ツェルマット マッターホルン

年越し、ツェルマット旅行記【9/15】

はじめに

RYOです

2017年12月20日から1月10日まで、なんとカタール航空のモニター募集に合格してヨーロッパへタダで行ってきました。

» 詳しいことはこちらを↓

【タダで海外に行ける!?】モニター募集を勝ち抜く方法

ヨーロッパのモニター募集にかける思いを綴る書類審査からカタール航空のお偉いさんとの面接まで全てをクリアして、あらゆる制約も了承してヨーロッパへ。

最もつらかったことは何か、正直「1日2回、SNSに指定されたハッシュタグを付けて近況報告をアップする」ことでした。

しかしそのおかげで、全ての滞在地に僕の正直な感想が詰まっています。

今回はその感想をもとにブログを書いていきたいと思います。

» 折りたたむ

マッターホルンを見ながら年越し

ではモニとイタリアのミラノでバイバイして、再び一人でスイスのツェルマットへ向かいます。

ここはブリーク(Brig)という町でツェルマットではありませんが、もう既に美しいです。

では、いざツェルマットへ向かいます。

普通ならスキー客で満載のはずですが、さすがに大晦日までスキーする人はいないようです。

このにわかが!(笑)

マッターホルンのベストスポットへ

ツェルマットに着きました。

現在は"Zermatt Matterhorn Viewpoint"なる地点がグーグルマップに記載されている(笑)ので困りませんが、

当時は自分で歩いて一番マッターホルンが美しく見える場所を自分自身で歩いて見つけないといけませんでした・・・

※しかし結果的にこの"Zermatt Matterhorn Viewpoint"に辿り着きました(笑)

まずは何となく高い場所に行く必要があったので、山方面に歩きます。

地元の人にも訊きながら、カチカチに凍った階段上ったり坂道上ったりしました。

そして見つけたのがこの場所です。奇しくもグーグルマップに記載されている場所もここでした。

年越しのマッターホルン

後はテントを張って夕暮れと初日の出を待つだけです。

徐々に陽が落ち、町の家々には明かりが灯ってきます。

テントは簡単にバレないように、後ろに壁がある斜面に張りました。

23時くらいからは花火が上がり始め、

「花火の撮影って結構難しいな」と独り言を呟きながら、凍えながらマッターホルンを見ます。

そして、眠すぎて0時前に就寝、頭の中ではボーンボーンと除夜の鐘が鳴っていました。

マッターホルンの初日の出

翌朝6:30に目を覚ましてテントを開けます。

めっちゃ曇り( ゚Д゚)

そう、初日の出を見ることはできませんでした。

7:30ツェルマット発の電車に乗るため、テントをたたんで歩き出します。

本当に「ツェルマットに何しに来たん?」と思える滞在時間です(笑)

1年前に観たマッターホルンの朝焼けが忘れられず、ほんとこんな感じ↓のタイムラプス動画を回すつもりでした。

ほんと残念です。

でも、やっぱり雪国はいいですね!

暑い南国よりは寒い雪国の方が遥かに好きです(冬には太陽が昇らない北極圏などは本当に鬱な気分になりますが。この後訪れたフィンランドのロヴァニエミでは1日の日照時間わずか3時間でした(笑))

イタリア、水の都ベネチアへ

マッターホルンはイタリアとスイスの国境にそびえているので、ツェルマットはイタリアの国境すぐ近くの町なんです。

これからイタリアの水の都ベニスに向かいます。

ツェルマットを発った車内では、無料でチョコレートの配給がありました。

世界一物価の高いスイス、このチョコだけでも200~300円の価値があります。

すごい笑顔でチョコくれて、とても温かい気持ちになりました(笑)

水の都、イタリアのベネチア旅行記【10/15】

ツェルマット マッターホルン
最新情報をチェックしよう!