【ヨーロッパ旅行記】要塞の街、ルクセンブルク【13/24】

はじめに

RYOです(”◇”)ゞ

ヨーロッパ独り旅(2017年)の復習として、ルクセンブルクの首都『ルクセンブルク市』での滞在を要約して思い出の出来事をつらつら綴りました。

ぼくが初めてヨーロッパを旅したのは2014年1~2月の一ヵ月で、本当に多くの驚きや発見・学びがありました。

今回はそのようなヨーロッパの基礎知識や面白さに絞って、紹介していこうと思います。


» 今回の旅の概要↓(自分語りのどーでもいい内容が大部分です(笑))

ヨーロッパ ブログ
筆者

今回は初テント泊や初レンタカーに加えて、20歳なりたての女子Eと周るヨーロッパ旅やからめっちゃ緊張するわ~

ずっとヨーロッパ行ってみたかったんです!!!

わたしの命、RYOさんに預けます(笑)

2017年は1月23日~3月1日までヨーロッパに行ってきたのですが、今回は東欧のハンガリーやスロヴェニア、バルト三国、アイスランドなど行ったこと無い国を中心に周ってきました(∩´∀`)∩

今回の旅には3つの重要事項がありました↓

➀同伴者

②初レンタカー

③初テント泊

それぞれ説明します↓

» 折りたたむ

» ➀同伴者と共に周ったヨーロッパ

➀同伴者

実は2016年10月終わりに旅好きの可愛らしい女の子(E)と知り合い、お互いに気が合ったのもあってぼくが2017年2月~3月にかけて一カ月ほどヨーロッパに行く予定であるという話をしたところ、

レンタカーとかテント泊とかスゴイ素敵ですね!!!

私も…連いていってもいいやつですか?汗

RYOさんに命預けます(笑)

となり、結局一緒にヨーロッパに行くことになったのです(∩´∀`)∩ウハウハ

キューバ 歴史
筆者
なんかすごいキラキラした目で話とか聞いてくれるし、すごくノリが良く、ぼくもかなりその子の人間性に惹かれていました

しかしこれに対しその子のご両親が大反対!!!

お母様
可愛い娘をヨーロッパなんていう危ない場所に、それに彼氏でもない男と一緒だなんて絶対に有り得ない!!!

となり、結局その子がご両親を説得するという前提で話を進め、ぼくは予定を変えずに一足先にヨーロッパに旅立つことにしました。

そして出国の直前、Eから連絡が入り、

お母さんがRYOさんと会いたいって言ってます。

空港行く前に大阪駅のグランヴィアのカフェでお話してもらえますか?

となったのです(;・∀・) いわゆる、

お母様

うちの娘とヨーロッパに一緒に行く可能性のある男。

大切な娘を預ける男が信頼できる人間かどうかを自分の眼で確認しときたい

ということでした。

ヨーロッパ ブログ
筆者
こういうのって頑固おやじに一方的に罵倒されて終わりのやつやん…

と思いながらも、実際にお母様に会って少しお話し、挨拶してからそのままぼくは一足先にヨーロッパに旅立ったのでした。

確かに日本より安全な国なんてなかなか無いし娘を心配する親の気持ちもひしひしと感じた良い経験でした。

結局、Eがヨーロッパに来れるかどうかはわからないまま、

ヨーロッパ ブログ
筆者

ハンガリーの首都ブダペスト西駅の世界一美しいマクドナルドで○月□日の△△時に集合しよう

もし30分待っても来なかったらご両親から許可が出なかったと認識して一人で出発するから

と言い残して日本を出たのでした。

結局Eとはマクドナルドで会えたのですが、Eのお母様からLINEで、

お母様

父親にだいぶ反対されたようですが、本人の強い希望で娘はヨーロッパに行くことを決心しました。

こうなると、ヨーロッパで頼れるのはRYOさんだけです。

なにとぞ、うちの娘をお願いします!!!

という内容のお言葉を頂き、

ヨーロッパ ブログ
筆者

お任せください!!!

死んでもEのことは守ります!!!

と、中二病さながらの決意と緊張感をもって旅が始まったのでした(笑)

» 折りたたむ

» ②初めてのレンタカーに大パニック

②初レンタカー

そして次にこれ

ヨーロッパ ブログ
筆者
2011年8月某日、ぼくは合宿教習でMT車の普通免許を取得しました
場所はなんと北海道札幌市

値段は高かったですが、札幌で2週間過ごして色々と美味しい物食べたり北海道大学の構内で毎日ランニングとか筋トレし、その後2週間兄貴と共に北海道を車で周遊したので非常に良い想い出ができました。

ヨーロッパ ブログ
筆者

あれから5年半

ミッション車の運転方法なんて完全に頭から蒸発しきったくらいにヨーロッパで運転?

おれ、大丈夫か…?

