コロナで入国制限がかかる中、わたくしヨーロッパに行ってきます!~前編~

早速ですが、わたくし、

2021年末にヨーロッパに行くことにしました!

キューバ 歴史
筆者
まだ航空券は取ってませんが(笑)
つい先ほど、予約しました。

正確には「ギリシャから彼女の実家があるイタリアのトリノまで」を、アルバニアやモンテネグロ、スロヴェニアなども寄り道しながら、まあ10日間程かけて北上しようかな~と考えています。

地図でいうとこんな感じです↓

Google mapsで見たい方はこんな感じです↓

実際に予約した航空券としてはこんな感じです↓

2021年12月13日

【07:10】伊丹出発
→【08:15】羽田到着
→【21:55】成田出発

2021年12月14日

【05:00】ドーハ到着
→【07:35】ドーハ出発
→【11:30】アテネ到着

って事で、12月14日の午前11:30にギリシャの首都アテネに到着予定です(^ω^)
約1カ月後にパリを経由して日本に帰国します。

後でトンデモナイ事実に直面しますので、楽しみにしておいてください(;・∀・)

各国の入国制限の現状

さて、ということで現在の予定では以下のように↓

「ギリシャのアテネ」スタート、「イタリアのトリノ」ゴールで計7カ国を縦断する予定です!

しかし各国でコロナ対策の入国制限の事情が異なるので、一ヵ国ずつ確認していかなければなりません(;・∀・)

筆者 アイコン
筆者
まずは始まりの地であるギリシャからいきましょう!

あ!!

各国の入国制限の調べ方はこちらの記事で紹介しているので、これから海外に出る人は是非参考にして下さい↓

関連記事

早速ですが、わたくし、2021年末にヨーロッパに行くことにしました!筆者まだ航空券は取ってませんが(笑)はい、もう予約しました(笑)正確には「ギリシャからイタリア人彼女の実家があるトリノまで」を、アル[…]

ヨーロッパ 入国制限

本記事の情報はあくまで2021年11月8日現在の情報ですので、本記事の内容を妄信してトラブルに遭っても当方は一切の責任を負いません。

あくまで自己責任で進めてください!

ギリシャ

外務省HPのギリシャの項を確認すると、2つの条件がありました↓

➀ギリシャ到着前に電子登録フォーム(Passenger Locator Form(PLF))をサイト(https://travel.gov.gr)上で登録した上で、登録後に当局から送信される自動応答のメッセージ及びQRコードを入国時に提示する必要がある。

» 続きを読む

②入国時に以下のいずれかの証明書を提示する必要がある

ア. ワクチン接種証明書

イ. 到着前72時間以内のPCR検査の陰性結果証明書

ウ. 到着前48時間以内のラピッドテストの陰性結果証明書

エ. 新型コロナウイルス疾患又は感染証明書

» 折りたたむ

筆者 アイコン
筆者

なるほど、PLFに登録してワクチン接種証明書(←取得済み)を見せたらいいのか。

クリアー

アルバニア

外務省HPのアルバニアの項を確認すると、条件は一つだけ↓

➀2021年9月6日から、全てのアルバニアへの入国者は、以下のいずれかの証明書を提示しなければならない。

» 続きを読む

ア ワクチン接種証明書(2回目の接種から2週間以上経過していることが必要)(※)

イ 入国前72時間以内に発行されたPCR検査の陰性証明書

ウ 入国前48時間以内に発行された抗原検査の陰性証明書

エ 入国前6か月以内に発行された新型コロナウイルス感染症の罹患証明書

» 折りたたむ

ヨーロッパ ブログ
筆者
はーい、ぼくは㋐のワクチン接種証明書を持ってるからだいじょーびですよーだ(笑)

一番最後に、

※なお、上記防疫措置の免除・緩和について、日本の市区町村等で発行するワクチン接種証明書の有効性は現在確認中。

という引っかかる文言がありますが、まあ大丈夫でしょう。

ちゃんと英語で書いてあるし

モンテネグロ

外務省HPのモンテネグロの項を確認すると、条件は一つだけ↓

2021年9月13日から、モンテネグロに入国する場合、

» 続きを読む

①入国14日前までに定められた回数のワクチンを接種したことの証明書(※)、
②入国前72時間以内のPCR検査の陰性証明書、
③入国14日前~180日前の間に発行されたPCR検査の陽性証明書、
④入国前48時間以内の簡易抗体検査の陰性証明書証明書のいずれかの提示を求める。

