スウェーデン ストックホルム

はじめに

RYOです

2017年12月20日から1月10日まで、なんとカタール航空のモニター募集に合格してヨーロッパへタダで行ってきました。

» 詳しいことはこちらを↓

ヨーロッパのモニター募集にかける思いを綴る書類審査からカタール航空のお偉いさんとの面接まで全てをクリアして、あらゆる制約も了承してヨーロッパへ。

【タダで海外に行ける!?】モニター募集を勝ち抜く方法

最もつらかったことは何か、正直「1日2回、SNSに指定されたハッシュタグを付けて近況報告をアップする」ことでした。

しかしそのおかげで、全ての滞在地に僕の正直な感想が詰まっています。

今回はその感想をもとにブログを書いていきたいと思います。

» 折りたたむ

スウェーデン滞在記

スウェーデンに入りました。

※首都ストックホルムではありません。

オスロからは電車で6時間と結構長いので一度乗換駅で降りて体を伸ばしたかったのです。

早速オシャレな時計がお出迎えです。

オスロ同様、駅構内からクリスマスムード一色です。

オシャレなロマネスクとゴシックが融合したような外観↓

あ、言っておきますが

※ヨーロッパを周る時は事前に必ず西洋建築の勉強をしていきましょう。

西洋建築の勉強せずに行ったら必ず後悔します。

超わかりやすい!【ゴシック建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

北欧の通貨がややこし過ぎる

北欧の通貨はほとんど一緒の呼び方なんです。こんな感じです↓

スウェーデンの通貨はスウェーデン・クローナ

ノルウェーの通貨はノルウェー・クローネ

デンマークの通貨はデンマーク・クローネ

アイスランドの通貨はアイスランド・クローナ

エストニアの通貨はエストニア・クローン

くろーな、くろーね、くろーね、くろー・・・え?くろーな?くろーね?どっち?

となります。

まあお金引き出す大体の流れは知っているので、調子に乗ってSuomi(フィンランド)を選択

ATMには「フィンランド人が来た(∩´∀`)∩」と思わせてお金を引き出しました。

スウェーデンのクリスマスマーケット

ヨーロッパ各地でクリスマスムードです。

なんせこの日は12月24日、クリスマスイヴなんですから。

ケーキ、めっちゃ美味しそう。

甘い物に目がないRYOさんです

(駅構内の様子)

クリスマスマーケットと言えばドイツのシュトレンが有名ですが、ストックホルムでシュトレンというのもどうかと思い、普通のレーズンパンを買いました。

では少し休んだのでスウェーデンの首都、ストックホルムへ向かいます。

クリスマスマーケットは駅構内から始まります

ストックホルムに到着し、電車降りて少し歩いたらクリスマスマーケット

お土産には困りません。

とにかくオシャレです。こりゃ日本人女子は喜ぶわ

では駅を出てホステルへ向かいます。

今回予約したのはBIRKA HOSTELという宿です。

BIRKA HOSTEL

着きました。中は思ったよりも清潔

そして当然安い。

まずは昨晩のノルウェーでテント泊していた時に濡れたテントを乾かします。

廊下に置かれた椅子をお借りしてテント乾燥中

部屋には何人かいましたが、旅の醍醐味「友達をつくる」が失敗し一人で寝ます(笑)

パンとヨーグルトは安定

朝ごはんは安定のパンとヨーグルトです。

物価の高い国でも安く過ごすコツは「何も食べない」か「パンとヨーグルトを食べる」かのどちらかです。

しかしちょっとアドリブ効かしてパンとチョコクリーム。

このホステルは朝食付いてなかったんですΣ(゚Д゚)

朝早く出発して、ストックホルムからドイツのハンブルグに向かいます。

この3日間、まだ何もしていません(笑)

北欧の冬は1日中暗い

ストックホルムも緯度がかなり高いので、冬は本当に陽が昇りません。

日本ならこの暗さなら5時か6時でしょ?しかしこの時点で8時周ってます。

コペンハーゲンのギネス博物館と同様の世界一身長が高い人↓かと思いきや違いました。

すみません、この当時はまだ建築物に興味が無くてほとんど素通りです。

※ヨーロッパを周る時は事前に必ず西洋建築の勉強をしていきましょう。

西洋建築の勉強せずに行ったら必ず後悔します。

超わかりやすい!【ゴシック建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

石畳って、素敵ですよねー

今やから言えますが、上の写真を見る限りではバロック時代かバロック・リヴァイヴァル時代に建てられたものでしょう、たぶん。

なぜなら正面玄関以外の円柱は全て壁に埋め込まれており(見た感じ半円柱)、正面玄関のみ完全円柱でしかも正面玄関のエンタブラチュアだけ突出しているからです。

つまり、中央軸を意識した古典系建築だからです(この話わかる人何人いるんですかね?)

超わかりやすい!【バロック建築】ヨーロッパを旅する前に知っておくべき知識

ドイツ、ハンブルクへ

ストックホルム中央駅に到着

あ、今で9時ですね!この暗さで

時計を撮ってると何かと助かります。

これからドイツのハンブルグへ行ってきます。

素敵な出会いがあるといいな(←あります!

ドイツ、ハンブルグ旅行記【4/15】

スウェーデン ストックホルム
最新情報をチェックしよう!