【感動と危険が満載】オーストラリアの砂漠でテント泊が命懸けだった

オーストラリア 危険 絶景

先日「風力発電と太陽光発電が砂漠の緑化に貢献する」という研究報告を目にしたときに、自分も以前実際にオーストラリアの砂漠でテント泊したことを思い出してこの記事を書こうと思い立ったわけです、はい。

ヨーロッパ ブログ
筆者
ぼくは2017年11月に2週間オーストラリアへ行って来ました!

初めの1週間はメルボルンに住む空手の先生のところにお邪魔して稽古したりメルボルンを案内して頂いたり随分お世話になり、残りの1週間は自分でレンタカーを借りて好きな所に行って好きなことをしてきました。

皆さんは砂漠ってどんなイメージがあるでしょうかね?

ぼくにとっては

・星がきれい

・空気が澄んでいる

・恐ろしいサソリやクモがいる

・昼は灼熱、夜は極寒

・オアシスがある

くらいですかね。

まあたぶん誰に聞いてもこんな感じでは無いでしょうか?

ヨーロッパ ブログ
筆者
砂漠の中でテント泊することにとても憧れをもっていたぼくが体験したのは感動と危険が混ざりあう世界でした。

もし「砂漠の基礎知識」に興味のある方は先にこちらをご覧ください↓(別タブで開きます)

関連記事

RYOですぼくはオーストラリアの砂漠で野宿したことあるんですが、砂漠については無学だったので、次回のために砂漠について予習しようと思ったわけです!筆者この記事では、砂漠に関する基礎知識をおさらいしていきた[…]

砂漠 知識

オーストラリア旅概要~前編~

ぼくは、メルボルンでお世話になったD先生一家に別れを告げ、一人でレンタカーを借りてオーストラリアの南海岸沿いをアデレードまで旅することにしました↓

直線距離ではもう少し短いですが、海岸沿いに走ると約1,000kmあるようです↓

ヨーロッパ ブログ
筆者

オーストラリアの面積は日本の20倍もあり、とても広いですからね~

ちなみに1,000kmは札幌から富士山くらいまでらしいです

そしてWi-Fiなどとは縁のないぼくは(スマホは目覚ましとカメラ以外の機能を使うこと無く)この1週間

「一体自分がいまどこにいるのか?」

「大きな町’(目的地)まであとどれくらい走るのか?」

「次のガソリンスタンドまで燃料がもつのか?」

など、多くの不安を抱えながら、過ごしていました(笑)

メルボルン(出発地)

メルボルンは世界一住みやすい都市6年連続1位を誇るオーストラリア第2の都市です↓

メルボルンで一週間過ごした感想は、

人魚姫 コペンハーゲン
筆者
都会なのに緑が多く、広々している!!!!めっちゃいい!

で、世界一住みやすい都市と言われる理由もわかる気がします↓

都会は都会でも、よくある人混みや狭く汚い通りなどで雑多としている都会ではなく、(そもそも国の面積が広いので)歩道も車道も建物も全てが広々としているので非常に落ち着いた暮らしができそうな都市でした↓

ぼくはこのメルボルンで1週間過ごし、その後アデレードに向けてレンタカーで旅立ちました。

キューバ 歴史
筆者
レンタカー屋では「カンガルーやコアラに当たった時のための保険」なるものがありましたが、ぼくは入りませんでした(笑)
D先生が「人生で一度もカンガルー・コアラをはねたことなどない」と言っておられたからです。

しかし運転中にカンガルーやコアラと衝突すれば、彼ら当然死ぬんでしょうが、レンタカーもかなり壊滅的ダメージを受けるようです。

ヨーロッパ ブログ
筆者
実際、道中でははねられて死んでいたカンガルーを1~2匹見かけましたよ、ぼく

ちなみにD先生のご自宅のすぐ裏の公園にも野生のカンガルーが遊びに来ますし僕も目にしましたが・・・

実物は超ごつくて遠目で見てるだけで恐怖を覚えます。

カンガルーも危険生物だと考えておきましょう。

アデレード(目的地)

目的地のアデレードは特に何が有名というわけでもありませんが、この時期は「クリスマス前」だったので大きなお祭りをやっていました↓

夏のクリスマス、初めてです。

「Last Christmas」が流れるような我々が良く知る少ししんみりする冬のクリスマスとは違い、かなりお祭り騒ぎです!