上記①から④までのいずれも保有しない場合は、14日間の自主隔離を義務付ける。

ただし、満18歳以下の者については、証明書及び隔離を義務付けない。

» 折りたたむ

うん、ぼくは➀のワクチン接種証明書を持ってます。

しかしこちらも、アルバニアと同様に

※なお、上記防疫措置の免除・緩和について、日本の市区町村等で発行するワクチン接種証明書の有効性は現在確認中。

という引っかかる一文があります。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

外務省HPのボスニア・ヘルツェゴヴィナの項を確認すると、条件は一つだけ↓

➀日本から入国する渡航者は、以下のいずれかの証明書を携行・提示する必要がある。

» 続きを読む

●検体採取が入国前72時間以内のPCR検査又は抗原検査の陰性証明書

●ワクチン接種証明書(2度目の接種から14日以上経過したもの)

●新型コロナウイルス感染症の治癒から14日以上180日未満であることを示す医師からの証明書

» 折りたたむ

この、「いずれかの」というのがポイントですよね。

クリアー!

クロアチア

外務省HPのクロアチアの項を確認すると、条件は一つだけです↓

EU域内国境管理に関する欧州委員会勧告の入域制限解除対象国(日本を含む。)からの入国者は、

» 続きを読む

(ア)新型コロナウイルス検査の陰性証明書(実施から72時間以内のPCR検査又は実施から48時間以内のEU加盟国で承認されている抗原検査の陰性証明書)の提示、
(イ)ワクチン接種証明書(EUで使用されている新型コロナウイルスワクチンを2回接種したことの証明書。いずれも接種から210日までのものが有効)の提示(※)、
(ウ)治癒証明書の提示、又は
(エ)入国後の自主隔離(クロアチア入国後、ただちにPCR検査又は抗原検査を受け、陰性結果が出た場合は自主隔離終了。検査を受けられない場合は10日間の自主隔離)
のいずれかが入国の条件となる。

» 折りたたむ

こちらにもまたもや、

※なお、上記防疫措置の免除・緩和について、日本の市区町村等で発行するワクチン接種証明書の有効性は現在確認中。

の文字が。

スロヴェニア

外務省HPのスロヴェニアの項を確認すると、条件は2つ↓

➀2021年8月16日から、航空機又は船でスロベニアに入国する場合は、EUデジタル旅客位置情報フォーム(※1)による事前の登録が必要となる。

» 続きを読む

②さらに、入国する全ての者は入国後原則10日間の自主隔離が必要となる。なお、以下のいずれかの証明書(※2)の提示により自主隔離を免除する。

・PCR検査(入国前72時間以内の受検)又は簡易抗原検査(同48時間以内の受検)による陰性証明書(ただし、発行国として認められているのは、EU、シェンゲン圏、米国、英国、豪州、ニュージーランド、カナダ、イスラエル、ロシア、セルビア、トルコ等であり、現時点では日本で発行されたものは不可。)。
なお、リュブリャナ空港到着時に簡易抗原検査を受けることは可能。

・回復証明書

・ワクチン接種証明書

» 折りたたむ

やはり基本はワクチン接種証明書があればオッケーらしいです!

ヨーロッパ ブログ
筆者
EUデジタル旅客位置情報フォームの事前登録は忘れないようにしよう…

イタリア

外務省HPのイタリアの項を確認すると…

いや、めっちゃ制限ありますやん(゜.゜)

ア 日本からイタリアへの入国に際して求められる要件は以下のとおり。

» 続きを読む

イタリアへ入国するための公共交通機関に乗る際、デジタル又は紙のフォーマットで、以下の(ア)~(ウ)を提示すること。(ア)~(ウ)を全て提示すれば、入国後の5日間自己隔離は免除となる。

(ア)ワクチン接種証明書(※1)又は治癒証明書(※2)

