。

このスタラ・トルタは樹齢400年以上、世界最古のブドウの木としてギネスブックにも認定されているらしいです。

スロヴェニアの首都リュブリャナへ

時間は経ち、モールに戻って2時間ほど時間潰してNinaからの返信を待ちましたが結局返信はなく・・・

「afternoonには会える👍」って感じでしたが、もう20時です。

ヨーロッパ ブログ
筆者
after noonどころかat nightです

まあNinaも忙しいから仕方ない、と最後にメッセージ送ってそのままマリボルを去りました。

(※後日Ninaから謝罪の連絡がありました。)

じゃあ今からスロヴェニアの首都リュブリャナに住むKristinaに街を案内してもらう約束になっているので行ってきます!!!

今度はぼくが集合時間を勘違いしたままサウナでリラックスし、Kristinaを2時間近く待たせるはめになりました!(;^ω^)

関連記事

RYOです前年に友達になった緑の瞳を持つ可愛らしいスロヴェニア人女性Ninaと会う約束をしていたので、ハンガリーの首都ブダペストでレンタカーを借りてはるばるスロヴェニア行ってきました。結果的にはドタキャンされた形です[…]

最新情報をチェックしよう!