ぼくがアデレードにいたのはクリスマスの1カ月前くらいでしたが、その時期から大きなパレードが道を占領して行進しています(笑)

↑また、パレードが通った大通りの地面にはチョークを使った落書きで溢れています。

子供たちの良い遊び場ですね(笑)

※パレードの後、大きな清掃車が道全体を水とブラシで清掃してました

オーストラリアの砂漠でテント泊~前編~

先に始点(メルボルン)と終点(アデレード)のお話をしましたが、これから本題に入ります。

オーストラリアのメルボルンから海沿いにアデレードまで向かうと、途中でグレートオーシャンロード(GOR)を通ることになります↓

ぼくが運転した片道1,000kmのうち、280kmはグレートオーシャンロード(通称GOR)を走りました。

まあ、あまりGORは感動しなかったという話はこちら↓でしています(別タブで開きます)

関連記事

RYOです皆さんも一度は耳にしたことがあると思います、グレートオーシャンロード(Great Ocean Road)!!※現地ではGORと略されますので以降GORと表記します。筆者2017年11月にメル[…]

オーストラリア グレートオーシャンロード
ヨーロッパ ブログ
筆者
これから恋人や友人と行こうと思っている人は是非参考にして下さいね(笑)

グレートオーシャンロードはもちろん海沿いの道路なんですが、アデレードまでずっと海沿いの道を走ることはできず、途中で内陸部を走らなければなりませんでした。

その際、今後は逆に砂漠の真ん中に伸びる道路を延々と走り続けることになります。

適当に停まったり休憩しながら、↓のような道を毎日何時間も走り続けたのです。

手元にあるのはサービスエリアみたいなところで手に入れた地図と道路沿いにある看板だけです。

ヨーロッパ ブログ
筆者
暗くなってきたからパトロールに見つからないように砂漠に入ってテントを張ろう

という、完全に時間間隔がバグった生活をしていました。

1,000kmも走っていると、時にはかすかにピンク色の海が見えたので車を停めて、

海辺まで歩いて写真を撮ったり↓

途中で濡れた服やテントをカビが生える前に乾かしたり↓

道中で見つけた小さい町で一度車を停めて、

掘り出し物があるかもしれないので、市場を覗いてみたりしていました↓

まるで原始人のように「朝、辺りが明るくなったら動き出し、夕方、辺りが暗くなり始めたら寝る準備をする」という生活です(笑)

※これだけ広いオーストラリアですが、基本的に車中泊やテント泊・野宿は禁止されているようです

当時のぼくは車中泊・テント泊禁止などを知らなかったのですが、基本的には正規のキャンピングスペースをお金を払って借りて毎晩過ごさなければならないようです。

ヨーロッパ ブログ
筆者

テント泊禁止に関しては、いま思うとオーストラリアには危険生物が数多くいるから、という気もしてきました。

テント泊解禁したら毒グモや毒ヘビの犠牲者が続出しそうです‼汗

食事の調達

オーストラリア 危険 絶景

オーストラリアはとても広いので、海岸沿いでは町が点在しており、次の町まで2~3時間走りっぱなしは普通です。

しかしやはりそういう事情もあってか、各町ごとにかなり施設が揃っているのでそこは安心です。

ぼくはcolesという、食料品からDIYの工具、衣料品から医薬品までなんでも置いてある大型ショッピングモールで自炊用の食事を購入しました。

ヨーロッパ ブログ
筆者
ぼくが選んだディナーはずばり、ステーキでした!

値段は記録していなかったのですが、かなり安かったです。

その他、ステーキソースから胡椒や塩などの調味料まで全て買い揃えて再び次の町まで(何時間かわかりませんが)運転します。

テント泊

そして、その日も両側砂漠の道をずーーっと走っていると、真上にあった太陽が徐々に西に傾いていき、だんだんと辺りも暗くなってきました↓

オーストラリア 危険 絶景

ヨーロッパ ブログ
筆者
さーて、今晩はどこで寝ようかな~

そう思い、砂漠と隣接している広い場所に車を停め、一応人に見られないように大きな木でテントが隠れるように設営しました。

ダラダラとぼくの思い出話を語る前に、ここで一度オーストラリア(砂漠地帯)の感動そして危険な一面をご紹介しようと思います↓(別タブで開きます)

関連記事

先日「風力発電と太陽光発電が砂漠の緑化に貢献する」という研究報告を目にしたときに、自分も以前実際にオーストラリアの砂漠でテント泊したことを思い出してこの記事を書こうと思い立ったわけです、はい。筆者ぼくは2017年[…]

オーストラリア 砂漠

↑先にこちらを読まれてからの方が楽しめると思います(”◇”)ゞ

オーストラリアの砂漠でテント泊~後編~

では思い出話の後半に入りたいと思います。

大きな木で隠れるようにテントを設営した後は、まずは写真撮影ですね↓

オーストラリア 危険 絶景

オーストラリア 危険 絶景

オーストラリア 砂漠

ヨーロッパ ブログ
筆者
水平線の下に陽が落ちるまでずっと見ていましたが、本当に飽きませんでした。

陽が落ち辺りは真っ暗に。

さて晩ご飯の時間です(^ω^)