(イ)イタリア入国前72時間以内に実施したPCR検査又は抗原検査の陰性証明書

(ウ)Passenger Locator Form(居所情報に関するデジタルまたは紙のフォーマット)

なお、上記(ア)又は(イ)のいずれかを提示しない場合も、入国は認められるが(※3)、イタリア入国後、Passenger Locator Formに登録した住所で5日間自己隔離を実施し、隔離終了時にPCR検査又は抗原検査を受ける義務がある。(ウ)を提示しない場合、入国は認められない。

※1 ワクチン接種証明書とは、欧州医薬品庁(EMA)が認めた新型コロナウイルスワクチン(ファイザー製、モデルナ製、アストラゼネカ製、ジョンソン・エンド・ジョンソン製)を接種し、規定の回数のワクチン接種完了から少なくとも14日以上が経過したことを示すもの。

※2 保健当局が発行する、新型コロナウイルス感染症から回復したことを証明する治癒証明書(有効期限は、陽性が判明した日から180日以内。)

※3 (ア)又は(イ)のいずれかを提示することは入国に当たって必須です。また、陰性証明書については、航空会社が搭乗に必要として提示を求めることがありますので、御利用になる航空会社に必ず事前に確認ください。

イ イタリアは、各国・地域を感染状況に応じてA~Eリストに分類している。現在日本はDリストに含まれており、上記アの条件で入国が可能。一方、入国前14日以内にリストEの国・地域で滞在又は乗換えした者については、一定の理由又は条件に該当する場合にのみ入国を認める。

» 折りたたむ

こちらには「いずれか」という文字が無いので、

➀ワクチン接種証明書

②イタリア入国前72時間以内に実施したPCR検査または抗原検査の陰性証明書

③PLF

の3つの書類を提出する必要があるようです。

「イタリア入国の72時間以内」ってことは、スロヴァニアでPCR検査を受けて陰性証明書をもらわないと入国できないのか…

旅 ブログ ヨーロッパ
筆者
だっるー!!!!

おっと、もう一つ条件があるんでしたね↓

入国前14日以内に感染状況がリストEの国・地域で滞在又は乗換えした者については、一定の理由又は条件に該当する場合にのみ入国を認める。

日本はリストEには入っていないので日本からイタリアには入国できますが、ギリシャ~スロヴァニアのうちの一ヵ国でもリストEに入っていれば…

↑各国のリスト状況はこちらに載っているので、イタリア入国前に別の国に寄る人は確認しましょう。

さて、他人の心配をしている場合ではありません。

というか、乗り換えで一度カタールの首都ドーハで降りるけど…

カタール絶対むりっぽい…

えーカチカチっと。

 

 

(;゚д゚)ゴクリ…

 

 

ヨーロッパ ブログ
筆者

「アルバニア」「モンテネグロ」「ボスニア・ヘルツェゴヴィナ」がリストEでしたあぁぁぁぁ

(逆にカタールはリストDやった…)

これについては、一定の理由又は条件に該当すれば入国が認められるようなので、まずはその「一定の条件」がなんなのかを確認しましょう↓

(理由を聞かれれば「観光したかったので」となるんでしょうが、これは戦う前から負け戦です)

イタリア入国を許される一定の条件とは

一定の条件が認められなかった場合、(リストEの3カ国をスキップして)ギリシャから飛行機でクロアチアまで行って陸路でスロヴァニアからイタリアに行くことにします。

筆者 アイコン
筆者
と思いましたが、アテネースロベニア間の飛行機が高過ぎて時間がかかり過ぎるので、(超安くて超早い)アテネからミラノまで飛んでから国境またいで行きたいとこに行くのが吉と見た。

さて、調べてみるとその「条件」を紹介している英語のページを発見しました。

運営元は「イタリア保健省」ですので、情報は信頼できそうです(笑)

開いてみると、想像通りの英語の羅列が・・・。

旅 ブログ ヨーロッパ
筆者

うおぉぉぉぉーーーーーーーーー!!!!