いつも何かとお世話になっている空手の先輩おじさまに、

先輩おじさま

RYOくん心配やわー

今度ミッションの軽トラ乗って来るし練習付き合ってあげるわ

と提案して頂き、出発直前に練習。

エンストの嵐!!

ブレーキを踏んだ時に訪れる「ブッブッブッブッブ・・・」という音と振動が、いつ来るかわからないエンストの恐怖を倍増する。

今やその”今”は今の直後に来るハズ!!!

バックパッカー

ヨーロッパのレンタカーはほとんどがミッション車で、オートマもありますが結構高いのです。

ハンガリー編でも書きますが、ほんと初めはエライ目に遭いました…

左ハンドル
右手ギア
左足クラッチ
右足アクセル&ブレーキ
キューバ 歴史
筆者
完全に日本と真逆ってわけじゃないのが余計にパニックになりました(笑)

これらが織りなす地獄のハーモニー。

これについてはまた書きます(;^ω^)

» 折りたたむ

» ③ヨーロッパでのホームレス生活

③初テント泊

そして最後に

テント泊について

ヨーロッパ ブログ
筆者
外国でテント泊なんて頭おかしいと思っていたのが懐かしいです

それもこれもオーストリアのハルシュタットでNinaと出会った事で全てが変わりました↓

関連記事

今回は『世界一美しい湖畔の町』と呼ばれるオーストリアのハルシュタット(世界遺産)でまさに奇跡としか思えない事が連続して起きた話をしようと思います。いつ振り返っても思うのはこれです筆者人と人との出逢いってや[…]

旅行記 ハルシュタット オーストリア

ニーナと会ったことで『外国でテント泊』というのが非常に身近に感じハードルが下がったのは間違いありませんし、ほんまに彼女に出会わなければ未だにテント泊という概念すら持っていなかったかもしれません。

(↓筆者撮影)

ヨーロッパ ブログ

ヨーロッパ ブログ
筆者
やはり美しい景色を見る &撮るためにはテント泊が必須という事もよくわかりましたし、高い所まで登ることも大事だと知りました

という事で、今回は雪山登山装備まで持って旅に出かけたわけです。

ガチな雪山登山靴に始まりテント張るための折り畳み式スコップやらペグやらアイゼンまでフル装備でした。

そんなわけで今回は2つのバックパック(それに雪山装備を引っ掛けてました)の重さが40kgを超えるという過去に例をみないほどの重量となりました。

まあ結果的に重すぎる荷物は後悔しか残らないのですが(笑)

» 折りたたむ


という事で、以上3つの緊張感を背負っていざヨーロッパに入ったのでした。

では、是非お楽しみくださいませ(∩´∀`)∩

要塞の街、ルクセンブルク

オランダのマーストリヒトでのテント泊を経て、ルクセンブルクにやって来ました。

↑ルクセンブルク大公国はご覧の通り、ベルギー・フランス・ドイツに囲まれた小国です。

しかし!!!

結構すごい国なんです↓

➀国内総生産(GDP)が世界一

②2019年夏から公共交通機関を全面無料化した

» 続きを読む

③大麻の合法化、祝日の増加も検討している

④ルクセンブルクの人口はおよそ60万人だが、そのうちの18万人が通勤で国境を超えているという

⑤首都のルクセンブルク市には10万人しか住んでいないが、約40万人が通勤しているので世界最悪とも言える交通渋滞が頻繁に起こる

⑥公用語は3つ(ルクセンブルク語、ドイツ語、フランス語)

⑦世界で最も治安が良い国の一つ

⑧フランス・ベルギー・ドイツからの越境労働者により国内の雇用の45%が占められている

⑨1000㎢当たり58.77kmの高速道路があり、世界で最も高いレベルの普及率を誇る

» 折りたたむ

などなど。

ルクセンブルクはフランス語圏

一緒に旅をしていた友人Eとは確か15時か16時に待ち合わせしていました。

画像内の文字、ちょっと見にくいですが

GARE DE LUXEMBOURG

と書いてあります、フランス語ですね。

公用語は3つあるものの、地域によって違うんでしょうね。

ちなみにスイスの公用語はいくつあるか知ってますか?

関連記事

スイスの公用語は4つある突然ですが、ぼくはスイスが大好きです。自然と言えばスイス、スイスと言えば山、山と言えばマッターホルン↓と、明らかに作為的にマッターホルンの名前を出してしまいました(笑)さて、問題で[…]

スイスの公用語

実はスイスの公用語は4つあります(笑)(←また答え言っちゃった

ルクセンブルクの物価

駅横にあるスーパーマーケットに寄りました。

expressというスーパーマーケット。

ベルギーと比べると物価は安めですが、そんなに無茶苦茶安いとは言えません。

まあ普通の値段ですかね。

日本より安いものもあれば高いものもあるという感じでした。

要塞の街

ルクセンブルク中央駅から15分ほど歩くと、

要塞が見えてきました!!!