本日のディナーは、砂漠の中で豪勢にステーキ↓

海外をなるべく安く旅する方法

久々に食べるお肉は格別に美味しく、その後コッフェル(鍋やフライパン)を洗うための水が無いのでこのままテントの外に置きっぱなしにして臭いを散らす作戦をとりました。

テントの中に置くと嫌な臭いがつくので…

一応「虫がたかっても嫌やし」と、テント本体と外の間のスペース(前室)に置いておきました。

このせいで後々エライことが起きます・・・


ヨーロッパ ブログ
筆者
この後ぼくは、ステーキを食べ、砂漠の絶景を満喫し、大満足で眠りにつきました

夜中、時間はわかりませんが2時か3時くらいでした。

テントの外で

ハッハッ ヴゥゥ~~ ハゥ~ ヴァウ~

みたいな、いかにも肉食獣の唸り声とテントの周りを徘徊する足音が聞こえて目が覚めました。

滋賀県の比良山系ならこいつはクマであるが、オーストラリアの砂漠地帯にはクマはいない。

犬っぽい、、、(。´・ω・)ん?

オーストラリア・・・砂漠・・・イヌ科?

ヨーロッパ ブログ
筆者
え、まさかディンゴ?

ディンゴについての知識は全くありませんでしたが、なんかテント破いて襲ってきそうな感じがあったので、それから2時間くらいずっと息を殺し目を閉じ、右手には"VICTORINOX"の"RANGER"という手のひらサイズの21徳ナイフを持って↓

スイス 名詞 形容詞

冷や汗をめっちゃかきながら足音が消え去るのを待っていました。

この時の恐怖と言ったらありませんでした(´・ω・`)

ぼくの感覚では少なくとも1時間、長ければ2時間くらいずっと息をひそめて

ヨーロッパ ブログ
筆者
何頭いるんだ?どこにいるんだ?もしテント破ってきたらどうする、おれ?

などを考えていました。

結局無事に足音は去っていき、それからはぐっすり寝れましたとさ(笑)

さいごに

オーストラリア 砂漠

今回はオーストラリアの砂漠でのテント泊について話しましたが、世界の色々な砂漠でテント泊をしたりラクダに乗ったり、ドローン飛ばしたりしたいです。笑

砂漠って生物が生存できる限界の場所なので、それ特有の進化をしていなければ生き続けることはできないと思います。

そんな環境の中で実際に暮らしたりすれば周りの人々や環境へのありがたみがさらに増すのではないでしょうか?

皆さんもあまり怖がらずにテント泊しちゃってください!

オーストラリア話は逸れますが、キューバの記事も人気なので是非見ていってください↓

関連記事

RYOです。3週間ぶりに日本に帰ってきて今日で4日目・・・野菜不足のおかげで絶賛便秘気味な中、このブログを書いています。さて今日はキューバの南北縦断を、10日間かけて南端のサンティアゴから色々な場所を巡りながら北端の[…]

キューバ縦断
関連記事

これだけは是非書きたかったテーマです。笑えー、今年と去年で合わせて17日ほどキューバに滞在し、様々なものを見たり聞いたり多くの人と触れ合う中で「自分の人生観が広がったな」と本当に思いました。そう思わせてくれたキューバ[…]

キューバの情報
関連記事

RYOです。キューバに行く前に知っておきたい歴史を簡単にまとめました。なぜなら2019年の4~5月にかけてもう一度キューバに行こうと思ったからです。笑ぼくは2018年4~5月にかけて既に1週間行っているのです[…]

キューバの歴史
関連記事

RYOです4月後半にキューバに1週間行ってきたので僕の当時の覚え書きと共にその様子を皆さんにお伝えしようと思います。どこにあるの?まずキューバはここの赤い小さな国↓アメリカのフロリダ半島の南の[…]

キューバの情報
関連記事

RYOです今回はキューバの首都ハバナから世界遺産の町「ビニャーレス渓谷」へのトラックでの行き方をガイドします。筆者実はタクシーを使っても安いんですけどねキューバ国内の長距離移動ではトラックが多用さ[…]

キューバ ハバナ ビニャーレス
関連記事

皆さんご存知でしょうかキューバがWi-Fi貧国であることを・・・筆者行って気付いたのですが、キューバにはフリーWiFiというものは存在しませんでした…社会主義国だからか知りませんが、とにかくキュー[…]

キューバでWi-Fi
オーストラリア 砂漠
最新情報をチェックしよう!