(↑英語を読むための気合いを入れている)

中学英語の読解力と語彙力を駆使して読解した結果、以下のような条件の場合はリストE国からのイタリア入国を認められるそうです↓

・仕事

・健康上の理由

・学業上の理由

・絶対的に緊急な場合

・実家、家、住居に帰省する場合

・・・。

どうやら夢に描いていた「アルバニア~ボスニア・ヘルツェゴヴィナ旅行」は無くなったようです(´・ω・`)

どれだけ頭をフル回転させても上の理由に合致させることができない。

というか、太字でこんな文言がありました↓

From these countries it is not possible to enter Italy for tourism reasons

→観光目的ではリストE国からのイタリア入国は認めません。

ワロタ(^◇^)

と思いきや、一点希望の光が見えました↓

The re-entry/entry into Italy, in case of stay/transit in the previous 14 days from this group of countries, is always allowed to:

It is also confirmed the possibility of entry into Italy, from List E countries, for persons who have a proven and stable emotional relationship (even if not cohabiting) with Italian/EU/Schengen citizens or natural persons who are legally resident in Italy (long-term residents), who need to reach their partner’s home/domicile/residence (in Italy).

List E – Covid-19, travellersより引用)

つまり、

リストE国からの入国でも、イタリア人/EU加盟国民/シェンゲン協定内市民もしくは合法的にイタリアに居住している人と(たとえ同棲していなくても)StableでEmotionalなProvenされたRelationshipを築いており、そのパートナーの実家や住居に辿り着かなければならない場合は、認められる可能性があるとのことなんです。

この「stable emotional relationship」というのが鍵で、直訳すると「安定的で感情的な関係」となります。

これを「=カップルならOK」と取るのか、「=事実婚ならOK」と取るのか。

まああくまで可能性がある、ですからね。

ヨーロッパ ブログ
筆者

ぼくの彼女はイタリア人です。

日本では同棲しています。

イタリアに住む御両親にご挨拶しに行きます(という体にする)

なんか、急に認められそうな気がしてきましたね(;・∀・)

※同日追記

イタリア人彼女曰く、「Proven=2人の恋愛関係を証明すること」は非常に難しく、そして「リスクも高い」ので、大人しくギリシャからクロアチアまで飛行機に乗った方がいいとのことでした(笑)

さて、どうなるのでしょうか。

また更新します。

※翌日追記

リストE国からのイタリア入国は、入国前も入国後も諸々の手続きが大変過ぎるので、「下に書いたような条件を全て乗り越えてでもリストE国から入国したい」っていう人以外はリストE国には行かないようにしましょう(笑)

リストE国からイタリア入国した場合の義務

もう一点、たとえ上記の条件をクリアしてリストE国からイタリアに入国できたとしても、その先にはトンデモナイ義務が課せられていました↓

だんだん中学英語では無理が出てきていますが、もうちょっと頑張ります(゜.゜)

つまりですね、

・PLFを登録する

・イタリア入国の72時間以内に抗原検査を行い、陰性証明を得ること

・入国時に管轄エリアの防疫所に知らせること

・入国地点から目的地までプライベートな交通手段で移動すること

・PLFに届け出た住所で10日間の自己隔離をすること

・10日間の自己隔離の後にもう一度抗原検査を受けること

が必要なようです。

特に4つめと5つめの条件はヤバいです、リストE国は飛ばして旅行するのが一択になりました(;^ω^)

その他にも条件はいくつか記載してあるので、気になった方は是非一度チェックしてみてください!

ちなみにですが!!

↑この規制は2021年12月15日までとりあえず有効なので、感染者数などの状況によってはそれ以降は他の国々もリストD入りするかもしれませんし、逆にリストE入りするかもしれません。

一応の目安として12月15日で一度規制が変わるってことは覚えておきましょう!

おわりに

さて、ということで2021年11月8日現在の情報では、アルバニア~ボスニア・ヘルツェゴヴィナの3カ国は恐らく飛ばすことになりそうです。

とりあえず、続編をお楽しみに・・・

今回は、Olympusのお高いレンズ3本(広角単焦点&標準単焦点&望遠大三元ズーム)を携えて行くので、パルテノン神殿やギリシャの街並みのどんな写真が撮れるか楽しみです(笑)

最新情報をチェックしよう!