ルクセンブルクと城塞の歴史を簡単に調べました。

15世紀前半、ルクセンブルクはネーデルラントに支配され、その後4世紀に渡ってブルゴーニュ公国、スペイン・ハプスブルク家、オーストリア・ハプスブルク家の支配下に入りました。

» 続きを読む

(当時のヨーロッパでは、ハプスブルク家は超最強キャラ)

ルクセンブルクはヨーロッパの覇権争いにおいて、それほど戦略的に重要な位置を占めていたのでしょう。

ヨーロッパの各強国がルクセンブルクを支配するに当たり、この町は次第に堅固な要塞へと姿を変えました。

しかし遂に1867年のロンドン条約で、ルクセンブルク大公国の国際的地位が確固たるものになりました。ルクセンブルクは列強の署名による保証の元で、非武装永世中立国となったのです。

これにより当時のプロイセン部隊は要塞から引き上げ、要塞が解体されました。

» 折りたたむ

先ほどのルクセンブルクの歴史に「要塞が解体された」ってありましたが、

ヨーロッパ ブログ
筆者
これで解体されてんの?

って感じでした。

そもそも「要塞を解体」ってどういう状況なのか知りたいですね(笑)

観光名所として当時の大砲が置きっ放しになっている場所もありますので、興味があれば是非

まあ眺めもいいし晴れていたら言う事なしでした。

Visitluxembourg.com is the official website of Luxembourg fo…

Eと合流

一応、約束は15時に駅の横にあるマクドナルドやったと思いますがちゃんと時間通りに来てくれました。

正直おれはまだ、昨日のわだかまりというか心にしこりが残ってましたが、それは例の後輩A(アイスランドでオーロラ探しに行くよう勧めてくれた後輩)と電話して何とか鎮静化しました。

このAも彼氏と2週間後にアイスランドに来る予定です(笑)

ヨーロッパ ブログ
筆者
楽しい旅になったらいいね

Eはマクドに荷物を置いて一人で1時間くらい散歩してきたようです。

スイスはレンタカー代まで高い

そして17時にルクセンブルク駅集合で、相乗りサイトで見つけたおっさんの車に乗せてもらって3人でドイツのフライブルクへ向かいました。

え、ヨーロッパで相乗り?ヤバくない?

と思う方がほとんどだと思います。

ヨーロッパ ブログ
筆者
ぼくも正直、めちゃくちゃ不安で心配でした

実はこちらのアプリ↓

Omio(オミオ)ヨーロッパの鉄道、バス、飛行機

Omio(オミオ)ヨーロッパの鉄道、バス、飛行機

GoEuro無料posted withアプリーチ

旅の初心者から上級者まで全員がダウンロードすべきアプリなのです。

上のOmioで『○○から△△まで』を検索すれば、様々な交通機関を用いた経路を紹介してくれるのです。

筆者 アイコン
筆者
旅の初心者なら飛行機や電車、旅慣れた方なら長距離バスや車の相乗りで目的地まで行けちゃうんです!!

値段とご自身のリスク許容度を照らし合わせて、好きに目的地に行けるんです。

これ、まじで神アプリで、ぼくは毎回使っています↓

ヨーロッパ交通を予約するならOmio

ヨーロッパ、カナダ、アメリカを横断する電車、バス、相乗り、フライトを検索できます。

話を元に戻します。

なぜルクセンブルクからフライブルクに向かうのかと言うと、レンタカーの予約をフライブルクでしていたからなんです↓

ご覧の通り、フライブルクはスイスとの国境に近いので、スイスを運転する際にとても便利なんです!

「え、スイスを運転するのならなぜスイスでレンタカーを借りなかったの?ですって?」

人魚姫 コペンハーゲン
筆者
スイスでレンタカー借りると、同じ条件やのに値段が倍くらいするからですよ!!!

それならドイツのフライブルクでレンタカー借りてスイス旅行してドイツで返した方がよっぽど安かったんです。

ドイツのフライブルクへ

ルクセンブルクからフライブルクへも初めはどうやって行こうかと考えてました。

そんな中先ほどのOmioで検索した中に、ちょーど

【ルクセンブルク~フライブルク】

へ行くというおっちゃんを発見し「please give us a ride」という事で、乗せてもらったというわけです。

キューバ 歴史
筆者
確か値段は一人15ユーロ。まじ格安です!!!

では休憩含めて4時間の道のり、行ってきます。

関連記事

はじめにRYOです(''◇'')ゞヨーロッパ独り旅(2017年)の復習として、ドイツの古都『フライブルク』での滞在を要約して思い出の出来事をつらつら綴りました。ぼくが初めてヨーロッパを旅したのは2014年1~2月の一[…]

ドイツ フライブルク
ルクセンブルク
最新情報をチェックしよう!